Headerlogo 奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
発行機関の方へ
現在の登録数
22085 件
( 前年度比 + 933 件 )
( 発行機関数 429 機関 )

大津保畑遺跡  小園遺跡

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/22698
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.22698
ファイル
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
書名 大津保畑遺跡  小園遺跡
書名かな おおつぼばたいせき こぞのいせき
副書名 国道58号改築事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
巻次 1
シリーズ名 鹿児島県立埋蔵文化財センター発掘調査報告書
シリーズ番号 135
編著者名
編集機関
鹿児島県立埋蔵文化財センター
発行機関
鹿児島県立埋蔵文化財センター
発行年月日 20090100
作成機関ID
郵便番号 8994318
電話番号 0995485811
住所 鹿児島県霧島市国分上野原縄文の森2番1号
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
備考
遺跡
遺跡名 大津保畑遺跡  小園遺跡
遺跡名かな おおつぼばたいせき こぞのいせき
本内順位
遺跡所在地 鹿児島県熊毛郡中種子町坂井
所在地ふりがな かごしまけん くまげぐん なかたねちょう さかい
市町村コード 46501
遺跡番号 501-116-0
北緯(日本測地系) 313331・313331
東経(日本測地系) 1305224・1305204
北緯(世界測地系)
東経(世界測地系)
調査期間
20020924-20071226
調査面積
2000
調査原因 国道58号 改築事業
種別
猟場・生活址
主な時代 後期旧石器初頭+旧跡終末+縄文早期+縄文後期
主な遺構 土坑,(落し穴),焼土跡,礫群,集石
主な遺物 敲石,台石,磨石,細石核,細石刃 縄文早期土器,市来式土器,台石,縄文早期土器,石斧
特記事項 日本最古の落し穴
要約

大津保畑遺跡 
 後期旧石器時代の土坑(落し穴)が,約30,000年前の堆積物である種Ⅳ火山灰層の下で12基検出された。現段階で日本最古の可能性が高い。落し穴は,谷頭付近に集中しており,けもの道に意図的に配置された可能性もある。
 種Ⅳ火山灰の上層では,焼土跡,礫器等が検出され火山灰を挟んで遺跡の様相が,猟場から生活址へと変化したことを窺うことができる。
 この他に,旧石器時代終末頃の焼土跡,細石核,縄文時代早期の土器,石器が出土した。

小園遺跡
 後期旧石器時代の礫群4基と焼土跡2基が,AT火山灰の下層で検出された。種子島でこの時期の礫群は,南種子町横峰C遺跡に続き,2例目の発見となる。礫群周辺では,礫石器が出土しているが,剥片石器は確認されていない。
 この他に,縄文時代早期の集石,土器,石器が出土している。

このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 13
ファイルダウンロード数 : 8

全国のイベント

鹿児島県 の開催中のイベント

内容が似ている報告書