Headerlogo 奈良文化財研究所 ホーム
検索
一覧
その他
Event nav
Word map
Howto
Meeting entry
現在の登録数
20852 件
( 前年度比 + 2066 件 )
( 発行機関数 387 機関 )

白保竿根田原洞穴遺跡

URL http://sitereports.nabunken.go.jp/19848
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.19848
ファイル
書名 白保竿根田原洞穴遺跡
発行(管理)機関 Banner - 沖縄県
書名かな しらほさおねたばるどうけついせき
副書名 重要遺跡範囲確認調査報告書2 -総括報告編-
巻次
シリーズ名 沖縄県立埋蔵文化財センター調査報告書
シリーズ番号 第86集
編著者名
編集機関
沖縄県立埋蔵文化財センター
発行機関
沖縄県立埋蔵文化財センター
発行年月日 20170331
作成機関ID 470007
郵便番号 9030125
電話番号 0988358752
住所 沖縄県中頭郡西原町上原193-7
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
備考
遺跡
遺跡名 白保竿根田原洞穴遺跡
遺跡名かな しらほさおねたばるどうけついせき
本内順位
遺跡所在地 沖縄県石垣市字白保
所在地ふりがな おきなわけんいしがきしあざしらほ
市町村コード 47207
遺跡番号 -
北緯(日本測地系)
東経(日本測地系)
北緯(世界測地系) 24°24′1.47″
東経(世界測地系) 124°14′45.8″
調査期間
20130107-20130306
20131007-20131220
20140603-20140702
20141117-20141119
20150601-20150630
20160627-20160708
調査面積
38
調査原因 重要遺跡範囲確認調査
種別
埋蔵文化財包蔵地
主な時代 旧石器+完新世初頭+下田原木+無土器期+中森期
主な遺構 礫敷遺構、炉跡
主な遺物 人骨、脊椎動物遺体、石器、石器石材、土器、陶磁器
特記事項 八重山諸島初の更新世人骨、完新世初頭分仮想、下田原期人骨を発見。また、炉跡と共に15世紀前後の貿易陶磁器を確認。
要約

 白保竿根田原洞穴遺跡は、2008年の洞穴測量調査時に、人骨や貝類などの遺物が回収されたことにより発見された。その後、2010年8月~11月までの4ヶ月間にわたって新石垣空港建設に伴う緊急発掘調査が実施された(第1次調査)。調査中には様々な分析が並行して行われ、今から約20,000BPとする八重山諸島初の旧石器時代人骨の出土など重要な成果が得られたことから、遺跡は空港敷地内に現地保存されることが決まった。
 この緊急調査ののち、遺跡を適切に評価し、保存する目的で2012年度~2016年度の5ヶ年計画により、文化庁補助を受け重要遺跡範囲確認調査を実施した(第2次調査)。調査は第1次調査の手法を踏襲して実施し、約38㎡を調査し、遺跡の詳細な範囲や遺物の出土状況等を把握することができた。
 本事業においては、関連分野の有識者で構成する調査指導委員会を設置し、調査・分析法や遺跡の評価について検討を重ねてきた。
 本報告書は、『事実報告編』に次ぐ『総括報告編』として、第1次調査と第2次調査の成果を集約するとともに、新たな分析結果を加えて地学、人類学、考古学的な考察・評価を行う内容となっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 169
ファイルダウンロード数 : 112

全国のイベント

内容が似ている報告書