Headerlogo 奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
発行機関の方へ
現在の登録数
21772 件
( 前年度比 + 620 件 )
( 発行機関数 419 機関 )

大田切Ⅰ遺跡

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/21642
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.21642
ファイル
書名 大田切Ⅰ遺跡
書名かな おおたぎりいちいせき
副書名 国道1号清水立体埋蔵文化財発掘調査報告書
巻次
シリーズ名 静岡県埋蔵文化財センター調査報告
シリーズ番号 52
編著者名
編集機関
静岡県埋蔵文化財センター
発行機関
静岡県埋蔵文化財センター
発行年月日 20160229
作成機関ID 22000
郵便番号 4228002
電話番号 0542624261
住所 静岡県静岡市駿河区谷田23番20号
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
備考
遺跡
遺跡名 大田切Ⅰ遺跡
遺跡名かな おおたぎりいちいせき
本内順位
遺跡所在地 静岡県静岡市清水区八坂西町・高橋1丁目
所在地ふりがな しずおかけんしずおかししみずくやさかにしまち・たかはし1ちょうめ
市町村コード 22103
遺跡番号
北緯(日本測地系)
東経(日本測地系)
北緯(世界測地系) 350204
東経(世界測地系) 1382829
調査期間
20150722-20150907
調査面積
130
調査原因 道路整備事業
種別
集落
主な時代 縄文+弥生+中世
主な遺構 溝、杭列
主な遺物 土器(縄文・弥生)、木製品(杭)
特記事項
要約

 大田切Ⅰ遺跡は静岡市清水区、清水平野の北東部に位置する遺跡である。昭和57年度に国道1号静清バイパス建設工事に伴って実施された発掘調査で、掘立柱建物跡や溝などの遺構が検出され、12世紀後葉から15世紀中葉にかけての陶磁器等が出土した。この調査結果から、当時この地域の有力豪族であった飯田氏の居館に関係する遺跡と推測されている。
 今回実施した発掘調査の対象地は、昭和57年度の発掘調査範囲の南西部に近接している。調査の結果、溝と杭列が検出された。溝は昭和57年度の発掘調査で検出された溝とつながり、同一のものである可能性が高いものである。杭列も昭和57年度の調査で検出されており、建物を区画するもの、あるいは地形の落ち込みに沿って打ち込まれたものと考えられる。今回の調査によって、調査対象地は建物跡の西側に掘り込まれている溝の範囲に当たること、そしてこの溝がより南へ延びていることが明らかにされた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 43
ファイルダウンロード数 : 25

全国のイベント

内容が似ている報告書