Headerlogo 奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
発行機関の方へ
現在の登録数
22287 件
( 前年度比 + 1135 件 )
( 発行機関数 431 機関 )

渕ヶ沢遺跡Ⅱ

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/21794
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.21794
ファイル
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
書名 渕ヶ沢遺跡Ⅱ
書名かな ふちがさわいせきに
副書名 新東名高速道路建設事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
巻次 沼津市-12
シリーズ名 静岡県埋蔵文化財センター調査報告
シリーズ番号 55
編著者名
編集機関
静岡県埋蔵文化財センター
発行機関
静岡県埋蔵文化財センター
発行年月日 20170228
作成機関ID 22000
郵便番号 4213203
電話番号 0543855500
住所 静岡県静岡市清水区蒲原5300番5号
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
備考
表紙・奥付「新東名No.27-1地点」あり
表紙「静岡県埋蔵文化財センター」「中日本高速道路株式会社東京支社」あり 
背表紙:静岡県埋蔵文化財調査調査報告
遺跡
遺跡名 渕ヶ沢遺跡
遺跡名かな ふちがさわいせき
本内順位
遺跡所在地 静岡県沼津市根古屋958-12他
所在地ふりがな しずおかけんぬまづしねごや958-12ほか
市町村コード 22203
遺跡番号
北緯(日本測地系)
東経(日本測地系)
北緯(世界測地系) 350919
東経(世界測地系) 1384830
調査期間
20151019-20160311
調査面積
1487
調査原因 新東名建設事業
種別
集落
散布地
主な時代 旧石器、縄文、弥生、古代
主な遺構 礫群、土坑、集石
主な遺物 ナイフ形石器、尖頭器、抉入削器、細石刃、楔形石器、剥片、縄文土器、打製石斧、弥生土器、土師器
特記事項
要約

 今回の調査地点は、平成11~20年度までに行われた調査の未調査部分にあたる。南北農道跡を1区とし、それにT字状に交わる東西農道を2区として調査を行った。1区は路盤構築時に行われた地盤改良によって、休場層までの包含層は大半が破壊されていた。
 旧石器時代の遺構としては埋没谷に近接して礫群3基が検出された。休場層第2スコリア(YS2S)中での時間差が考えられる。第1号礫群にはガラス質黒色安山岩の尖頭器が伴っていた。その他、ナイフ形石器、抉入削器、細石刃等が出土している。また、1区南側に設定したテストピットにおいて、第Ⅳ黒色帯の最上部から黒曜石製の剥片1点が出土した。
 縄文時代の遺構は、陥穴状の土坑1基を含む、土坑2基と集石1基を検出した。遺物は極めて少なく、縄文土器、打製石斧等が2区を中心として出土した。縄文土器は早期の押型文土器等のはかに、縄文晩期後半~弥生中期前半と思われる条痕文土器が1片のみだが検出された。

このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 87
ファイルダウンロード数 : 57

全国のイベント

内容が似ている報告書