Headerlogo 奈良文化財研究所 ホーム
検索
一覧
その他
Event nav
Word map
Howto
Meeting entry
現在の登録数
20905 件
( 前年度比 + 2119 件 )
( 発行機関数 387 機関 )

岩屋岩蔭遺跡発掘調査報告書

URL http://sitereports.nabunken.go.jp/21199
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.21199
ファイル
書名 岩屋岩蔭遺跡発掘調査報告書
書名かな いわやいわかげいせきはっくつちょうさほうこくしょ
副書名
巻次
シリーズ名
シリーズ番号
編著者名
編集機関
金山町教育委員会
発行機関
金山町教育委員会
発行年月日 20020300
作成機関ID
郵便番号 5091695
電話番号 0576323893
住所 岐阜県益田郡金山町大船渡600-8
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
備考
遺跡
遺跡名 岩屋岩陰
遺跡名かな いわやいわかげ
本内順位
遺跡所在地 金山町岩瀬高平
所在地ふりがな かなやまちょういわせたかひら
市町村コード G22K
遺跡番号 01033
北緯(日本測地系) 354505
東経(日本測地系) 1370945
北緯(世界測地系)
東経(世界測地系)
調査期間
20010219-20010302
調査面積
6
調査原因 遺跡の性格を把握するための確認調査
種別
岩陰
主な時代 縄文早期+縄文後期+縄文晩期+弥生+近世
主な遺構 近世-整地+被熱
主な遺物 縄文早期-土器+石鏃+尖頭器/縄文後期+縄文晩期-土器+石鏃+楔形石器+スクレイパー+剥片/弥生-土器+穿孔磨製石鏃/寛永通宝+擂鉢+拳骨茶碗
特記事項 石鏃が石器組成の主体を占め、岩陰利用のあり方が明らかとなった。当地域では貴重な弥生の資料。
要約

このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 89
ファイルダウンロード数 : 65

全国のイベント

岐阜県 の開催中のイベント

内容が似ている報告書