Headerlogo 奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
PDFがある書誌登録数
23453 件
( 発行機関数 453 機関 )
現在の書誌登録数
61761 件
( 前年度比 + 13136 件 )
( 発行機関数 1583 機関 )
現在の遺跡抄録件数
125861 件
( 前年度比 + 31806 件 )

簡易検索

※遺跡名・遺跡名かな・遺跡所在地・所在地ふりがな・遺跡番号 を入力
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
副書名 : 史跡現状変更申請に伴う緊急発掘調査報告書
巻次 :
シリーズ番号 : 34
発行(管理)機関 : 上田市 - 長野県
発行機関 : 上田市教育委員会
発行年月日 : 19890325
作成日 : 2012-05-15
構に伴うものではなかった。なお、7点の内訳は平瓦5点、九瓦2点であるが、前者には<b>縄目文</b>系3点・平行条線文系2点あり、後者には玉縁のある有段式1点・不明のもの1′ミがある。これらの古瓦は隣接する信濃国分寺跡で使用されたものであ
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
副書名 :
巻次 :
シリーズ名 : 柏原市文化財概報
シリーズ番号 : 2006-1
編著者名 : 桑野 一幸 | 石田 成年
発行(管理)機関 : 柏原市 - 大阪府
発行機関 : 柏原市教育委員会
発行年月日 : 20070331
作成日 : 2016-11-11
面には布目や模骨痕が残る。胎上には長石・雲母の中砂や石英の中礫が含まれている。6の凸面に見られるタタキ文様は、<b>縄目文</b>を交差させて鋸歯状にしたもの。凹面には布目や模骨痕が残る。胎土には長石・くさり礫の中砂〜粗砂、長
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
副書名 :
巻次 :
シリーズ名 : 柏原市文化財概報
シリーズ番号 : 2008-1
編著者名 : 桑野 一幸
発行(管理)機関 : 柏原市 - 大阪府
発行機関 : 柏原市教育委員会
発行年月日 : 20081201
作成日 : 2016-11-11
) が僅かに見られるものの、その大半が<b>縄目文</b>であることも大きな特徴である。太平寺廃寺周辺の古代寺院で使用された平瓦には格子文や有軸・無軸綾杉文などの夕タキ痕をもつ例も多いが、今
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
副書名 : 第8次調査
巻次 :
シリーズ番号 : 602
編著者名 : 力武 卓治
発行(管理)機関 : 福岡市 - 福岡県
発行機関 : 福岡市教育委員会
発行年月日 : 19990331
作成日 : 2017-06-13
だ側縁との角度は直角に近いことから行基式ではないだろう。胴部のカーブから直径16cmの大きさと復元できる。側面には一部粘土を残し、平坦ではない。模骨からの分割、切離し法を知る手掛かりになろう。胴部凸面は<b>縄目文</b>叩きがわずかに認められるが、内
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
副書名 : 発掘調査概報
巻次 :
シリーズ番号 : 5
編著者名 : 内田 亮
発行(管理)機関 : 岡山市 - 岡山県
発行機関 : 御津町教育委員会
発行年月日 : 19890331
作成日 : 2009-06-03
い時代の遺物が上層から出土する地区が多い。トレンチ(T−1)から出土した遺物は,サヌカイトの小片,須恵器,土師器,中世の須恵質蛮等であるが,特に南端部の造成土中から,素弁八弁蓮華文の軒丸瓦の瓦当部分とともに表面に布目,裏面に<b>縄目文</b>,格
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
副書名 :
巻次 :
シリーズ名 :
シリーズ番号 :
編著者名 : 勝部 昭 | 石井 悠
発行(管理)機関 : 島根県教育庁 - 島根県
発行機関 : 島根県教育委員会
発行年月日 : 19790300
作成日 : 2010-06-25
の凸面はヘラ磨きを行なったものであり、石見国分寺跡出上のものと同類である。6‑2は平瓦で凹面に布目、凸面に<b>縄目文</b>がみえる。6‑3、4は九瓦で、凸面に<b>縄目文</b>、凹面に布目がみえる。6‑6は光明寺蔵のもので以前、伊甘神社脇遺跡の一画(現
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
副書名 :
巻次 : 1
シリーズ名 :
シリーズ番号 :
編著者名 : 永友 良典
発行(管理)機関 : 宮崎県教育委員会 - 宮崎県
発行機関 : 宮崎県教育委員会
発行年月日 : 19890300
作成日 : 2009-12-16
土地不明のものも多く詳細については不明である。出土地が明確な資料の中にはパパ池商科前古墳生物教室グランド第2グランド銘の注記の平瓦、丸瓦片も含まれており国分尼寺関連の資料と思われる。特徴としては<b>縄目文</b>や格子文の叩文の平瓦が多く見られる。なお、今
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
副書名 : 原始時代(旧石器時代~縄文時代)
巻次 : 1
シリーズ名 :
シリーズ番号 :
編著者名 : 道澤 明
発行(管理)機関 : 横芝光町 - 千葉県
発行機関 : 横芝光町教育委員会
発行年月日 : 20110331
作成日 : 2018-04-11
す。右の縄文時代草創期の土器・石器(篠本城山遺跡出土) 土器片は、同じころの初めて<b>縄目文</b>様凶叫んようが付けられた土器で、表面だけでなく裏面にも<b>縄目文</b>様が付けられているので多L結交土器と言われ、こ
Thumnail
副書名 : 横芝光町民ギャラリー企画展図録(旧石器・縄文時代)
巻次 : 1
シリーズ名 :
シリーズ番号 :
編著者名 : 道澤 明
発行(管理)機関 : 横芝光町 - 千葉県
発行機関 : 横芝光町教育委員会
発行年月日 : 20120915
作成日 : 2018-03-29
をは有舌尖頭器E 呼ばれる棺先か矢田先に骨けた石器で、旧石器時代から縄城山遺跡出土の土器石器文時代への変化の過程にあるものといえます.右の土器片は、同じころ初めて<b>縄目文</b>械が付けられた土器で、表
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
副書名 :
巻次 :
シリーズ番号 : 50
編著者名 : 二宮 忠司
発行(管理)機関 : 福岡市 - 福岡県
発行機関 : 福岡市教育委員会
発行年月日 : 19790331
作成日 : 2016-08-04
ヒット箇所はおよそ50000文字までしか表示されません。
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
副書名 : 正殿地区発掘調査報告書
巻次 :
シリーズ番号 : 82
発行(管理)機関 : 沖縄県立埋蔵文化財センター - 沖縄県
発行機関 : 沖縄県立埋蔵文化財センター
発行年月日 : 20160331
作成日 : 2018-12-11
ヒット箇所はおよそ50000文字までしか表示されません。
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
副書名 :
巻次 :
シリーズ番号 : 3
編著者名 : 大山 正風
発行(管理)機関 : 松山市 - 愛媛県
発行機関 : 松山市教育委員会
発行年月日 : 19740330
作成日 : 2011-11-21
め穴有本瓦白灰硬有段種別布目色焼成備考平瓦格子日(整)文有黄灰軟格子の大小有り条線文白灰硬両端二面切り組日文黒灰硬両端二面切り荒<b>縄目文</b>茶硬四隅端削除‑8‑〔2〕出土瓦の考察1 軒丸瓦。軒丸瓦No l―(Fig 9) 少破片であるが素弁蓮華文である。以
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
副書名 : ―――第二次調査報告書――
巻次 :
シリーズ番号 : 33
発行(管理)機関 : 松本市 - 長野県
発行機関 : 松本市教育委員会
発行年月日 : 19840301
作成日 : 2011-05-16
恵および少量の灰粕・緑粕・磁器・至道元宝(宋、995)、景祐元宝(宋、1034)既出の皇宋通宝(宋、1039)、元豊通宝(宋、1078)と計4枚の古銭他が発見されている。(2) ※A.古瓦の出土は平瓦・:丸瓦(<b>縄目文</b>・布
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
副書名 : 前橋都市計画事業元総社蒼海土地区画整理事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
巻次 : 32・33
シリーズ名 :
シリーズ番号 :
発行(管理)機関 : 前橋市 - 群馬県
発行機関 : 前橋市教育委員会
発行年月日 : 20110323
作成日 : 2015-10-05
ヒット箇所はおよそ50000文字までしか表示されません。
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
副書名 : 掘りだされた縄文後晩期のムラ
巻次 :
シリーズ番号 : 127
編著者名 : 竹原 学
発行(管理)機関 : 松本市 - 長野県
発行機関 : 松本市教育委員会
発行年月日 : 19970331
作成日 : 2011-05-16
られます。文様は縄文式土器の名前のもととなった<b>縄目文</b>様をはじめ、彫亥」文様や粘土の貼りつけ文様など多彩です。そして時代の変化とともに形や装飾も変化しています。ち
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
副書名 :
巻次 : 平成10年度
シリーズ番号 : 1998-2
編著者名 : 小川 暢子
発行(管理)機関 : 交野市 - 大阪府
発行機関 : 交野市教育委員会
発行年月日 : 19990330
作成日 : 2016-07-20
の瓦質鍋には外面に煤の付着がみられ、実用に供されていたことがわかる。これらはピットの中に廃棄されたものと考えられる。5は布目瓦片である。摩滅しているが表面には<b>縄目文</b>が見られる。当調査地の立地は、交
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
副書名 : 昭和58年度発掘調査概報
巻次 :
シリーズ名 :
シリーズ番号 :
発行(管理)機関 : 高松市 - 香川県
発行機関 : 国分寺町教育委員会
発行年月日 : 19840331
作成日 : 2018-04-23
地の肩と思われる遺構に関連するものとしては多量に出土した平瓦、丸瓦の類である。平瓦は凸面には<b>縄目文</b>が残り、凹面は細かい布目の痕をヘラ状工具で調整しているものが多い。丸瓦は多くは凸面を丁寧に擦消しているものがほとんどであ
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
副書名 : 常設展示解説
巻次 :
シリーズ名 :
シリーズ番号 :
発行(管理)機関 : 上田市 - 長野県
発行機関 : 上田市立信濃国分寺資料館
発行年月日 : 19811101
作成日 : 2011-05-16
濃国分寺跡出土の遺物国分寺跡からは、古瓦をはじめ須恵器・土師器など多くの遺物が出土しました。国分寺の創建期の瓦には、八葉複弁蓮花文鐙瓦と均斉唐草文字瓦、それに<b>縄目文</b>の平瓦が用いられ、後の補修用には素文の鬼瓦が使われました。こ
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
副書名 : 福岡市東区多の津所在遺跡群の調査
巻次 :
シリーズ番号 : 53
編著者名 : 柳沢 一男
発行(管理)機関 : 福岡市 - 福岡県
発行機関 : 福岡市教育委員会
発行年月日 : 19800331
作成日 : 2016-08-06
ヒット箇所はおよそ50000文字までしか表示されません。
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
副書名 : 県道高岡環状線建設工事にともなう発掘調査
巻次 :
シリーズ番号 : 25
編著者名 : 根津 明義
発行(管理)機関 : 高岡市 - 富山県
発行機関 : 高岡市教育委員会
発行年月日 : 20130325
作成日 : 2014-02-08
ヒット箇所はおよそ50000文字までしか表示されません。