Headerlogo 奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
発行機関の方へ
現在の登録数
22390 件
( 前年度比 + 1238 件 )
( 発行機関数 431 機関 )

史跡斎宮跡 平成27年度現状変更緊急発掘調査報告

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/19342
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.19342
ファイル
書名 史跡斎宮跡 平成27年度現状変更緊急発掘調査報告
発行(管理)機関 Banner 明和町 - 三重県
書名かな しせきさいくうあと へいせいにじゅうななねんどげんじょうへんこうきんきゅうはっくつちょうさほうこく
副書名
巻次
シリーズ名 三重県多気郡明和町斎宮跡埋蔵文化財調査報告
シリーズ番号 33
編著者名
編集機関
斎宮歴史博物館(調査研究課)
明和町(斎宮跡・文化観光課)
発行機関
明和町
発行年月日 20170317
作成機関ID 24442
郵便番号 515-0332
電話番号 0596-52-7126
住所 三重県多気郡明和町大字馬ノ上945番地
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
備考
遺跡
遺跡名 斎宮跡
遺跡名かな さいくうあと
本内順位
遺跡所在地 三重県多気郡明和町斎宮・竹川
所在地ふりがな みえけんたきぐんめいわちょうさいくう・たけがわ
市町村コード 24442
遺跡番号 210
北緯(日本測地系) 343155~343230
東経(日本測地系) 1363616~1363737
北緯(世界測地系)
東経(世界測地系)
調査期間
20150401~20160331
調査面積
352.5
調査原因
種別
官衙
主な時代 奈良・平安・鎌倉・室町・近世
主な遺構 土坑・溝・ピット・柱列
主な遺物 土師器・須恵器・灰釉陶器・中世陶器・近世陶器
特記事項
要約

本調査は、史跡内の現状変更に伴う緊急発掘調査である。ほとんどの調査は住宅新築・改築に伴う小規模なものであるが、第185-11次調査では方格地割造成期に該当する大型柱穴を有する建物跡の可能性が高い柱列を確認することができた。また、第185-10次調査では、遺構に伴う資料ではないが、暗文土師器や刻書土師器など、奈良時代の斎宮に関連する出土遺物がみられ、史跡内の新たなデータを蓄積することができた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 305
ファイルダウンロード数 : 76

全国のイベント

内容が似ている報告書