Headerlogo 奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
発行機関の方へ
現在の登録数
22248 件
( 前年度比 + 1096 件 )
( 発行機関数 431 機関 )

沖縄県南城市武芸洞遺跡発掘調査概要報告書

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/22519
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.22519
ファイル
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
書名 沖縄県南城市武芸洞遺跡発掘調査概要報告書
発行(管理)機関 沖縄県立博物館・美術館 - 沖縄県
書名かな おきなわけんなんじょうしぶげいどういせきはっくつちょうさがいようほうこくしょ
副書名 Excavation report of the Bugeido Cave site, Nanjo city, Okinawa
巻次
シリーズ名
シリーズ番号
編著者名
編集機関
沖縄県立博物館・美術館
発行機関
沖縄県立博物館・美術館
発行年月日 20100331
作成機関ID
郵便番号 9000006
電話番号 0988515401
住所 沖縄県那覇市おもろまち3丁目1番1号
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
備考
遺跡
遺跡名 沖縄県南城市武芸洞遺跡
遺跡名かな おきなわけんなんじょうしぶげいどういせき
本内順位
遺跡所在地 沖縄県南城市玉城字前川照田獄原1338
所在地ふりがな おきなわけんなんじょうしたまぐすくあざまえかわてるたたきばる1338
市町村コード 那覇市
遺跡番号
北緯(日本測地系)
東経(日本測地系)
北緯(世界測地系) 260822
東経(世界測地系) 1274456
調査期間
20071114-20091130
調査面積
50
調査原因
種別
洞穴
主な時代 縄文+中世+近代
主な遺構 地床炉3、石敷炉1、石棺墓1、崖葬墓
主な遺物 土器、石器、貝製品、骨製品、貝類遺体、脊椎動物遺体、人骨
特記事項 縄文時代晩期の重層構造の石棺墓を確認した。
要約

武芸洞遺跡は、沖縄県立博物館・美術館が国立科学博物館、東京大学総合研究博物館との共同研究事業の一環として学術調査を行った。その結果、縄文前期の爪形文期の生活址や縄文中期、後期の炉址、縄文晩期の重層構造の石棺墓、グスク時代~近世の崖葬墓が確認された。石棺墓からは、副葬品の貝や土器とともに3個体以上の人骨が発見され、第1号人骨には左腕に貝珠腕輪が着装されたいた。石棺墓出土人骨について年代測定を実施した結果、2535yrBPの年代値が得られた。

Our research group of Okinawa prefectural museum and art museum, National science museum and University museum, university of Tokyo executed excavations of Bugeido Cave site aiming for Pleistocene human remains. As a result, we found early Jomon occupations of Tsumegata-mon pottery type about 6,000 years ago, fire places of middle or late Jomon (about 4,000-3,000 years ago) and a cist grave of final Jomon (about 2,500 years ago). Skeltal remains of 3 or more people discovered from the cist grave and the upper man wore the shell beads blacelet in his left arm.

このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 62
ファイルダウンロード数 : 30

全国のイベント