Headerlogo 奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
発行機関の方へ
現在の登録数
22399 件
( 前年度比 + 1247 件 )
( 発行機関数 431 機関 )

本吉田城跡(カユウカ城跡 )

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/23016
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.23016
ファイル
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
書名 本吉田城跡(カユウカ城跡 )
書名かな もとよしだじょう あと : かゆうかじょう あと
副書名 県道鹿児島本名線の改良工事に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
巻次
シリーズ名 鹿児島県埋蔵文化財発掘調査報告書
シリーズ番号 41
編著者名
編集機関
鹿児島県教育委員会
発行機関
鹿児島県教育委員会
発行年月日 19870300
作成機関ID
郵便番号 892
電話番号 0992268111
住所 鹿児島県鹿児島市山下町14番50号
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
備考
遺跡
遺跡名 本吉田城跡
遺跡名かな もとよしだじょう あと
本内順位
遺跡所在地 鹿児島県鹿児島郡吉田町大字本名字本吉田
所在地ふりがな かごしまけん かごしまぐん よしだちょう おおあざほんみょう あざほんよしだ
市町村コード
遺跡番号
北緯(日本測地系)
東経(日本測地系)
北緯(世界測地系)
東経(世界測地系)
調査期間
19860818-19860822
調査面積
調査原因 県道鹿児島本名線の改良工事
種別
主な時代
主な遺構 帯曲輪 土塁 堀 郭 
主な遺物 青磁 白磁 土師器
特記事項
要約

 鹿児島市の北西,吉田町のほぼ中央部,平坦部から比高差約75m,標高約220mの山上に位置します。県道鹿児島本名線の改良工事に伴って調査されました。郭が一つの単郭式山城で,郭の周囲に帯曲輪,空堀,土塁が設けられていました。居館は,麓にあったものと考えられています。遺構のほかに磁器類が見つかりました。平安末期の大藏行忠の持城であると文献に表れますが,築城の資料はなく,のちに吉田清道に譲渡され,室町期には吉田氏の出城として使用されたと考えられています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 10
ファイルダウンロード数 : 11

全国のイベント

鹿児島県 の開催中のイベント