Headerlogo 奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
発行機関の方へ
現在の登録数
22412 件
( 前年度比 + 1260 件 )
( 発行機関数 431 機関 )

国分東遺跡(第1・3次)・沖ノ坂遺跡発掘調査報告

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/20925
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.20925
ファイル
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
書名 国分東遺跡(第1・3次)・沖ノ坂遺跡発掘調査報告
発行(管理)機関 Banner 三重県埋蔵文化財センター - 三重県
有償頒布・配布ページ https://www.d-pub.co.jp/shop/products/list.php?publisher_name=%E4%B8%89%E9%87%8D%E7%9C%8C
※ 有償頒布・配布していない場合もあります
書名かな こくぶひがしいせき(だい1・3じ)・おきのさかいせきはっくつちょうさほうこく
副書名
巻次
シリーズ名 三重県埋蔵文化財調査報告
シリーズ番号 255
編著者名
編集機関
三重県埋蔵文化財センター
発行機関
三重県埋蔵文化財センター
発行年月日 20050300
作成機関ID
郵便番号 5150325
電話番号 0596521732
住所 三重県多気郡明和町竹川503
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
備考
国分東遺跡 抄録北緯(旧) : 34°53’59”, 抄録東経(旧) : 136°34’34”
沖ノ坂遺跡 抄録北緯(旧) : 34°53’59”, 抄録東経(旧) : 136°34’34”
遺跡
遺跡名 国分東遺跡
遺跡名かな こくぶひがしいせき
本内順位 1
遺跡所在地 三重県鈴鹿市国分町字東浦・孫作
所在地ふりがな みえけんすずかしこくぶちょうあざひがしうら・まごつくり
市町村コード 24207
遺跡番号 539
北緯(日本測地系)
東経(日本測地系)
北緯(世界測地系) 345410
東経(世界測地系) 1363424
調査期間
19940704-19941202
20011203-20020208
調査面積
5390
調査原因 平成6及び13年度四日市鈴鹿環状線道路整備
種別
集落跡
主な時代 弥生+奈良+平安+鎌倉
主な遺構 奈良-竪穴住居+土坑/平安-掘立柱建物+溝+土坑/鎌倉-掘立柱建物+溝+土坑
主な遺物 弥生-磨製石斧/奈良-土師器椀+土師器皿+土師器甕+須恵器杯蓋+須恵器杯身/平安-土師器杯+黒色土器椀+灰釉陶器椀+緑釉陶器稜椀+軒丸瓦+平瓦/鎌倉-土師器甕(清郷型鍋)+羽釜+陶器椀(山茶椀)+陶器皿(山皿)+天目茶碗+青白磁合子
特記事項
遺跡名 沖ノ坂遺跡
遺跡名かな おきのさかいせき
本内順位 2
遺跡所在地 三重県鈴鹿市国分町字沖ノ坂
所在地ふりがな みえけんすずかしこくぶちょうあざおきのさか
市町村コード 24207
遺跡番号 15
北緯(日本測地系)
東経(日本測地系)
北緯(世界測地系) 345410
東経(世界測地系) 1363424
調査期間
19940704-19941202
調査面積
230
調査原因 平成6年度四日市鈴鹿環状線道路整備
種別
集落跡
主な時代
主な遺構
主な遺物
特記事項
要約

発掘調査によって奈良時代後期から平安時代及び鎌倉時代の集落跡が確認できた。奈良時代後期においては、竪穴住居によって構成されていた集落とみられ、検出状況から広範囲にわたって集落が形成されていたことが窺え、確固たる経済基盤があったと推定される。また、平安時代においては数多くの掘立柱建物が検出できた。この時期においても前時代から引き続いて有力な権力基盤があったとみられる。鎌倉時代においては、土坑を有する掘立柱建物が何棟か認められ、一定の区画された屋敷地をもった集落であったことが確認できた。各時代におけるこの状況から国分東遺跡は、かなり大規模な集落であることに違いは、ない。伊勢国分寺等が直ぐそばに存在した結果によるものであろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 41
ファイルダウンロード数 : 26

全国のイベント

内容が似ている報告書