Headerlogo 奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
発行機関の方へ
現在の登録数
22287 件
( 前年度比 + 1135 件 )
( 発行機関数 431 機関 )

東田遺跡

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/21637
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.21637
ファイル
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
書名 東田遺跡
書名かな ひがしだいせき
副書名 (主)下佐ヶ野谷津線地域自主戦略交付金(交通安全)事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
巻次
シリーズ名 静岡県埋蔵文化財センター調査報告
シリーズ番号 47
編著者名
編集機関
静岡県埋蔵文化財センター
発行機関
静岡県埋蔵文化財センター
発行年月日 20150331
作成機関ID 22000
郵便番号 4228002
電話番号 0542624261
住所 静岡県静岡市駿河区谷田23番20号
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
備考
遺跡
遺跡名 東田遺跡
遺跡名かな ひがしだいせき
本内順位
遺跡所在地 静岡県賀茂郡河津町河津筏場地内
所在地ふりがな しずおかけんかもぐんかわづちょうかわづいかだばちない
市町村コード 22302
遺跡番号
北緯(日本測地系)
東経(日本測地系)
北緯(世界測地系) 344609
東経(世界測地系) 1385759
調査期間
20130711-20130730
調査面積
40
調査原因 道路改良工事
種別
散布地
主な時代 旧石器+縄文
主な遺構
主な遺物 土器、石器
特記事項
要約

 東田遺跡は河津川左岸の河岸段丘上に立地する。今回の調査では遺構は検出されなかった。遺跡の中心は北側の山寄りの位置にあると想定される。
遺物は、包含層中から縄文時代中期の五領ヶ台式、勝坂式、加曽利E式、曽利式土器が出土した。また、伊豆半島南部では初例となる細石核が出土した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 59
ファイルダウンロード数 : 44

全国のイベント

内容が似ている報告書