Headerlogo 奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
発行機関の方へ
現在の登録数
21772 件
( 前年度比 + 620 件 )
( 発行機関数 419 機関 )

駿府城跡

URL http://sitereports.nabunken.go.jp/21595
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.21595
ファイル
書名 駿府城跡
書名かな すんぷじょうあと
副書名 三ノ丸大手西石垣発掘調査報告書
巻次
シリーズ名 静岡県埋蔵文化財センター調査報告
シリーズ番号 4
編著者名
編集機関
静岡県埋蔵文化財センター
発行機関
静岡県埋蔵文化財センター
発行年月日 20120131
作成機関ID 22000
郵便番号 4228002
電話番号 0542624261
住所 静岡県静岡市駿河区谷田23番20号
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
備考
遺跡
遺跡名 駿府城跡
遺跡名かな すんぷじょうあと
本内順位
遺跡所在地 静岡県静岡市葵区追手町
所在地ふりがな しずおかけんしずおかしあおいくおうてまち
市町村コード 22101
遺跡番号 129
北緯(日本測地系)
東経(日本測地系)
北緯(世界測地系) 345834
東経(世界測地系) 1382259
調査期間
20110400-20110500
調査面積
140
調査原因 石垣復旧工事
種別
城館
主な時代 江戸
主な遺構 石垣、土塀基礎遺構、小穴
主な遺物 陶磁器、銭貨、瓦
特記事項 石垣上に設置された土塀基礎遺構が検出された。
要約

駿府城三ノ丸西石垣上に設けられた土塀の基礎遺構が検出された。検出された基礎遺構は安政元年(1854)の安政地震の際の石垣修理に伴って構築された可能性が高く、明治5年(1872)に大手門が解体され、払い下げられたと同時に解体されたとみられる。駿府城の建築物に関わる基礎が良好に残っている事例は少なく貴重な資料である。まや石垣解体修理に伴う石材調査を実施した結果、築石の多くが伊豆・箱根産の安山岩・デイサイト類であったことが判明した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 123
ファイルダウンロード数 : 69

全国のイベント

内容が似ている報告書