Headerlogo 奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
発行機関の方へ
現在の登録数
22511 件
( 前年度比 + 1361 件 )
( 発行機関数 432 機関 )

原遺跡第2次調査概要報告書

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/23146
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.23146
ファイル
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
書名 原遺跡第2次調査概要報告書
発行(管理)機関 岩沼市 - 宮城県
書名かな はらいせきだいにじちょうさがいようほうこくしょ
副書名
巻次
シリーズ名 宮城県岩沼市文化財調査報告書
シリーズ番号 19
編著者名
編集機関
岩沼市教育委員会
発行機関
岩沼市教育委員会
発行年月日 20180331
作成機関ID 2000020042111
郵便番号 9892480
電話番号 0223221111
住所 宮城県岩沼市桜一丁目6-20
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
備考
遺跡
遺跡名 原遺跡
遺跡名かな はらいせき
本内順位
遺跡所在地 岩沼市南長谷字上原ほか
所在地ふりがな いわぬましみなみはせあざかみはらほか
市町村コード 042111
遺跡番号 15053
北緯(日本測地系) 380846
東経(日本測地系) 1408520
北緯(世界測地系)
東経(世界測地系)
調査期間
20171101-20171228
調査面積
349
調査原因 確認調査
種別
官衙関連遺跡、集落跡
主な時代 古墳時代、奈良・平安時代
主な遺構 竪穴建物跡、掘立柱建物跡、柱穴跡、材木塀跡、溝跡、土坑
主な遺物 土師器、須恵器、金属製品、石製品
特記事項 掘方規模の大きな柱穴跡、区画施設として材木塀跡を確認した。須恵器円面硯が複数個体出土している。
要約

 原遺跡が所在する岩沼市玉崎地区は、『延喜式』の「玉前駅家」、多賀城跡出土木簡の「玉前剗(関)」の比定地とされてきたが、平成28年度の圃場整備に伴う第1次調査で掘方規模の大きな柱穴跡、東海産と考えられる須恵器円面硯が出土し、その可能性が高まった。
 第2次調査では、第1次調査で発見された遺構群の西側への広がりと建物跡の規模・時期・性格などを確認するためのトレンチ調査を実施した。
 調査の結果、駅家や剗の存在を示す資料は得られなかったが、第1次調査以上に規模の大きな掘方を持つ柱穴跡や、区画施設と考えられる材木塀跡を確認した。遺構はさらに西側へと広がることも確認した。官衙関連施設としての重要性はさらに高まったと言える。
 出土遺物は須恵器円面硯のほか、東海産、および会津大戸窯産須恵器がある。また須恵器坏の底部外面に、原遺跡では初めてとなる墨書「方」が確認された。

このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 16
ファイルダウンロード数 : 10

全国のイベント

宮城県 の開催中のイベント

内容が似ている報告書