Headerlogo 奈良文化財研究所 ホーム
検索
一覧
その他
Event nav
Word map
Howto
Meeting entry
現在の登録数
20706 件
( 前年度比 + 1910 件 )
( 発行機関数 384 機関 )

上土遺跡(立石地区)Ⅰ(遺構編)

URL http://sitereports.nabunken.go.jp/16220
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.16220
ファイル
書名 上土遺跡(立石地区)Ⅰ(遺構編)
書名かな あげつちいせき(たていしちく)いち(いこうへん)
副書名 平成4・5年度静清バイパス(上土遺跡立石地区)埋蔵文化財調査報告書
巻次
シリーズ名 静岡県埋蔵文化財調査研究所調査報告
シリーズ番号 77
編著者名
編集機関
財団法人静岡県埋蔵文化財調査研究所
発行機関
財団法人静岡県埋蔵文化財調査研究所
発行年月日 19960331
作成機関ID 22001
郵便番号 4240044
電話番号 0543671171
住所 静岡県清水区江尻台町18-5
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・復元工事)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
備考
遺跡
遺跡名 上土遺跡(立石地区)
遺跡名かな いけがやいせき(たていしちく)
本内順位 1
遺跡所在地 静岡県静岡市立石
所在地ふりがな しずおかけんしずおかしたていし
市町村コード 22201
遺跡番号
北緯(日本測地系) 350018
東経(日本測地系) 1380010
北緯(世界測地系)
東経(世界測地系)
調査期間
19921001_19940303
調査面積
70294
調査原因 道路(静清バイパス)建設
種別
田畑
主な時代 弥生+古墳+奈良+平安+中世+近世+近代
主な遺構 弥生中期後半~古墳前期:水田、杭列畦畔、溝状遺構、地割跡、撓曲地形奈良~平安初期:条里型水田、溝状遺構、地割跡平安~中世:旧河道、溝状遺構中世:水田、盛土畦畔、溝状遺構、祭祀遺構、地割跡近世~近代:旧河道、水路跡、畦畔痕跡
主な遺物 弥生中期後半~古墳前期:弥生土器、古式土師器、多又鍬、板状田下駄、鳥形状木製品、舟形木製品、台輪、棟持材、楣奈良~平安初期:転用硯、駿東型坏、甲斐型坏、枠型田下駄、輪カンジキ型田下駄、板状田下駄平安~中世:須恵器、土師器、灰釉陶器、土錘、田下駄、泥除け、横櫛、鉄鎌、鉄鏃中世:常滑系甕片、山茶碗、鉄鏃、箸状木製品、鉄製小刀近世~近代:陶器片、漆椀、曲物
特記事項 弥生~古墳水田大畦畔の杭・矢板の接合・復原による、棟持材等の建築材の確認。律令期条里水田下面からの枠型田下駄の出土と、木釘の状況のX線撮影による確認。中世水田の小畦畔付近で箸状木製品の大量出土。
要約

このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 100
ファイルダウンロード数 : 58

全国のイベント