Headerlogo 奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
発行機関の方へ
現在の登録数
21772 件
( 前年度比 + 620 件 )
( 発行機関数 419 機関 )

渕ヶ沢遺跡 (第1分冊)

URL http://sitereports.nabunken.go.jp/21901
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.21901
ファイル
書名 渕ヶ沢遺跡 (第1分冊)
書名かな ふちがさわいせき (だいいちぶんさつ)
副書名 第二東名建設事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
巻次 沼津市ー11
シリーズ名 静岡県埋蔵文化財センター調査報告
シリーズ番号 30
編著者名
編集機関
静岡県埋蔵文化財センター
発行機関
静岡県埋蔵文化財センター
発行年月日 20130325
作成機関ID 22000
郵便番号 4228002
電話番号 0542624261
住所 静岡県静岡市駿河区谷田23番20号
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
備考
遺跡
遺跡名 渕ヶ沢遺跡
遺跡名かな ふちがさわいせき
本内順位
遺跡所在地 静岡県沼津市根古屋字鎌ヶ沢、鎌沢外
所在地ふりがな しずおかけんぬまづしねごやあざかまがさわ、かまざわほか
市町村コード 22203
遺跡番号
北緯(日本測地系)
東経(日本測地系)
北緯(世界測地系) 350855
東経(世界測地系) 1384833
調査期間
19990901-20081031
調査面積
42651
調査原因 第二東名建設事業
種別
散布地
集落
主な時代 旧石器、縄文
主な遺構 土坑、石器ブロック、礫群、竪穴住居跡、竪穴状遺構
主な遺物 石器、縄文土器
特記事項
要約

旧石器時代 第Ⅲ黒色帯を主体とした層位から検出された土坑は、南北に延びる浅い谷をはさんで東西方向に並んで掘削される傾向がうかがえる。これら土坑群は土坑の形状、検出層位から箱根・愛鷹山麓で検出される陥穴と判断される土坑と同一の性格を有するものと考えられる。
 休場層で検出された推定長径2.52mを計る大型の土坑は成人6名が入る程度の規模があり、いわゆる陥穴であったと考えられる。また、休場層検出の石器ブロックはいずれも箱根畑宿群の黒曜石を主体としており、これに若干量の信州系黒曜石、瑪瑙、チャート、流紋岩、ホルンフェルス、ガラス質安山岩の石器が伴っている。また、剥片・砕片類及び石核に対する製品の比率から剥片剥離を積極的に行った箱根畑宿群の黒曜石と、剥片剥離作業は消極的なその他の石材に区分して捉えることができる。
 休場層からは細石器及びこれに関連する石器群が出土している。黒曜石(神津島恩馳島群)を主体とした石器群で構成される。
縄文時代 竪穴住居1軒(中期か)、竪穴状遺構1基(早期か)、土坑62基が検出されている。土坑の中には逆茂木を有するものが含まれ、これらは狩猟用の陥穴と考えられる。
 本遺跡から出土した縄文時代の土器は3305点を数える。形式から判断される時期は早期から晩期にわたる。中でも早期が主体を成し、出土土器全体に占める早期の割合は8割強であった。さらに早期の中でも押型文土器の占める割合が高く、早期の約7割が押型文どきであった。
 石器は1833点出土した。土器は未確認であるが草創期の有茎尖頭器が確認されている。また、いわゆる鍬形鏃、異形部分磨製石斧(トロトロ石器)は、早期の押型文土器に伴うものと推測される。その他の石器群は具体的な時期決定が困難であるが、土器の出土比率から勘案すると早期の石器群を中心としたものと推測される。

このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 32
ファイルダウンロード数 : 96

全国のイベント

内容が似ている報告書