Headerlogo 奈良文化財研究所 ホーム
検索
一覧
その他
Event nav
Word map
Howto
Meeting entry
現在の登録数
20752 件
( 前年度比 + 1966 件 )
( 発行機関数 385 機関 )
発行機関一覧 > 山梨県 > 甲州市 > 於曽屋敷遺跡

於曽屋敷遺跡

URL http://sitereports.nabunken.go.jp/20030
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.20030
ファイル
書名 於曽屋敷遺跡
書名かな おぞやしきいせき
副書名 於曽公園整備事業に伴う発掘調査報告書
巻次
シリーズ名 甲州市文化財調査報告書
シリーズ番号 22
編著者名
編集機関
公益財団法人山梨文化財研究所
発行機関
甲州市
公益財団法人山梨文化財研究所
甲州市教育委員会
発行年月日 20170315
作成機関ID 19213
郵便番号 4060032
電話番号 0552636441
住所 山梨県笛吹市石和町四日市場1566-2
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・復元工事)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
備考
遺跡
遺跡名 於曽屋敷遺跡
遺跡名かな おぞやしきいせき
本内順位
遺跡所在地 山梨県甲州市塩山下於曽地内
所在地ふりがな やまなしけんこうしゅうしえんざんしもおぞちない
市町村コード 19213
遺跡番号
北緯(日本測地系)
東経(日本測地系)
北緯(世界測地系) 354211
東経(世界測地系) 1384359
調査期間
20160907-20161102
調査面積
330
調査原因 於曽公園整備事業
種別
館跡
主な時代 中世+近世+近代
主な遺構 掘立柱建物跡+石組+集石+土坑+河道
主な遺物 土器類+陶器(渥美・瀬戸美濃ほか)+銭貨+近代陶磁器+ガラス製品+五輪塔+石臼ほか
特記事項 13c頃とみられる渥美甕片、14c頃の瀬戸美濃壷片のほか、同時期の手づくね土器など出土。東側の堀に相当する流路跡を確認。明治~昭和初期の陶磁器類、五輪塔など出土。
要約

山梨県史跡於曽屋敷の外郭、北東地点の調査。二重土塁の土塁間では古絵図に記載された権兵衛川の跡を検出。付近はかつて五輪畑と呼ばれ、五輪塔が多数出土したということであるが、川底や周辺から五輪塔が出土した。また川跡の覆土中には明治~昭和初期の陶磁器類、ガラス瓶類が多量に出土し、それらの中には国鉄塩山駅に関係したものが含まれる。また渥美甕や手捏ねかわらけ片が数点見つかり、館跡が13cに遡る可能性が高まった。遺構としては掘立柱建物跡、方形の石組遺構があり、覆土中遺物から16c頃と推測される。方形石組遺構は半地下式の貯蔵穴とみられ、石積みは平積で古相を呈し、土間直上の土壌からはイネ等の炭化種実が検出され、中世の食糧に関するデータが得られた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 42
ファイルダウンロード数 : 60

全国のイベント

内容が似ている報告書