Headerlogo 奈良文化財研究所 ホーム
検索
一覧
その他
現在の登録数
18604 件
( 前年度比 + 2601 件 )
( 発行機関数 366 機関 )

惣領浦之前遺跡

URL http://sitereports.nabunken.go.jp/19070
ファイル
書名 惣領浦之前遺跡
書名かな そうりょううらのまえいせき
副書名 能越自動車道氷見南IC建設に伴う発掘調査報告
巻次
シリーズ名 氷見市埋蔵文化財調査報告
シリーズ番号 67
編著者名
廣瀬 直樹
岡田 一広
森 将志
野口 真利江
編集機関
株式会社エイ・テック
発行機関
氷見市教育委員会
発行年月日 20160314
作成機関ID 16205
郵便番号 9358686
電話番号 0766748215
住所 富山県氷見市鞍川1060番地
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・復元工事)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
備考
遺跡
遺跡名 惣領浦之前遺跡
遺跡名かな そうりょううらのまえいせき
本内順位
遺跡所在地 富山県氷見市惣領
所在地ふりがな とやまけんひみしそうりょう
市町村コード 16205
遺跡番号 312
北緯(日本測地系) 364827
東経(日本測地系) 1365703
北緯(世界測地系)
東経(世界測地系)
調査期間
20150529-20150626
調査面積
236
調査原因 IC建設
種別
集落
主な時代 縄文~弥生+古代+中世+近世
主な遺構 縄文~弥生-遺構なし/古代-溝/中世-柵址+土坑+凹地/近世-遺構なし
主な遺物 縄文~弥生-弥生土器+擦切具+石錘+横山真脇石製剥片/古代-須恵器/中世-珠洲焼+青磁/近世-越中瀬戸+伊万里
特記事項 中世の柵址・凹地を検出した
要約

 惣領浦之前遺跡は、能越自動車道建設に伴う発掘調査が平成15年に実施され、今回の調査区は南西側で隣接する地区である。発掘調査の結果、中世の柵址2条と凹地を検出した。柵址と凹地の方位が同一であることから関連性が高い施設であり、周辺の民俗例から田舟を利用した稲架掛けの可能性を想定した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 23
ファイルダウンロード数 : 13

全国のイベント