奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
PDFがある書誌登録数
27125 件
( 発行機関数 529 機関 )
現在の書誌登録数
86872 件
( 前年度比 + 18235 件 )
( 発行機関数 1726 機関 )
現在の遺跡抄録件数
135830 件
( 前年度比 + 4673 件 )
現在の文化財動画件数
348 件
( 前年度比 + 348 件 )
( 登録機関数 35 機関 )
文化財イベント件数
487 件
( 前年度比 + 72 件 )
※過去開催分含む

簡易検索

※遺跡名・遺跡名かな・遺跡所在地・所在地ふりがな・遺跡番号 を入力
副書名 : 市制施行60周年記念
巻次 :
シリーズ名 :
シリーズ番号 :
発行(管理)機関 : 松原市 - 大阪府
発行機関 : 松原市教育委員会
発行年月日 : 20151000
作成日 : 2021-01-06
尾街道と住吉道が分岐する高見村と東代村(東新町)の境界あたりに建てられていた。市制施行60 周年記念まつばらいろはかるた(2015) 松原市教育委員会5 【た】丹南藩一万石の陣屋址丹南藩主<b>高木氏</b>は、清和源氏の源頼親の七世、八
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
副書名 :
巻次 : 12
シリーズ名 :
シリーズ番号 :
発行(管理)機関 : 熊本県立装飾古墳館 - 熊本県
発行機関 : 熊本県立装飾古墳館
発行年月日 : 20160311
作成日 : 2018-06-01
右石障には、縦2段の円文と縦2段のX字文を交互に配置した装飾文様があった。円文と鞭をモチーフにした装飾文様という点では、小田良古墳の装飾文様を踏襲したことは明らかである。(2)熊本中・南部での幾何学文発生の過程<b>高木氏</b>
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
副書名 :
巻次 :
シリーズ名 :
シリーズ番号 :
発行(管理)機関 : 中央市 - 山梨県
発行機関 : 玉穂町教育委員会
発行年月日 : 19950331
作成日 : 2014-03-07
掘調査地点の選定玉穂町の微地形については、高木勇氏(高木1989『条里地域の自然環境』古今書院) ‑15‑の微地形図を用いて検討した。このなかで<b>高木氏</b>は山間の盆地における扇状地の微地形を分類している。特に餐無川扇状地に論述し、そ
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
副書名 :
巻次 : 2017
シリーズ名 :
シリーズ番号 :
発行(管理)機関 : 松原市 - 大阪府
発行機関 : 松原市教育委員会
発行年月日 : 20180100
作成日 : 2018-12-20
3 8 ) 頃載が見える。3 丹南藩陣犀跡丹南3 江戸時代諮代大名・<b>高木氏</b>1 万石の陣屋。丹幸藩初代藩主高木正次が元和9 年( 1 6 2 3 )に陣居を構え、E 8 〜明治時代明治2 年( 1 8
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
副書名 :
巻次 :
シリーズ番号 : 2
編著者名 : 楓 仁孝 | 市川 秀之 | 中村 弘
発行(管理)機関 : 大阪狭山市 - 大阪府
発行機関 : 大阪狭山市教育委員会
発行年月日 : 19890300
作成日 : 2016-11-10
構が検出された。また狭山神社遺跡ともっとも近接している遺跡として半田城跡がある。半田城跡は狭山神社に北接しており、建武4年南朝方の<b>高木氏</b>、佐備氏の手勢が攻めたと伝えられ、明
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
副書名 :
巻次 :
シリーズ名 : 宮崎縣史蹟調査
シリーズ番号 : 8
発行(管理)機関 : 宮崎県教育委員会 - 宮崎県
発行機関 : 宮崎縣
発行年月日 : 19310325
作成日 : 2012-11-29
ヒット箇所はおよそ50000文字までしか表示されません。
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
副書名 : 米本城址・吉橋城址・高津館址
巻次 :
シリーズ名 :
シリーズ番号 :
編著者名 : 村田 一男 | 安達 新
発行(管理)機関 : 八千代市 - 千葉県
発行機関 : 八千代市中世館城址調査団
発行年月日 : 19760300
作成日 : 2020-08-07
ヒット箇所はおよそ50000文字までしか表示されません。
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
副書名 : 平成4年度 下佐野遺跡 間尽遺跡
巻次 :
シリーズ番号 : 20
編著者名 : 山口 辰一
発行(管理)機関 : 高岡市 - 富山県
発行機関 : 高岡市教育委員会
発行年月日 : 19990331
作成日 : 2011-04-11
月14日に試掘調査を実施した。この結果,濤等の遺構が検出され,土師器・須恵器等の遺物が出土した。本調査の必要がある内容であった。この結果を持って<b>高木氏</b>と協議し,本調査実施に至った。調
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
副書名 : 穆佐城跡保存整備に伴う埋蔵文化財発掘調査概要報告書
巻次 : 1
シリーズ番号 : 33
編著者名 : 島田 正浩
発行(管理)機関 : 宮崎市 - 宮崎県
発行機関 : 宮崎県高岡町教育委員会
発行年月日 : 20040331
作成日 : 2010-03-28
佐院領家職は相国寺に転じていたが、半済を理由に三俣院<b>高木氏</b>の押妨を受けていた。これに対して、相国寺側は島津元久に射して穆佐院の保全を求めている(樺山文書、島津家文書)。この頃より、穆佐院に対して島津氏や一門の樺山氏が次第に関係していっ
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
副書名 :
巻次 : 2
シリーズ番号 : 8
発行(管理)機関 : 大阪狭山市 - 大阪府
発行機関 : 大阪狭山市教育委員会
発行年月日 : 19920331
作成日 : 2016-11-10
いう小字名がみられること、「南山巡狩録」に建武四年(1337)南朝方の<b>高木氏</b>、佐備氏などが可ヒ朝方の半田城を攻めた記事がみられること、現在に残る官山の上塁の存在などは、この地に中世城館が存在した可能性を示しており、遺
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
副書名 : 広島市佐伯区五日市町所在
巻次 :
シリーズ名 : 広島市の文化財
シリーズ番号 : 35
編著者名 : 奥田 泰将 | 中村 眞哉
発行(管理)機関 : 広島市 - 広島県
発行機関 : 広島市教育委員会
発行年月日 : 19860300
作成日 : 2009-02-24
ヒット箇所はおよそ50000文字までしか表示されません。
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
副書名 : 古代~近世の道路遺構および中世集落跡の調査
巻次 :
シリーズ番号 : 24
編著者名 : 桒畑 光博
発行(管理)機関 : 都城市 - 宮崎県
発行機関 : 都城市教育委員会
発行年月日 : 19930300
作成日 : 2011-12-15
紀〜15世紀)には<b>高木氏</b>という在地領主の存在が指摘されている[重永卓爾氏教示]が、都城島津家文書に「諏訪上下大明神」と記載されている南方神社は、その<b>高木氏</b>の創建と伝えられている。南方神社の「揚げ馬」と
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
副書名 :
巻次 :
シリーズ名 :
シリーズ番号 :
発行(管理)機関 : 南箕輪村 - 長野県
発行機関 : 南箕輪村誌刊行委員会
発行年月日 : 19791210
作成日 : 2020-06-09
ヒット箇所はおよそ50000文字までしか表示されません。
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
副書名 :
巻次 :
シリーズ名 :
シリーズ番号 :
発行(管理)機関 : 南箕輪村 - 長野県
発行機関 : 南箕輪教育委員会
発行年月日 : 20190301
作成日 : 2020-06-09
ごりんとう輪塔………………………………………………一三〇㈣内城跡………………………………………………一三一㈤<b>高木氏</b>館跡…………………………………………一三一㈥天竜川通船…………………………………………一三二㈦高木館製糸場(所)跡
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
副書名 : 国営都城盆地農業水利事業前方ファームポンド建設に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
巻次 :
シリーズ番号 : 97
編著者名 : 柳田 宏一
発行(管理)機関 : 宮崎県教育委員会 - 宮崎県
発行機関 : 宮崎県埋蔵文化財センター
発行年月日 : 20041220
作成日 : 2009-12-16
側および南側の尾根には段状の小さな曲輪が築かれている。また四方にのびる尾根には要所に堀切を設け、進入路を絶っている。当城は南北朝期に肝付兼重が築いたとされ、延文年間頃には畠山民部大輔が、明徳年間頃には和田氏、<b>高木氏</b>が居城したらしい。その後、伊
副書名 : 穆佐城跡保存整備に伴う埋蔵文化財発掘調査概要報告書
巻次 : 2
シリーズ番号 : 38
編著者名 : 島田 正浩
発行(管理)機関 : 宮崎市 - 宮崎県
発行機関 : 宮崎県高岡町教育委員会
発行年月日 : 20050331
作成日 : 2010-03-28
佐院領家職は相国寺に転じていたが、半済を理由に三俣院<b>高木氏</b>の押妨を受けていた。これに対して、相国寺側は島津元久に対して穆佐院の保全を求めている(樺山文書、島津家文書)。この頃より、穆佐院に対して島津氏や一門の樺山氏が次第に関係していっ
副書名 : 一般府道河内長野美原線の交通安全事業に伴う発掘調査
巻次 :
シリーズ番号 : 2011-7
編著者名 : 小林 義孝
発行(管理)機関 : 大阪府教育庁 - 大阪府
発行機関 : 大阪府教育委員会
発行年月日 : 20120330
作成日 : 2017-02-20
屋跡における発掘調査ではこの時の火災によ−3−る焼土層が広範囲に検出される。1869年(明治2)、狭山藩は廃止。小規模な旗本領や大名の飛地などが錯綜する河内では領主の異動が激しかった。この中にあって同じ場所に陣屋を維持しつづけた松原の丹南藩の<b>高木氏</b>
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
副書名 : 国道269号山之口SASIC道路改良工事に伴う発掘調査
巻次 :
シリーズ番号 : 236
編著者名 : 德田 尚文
発行(管理)機関 : 宮崎県教育委員会 - 宮崎県
発行機関 : 宮崎県埋蔵文化財センター
発行年月日 : 20151222
作成日 : 2016-03-03
の山頂部の曲輪を中心につの主要な曲輪がほぼ直線上に並ぶ。四方に延びる尾根上には、要所に堀切を設けている。当城も南北朝期に肝付兼重が築いたとされ、延文年間頃には畠山民部大輔の、明徳年間頃には和田氏、<b>高木氏</b>
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
副書名 : 民間開発事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書 岡遺跡E7-4−83区 丹南遺跡E8-4-47区 布忍遺跡C5-3-58区
巻次 : 1
シリーズ名 : 松原市文化財報告
シリーズ番号 : 3
編著者名 : 大矢 祐司 | 樫木 規秀
発行(管理)機関 : 松原市 - 大阪府
発行機関 : 松原市教育委員会
発行年月日 : 20190331
作成日 : 2019-09-30
原市南端の丹南2~5丁目に所在する縄文時代~近世の複合遺跡である。近世は河内国丹南郡丹南村で、北側に<b>高木氏</b>の丹南藩陣屋趾と融通念佛宗寺院の来迎寺が所在する。また、遺跡中央に中高野街道が南北方向に通る。第1a層
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
副書名 :
巻次 :
シリーズ番号 : 113
編著者名 : 近藤 正枝 | 三島 誠
発行(管理)機関 : 岐阜県文化財保護センター - 岐阜県
発行機関 : 岐阜県文化財保護センター
発行年月日 : 20100319
作成日 : 2013-10-15
=-65140 K L M ゜50m 図4 グリッド設定図(S=l/1250) 第5週(5/28�5/31) 第6週(6/ 4�6/ 8) 東側調査区遺構検出、遺構掘削。調査区北壁士層図作成。4日:岐阜土木事務所<b>高木氏</b>