Headerlogo 奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
発行機関の方へ
PDFがある書誌登録数
22840 件
( 発行機関数 434 機関 )
現在の書誌登録数
32361 件
( 前年度比 + 11212 件 )
( 発行機関数 548 機関 )
現在の遺跡抄録件数
57426 件
( 前年度比 + 20970 件 )

簡易検索

※遺跡名・遺跡名かな・遺跡所在地・所在地ふりがな・遺跡番号 を入力
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
副書名 :
巻次 :
シリーズ番号 : 240
発行(管理)機関 : 宮城県教育委員会 - 宮城県
発行機関 : 宮城県教育委員会
発行年月日 : 20160318
作成日 : 2017-03-03
治法派遣による埋蔵文化財専門職員の応援を得て調査体制を強化するなどして、<b>復興調査</b>に迅速に対応してまいりました。その結果、復興道路やJR 常磐線移設、高台移転事業等に伴う大規模発掘調査は、ようやく収束が見えてまいりましたが、今
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
副書名 :
巻次 :
シリーズ番号 : 236
発行(管理)機関 : 宮城県教育委員会 - 宮城県
発行機関 : 宮城県教育委員会
発行年月日 : 20150320
作成日 : 2017-03-03
後も沿岸市町では復興事業が徐々に具体化してくると想定されますが、当教育委員会といたしましては、引き続き、関係機関と連携を図り、<b>復興調査</b>の早期終了に向け努力していきたいと考えております。本書は、平成25 年
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
副書名 : 県営宝塚安倉南住宅建設事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
巻次 :
シリーズ番号 : 188
編著者名 : 中村 弘
発行(管理)機関 : 兵庫県教育委員会 - 兵庫県
発行機関 : 兵庫県教育委員会
発行年月日 : 19990331
作成日 : 2016-12-22
行ったもので、阪神・淡路大震災の<b>復興調査</b>として位置づけられている。3.発掘調査は第1次確認調査と第2次確認調査の2回を行っており、第1次確認調査は平成7年11月14日から11月15日にかけて行い、第2次
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
副書名 : 県営西宮北口(2期)住宅建設事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
巻次 : 1
シリーズ番号 : 187
編著者名 : 中村 弘
発行(管理)機関 : 兵庫県教育委員会 - 兵庫県
発行機関 : 兵庫県教育委員会
発行年月日 : 19990331
作成日 : 2016-12-22
)」は県営西宮北口(2期)住宅建設事業に伴い、兵庫県阪神・淡路大震災復興本部都市住宅部から依頼を受けて発掘調査を行ったもので、阪神・淡路大震災の<b>復興調査</b>として位置づけられている。3.調査は平成7年7月10
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
副書名 :
巻次 :
シリーズ番号 : 204
発行(管理)機関 : 兵庫県教育委員会 - 兵庫県
発行機関 : 兵庫県教育委員会
発行年月日 : 20000331
作成日 : 2017-06-30
が担当者として調査を実施したが、調査の間には各府県の支援の方々や兵庫県埋蔵文化財調査事務所<b>復興調査</b>班のデスク担当の方にも協力・参加戴いて調査を行った。はじめての多くの専門職員を迎えての調査であり、楽しく意義深い調査となり、印
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
副書名 : 神戸国際港都建設丸塚特定土地区画整理事業にともなう
巻次 :
シリーズ番号 : 206
編著者名 : 久保 弘幸 | 岸本 一宏
発行(管理)機関 : 兵庫県教育委員会 - 兵庫県
発行機関 : 兵庫県教育委員会
発行年月日 : 20000331
作成日 : 2017-03-30
査の担当者及び組織は、以下の通りである。ー1−確認調査(平成7年度)兵庫県教育委員会埋蔵文化財調査事務所<b>復興調査</b>班長山本三郎<b>復興調査</b>班兼康保明(滋賀県派遣職員)谷口哲一(山口県派遣職員)全面調査(平成8年度)兵庫県教育委員会埋蔵文化財調査事務所<b>復興調査</b>
Thumnail
副書名 :
巻次 :
シリーズ名 : 奈文研ニュース
シリーズ番号 : 52
発行(管理)機関 : 奈良文化財研究所 - 奈良県
発行機関 : 独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所
発行年月日 : 20140300
作成日 : 2016-07-22
集委員会発行奈良文化財研究所http://www.nabunken.go.jp/ E メールjimu@nabunken.go.jp 発行年月2014年3月■お知らせ平城宮跡資料館ロビー展示2014年3 月12日(水)~「震災<b>復興調査</b>
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
副書名 : 西宮待機宿舎新築工事に伴う発掘調査報告書
巻次 : 2
シリーズ番号 : 182
編著者名 : 柏原 正民
発行(管理)機関 : 兵庫県教育委員会 - 兵庫県
発行機関 : 兵庫県教育委員会
発行年月日 : 19990330
作成日 : 2016-12-22
物の存在や堆積状況を調査した結果、すべての試掘坑から遺物ならびに遺構を認めた。これによって、事業地内の全面に埋蔵文化財が存在することが明らかとなった。ー1−《調査体制》兵庫県教育委員会埋蔵文化財調査事務所所長青木正之副所長(<b>復興調査</b>
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
副書名 : ルネシティ西宮高畑町建設事業に伴う発掘調査報告書
巻次 : 3
シリーズ番号 : 195
編著者名 : 柏原 正民 | 遠藤 利恵
発行(管理)機関 : 兵庫県教育委員会 - 兵庫県
発行機関 : 兵庫県教育委員会
発行年月日 : 20000330
作成日 : 2016-12-22
庫県教育委員会埋蔵文化財調査事務所所長青木正之副所長(<b>復興調査</b>第2班長兼務)大村敬通・調整事務<b>復興調査</b>班調査専門員山本三郎主査水口富夫同平田博幸・調査担当<b>復興調査</b>班技術職員中村弘2.全面調査に至る経過埋蔵文化財の存在が確認された調査結果を受けて、直
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
副書名 :
巻次 :
シリーズ番号 : 233
発行(管理)機関 : 宮城県教育委員会 - 宮城県
発行機関 : 宮城県教育委員会
発行年月日 : 20140320
作成日 : 2017-03-03
早急に対応することとなった。本格化する<b>復興調査</b>に迅速かつ的確に対処するため、文化庁、被災3県1市(宮城県・岩手県・福島県・仙台市)および復興庁各県復興局、震災復興関係部局は、「東日本大震災に伴う埋蔵文化財保護に関する会議」(文
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
副書名 : 県立明石公園石垣都市災害復旧事業に伴う発掘調査報告書
巻次 : 3
シリーズ番号 : 196
編著者名 : 池田 征弘 | 渡辺 昇
発行(管理)機関 : 兵庫県教育委員会 - 兵庫県
発行機関 : 兵庫県教育委員会
発行年月日 : 20000331
作成日 : 2016-12-22
の後も小規模な調査が行われてきた。今回の調査は平成7・8年度に行われ、昭和52−54年度の調査に次ぐ、大規模な調査となった。1.平成7年度の調査(1)全面調査(遺跡調査番号950143)調査担当者<b>復興調査</b>班森正(京都府より支援)池
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
副書名 : フレール長田大道建設事業に伴う発掘調査報告書
巻次 :
シリーズ番号 : 277
発行(管理)機関 : 兵庫県教育委員会 - 兵庫県
発行機関 : 兵庫県教育委員会
発行年月日 : 20050318
作成日 : 2017-03-30
基づき、遺構の有無と残存状況をみるため確認調査を実施した。1.確認調査の概要遺跡調査番号:970233 担当者:<b>復興調査</b>第2班主査平田博幸研修員丹家昌博期間:平成9年7月15[I、11月4日面積:48Iが
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
副書名 : 西宮北口駅北東地区震災復興第二種市街地再開発事業に伴う発掘調査報告書
巻次 :
シリーズ番号 : 228
発行(管理)機関 : 兵庫県教育委員会 - 兵庫県
発行機関 : 兵庫県教育委員会
発行年月日 : 20020329
作成日 : 2017-03-30
化庁と兵庫県教育委員会の協議の中で対策が講じられた。また4月1日には兵庫県教育委員会埋蔵文化財調査事務所に<b>復興調査</b>班が組織され、6月1日には他府県からの最初の支援職員を受け入れるなど<b>復興</b><b>調査</b>に対する体制を整え、順次調査に着手していった。平成9年4月30
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
副書名 : (仮称)小野山田地区開発事業に伴う埋蔵文化財確認調査報告
巻次 :
シリーズ番号 : 169
発行(管理)機関 : 兵庫県教育委員会 - 兵庫県
発行機関 : 兵庫県教育委員会
発行年月日 : 19971224
作成日 : 2017-06-30
野山田地区開発事業に伴う埋蔵文化財確認調査報告書である。2.調査は、平成7・8年度に兵庫県教育委員会が調査主体となり、国庫補助事業として実施した。3.(仮称)小野山田地区開発事業は復興住宅を含む開発であることから、<b>復興調査の一環として復興調査</b>
Thumnail
副書名 :
巻次 :
シリーズ名 :
シリーズ番号 :
発行(管理)機関 : 神戸市 - 兵庫県
発行機関 : 神戸市教育委員会
発行年月日 : 20070300
作成日 : 2011-02-16
形図を使用した。3.本書は、埋蔵文化財発掘調査一覧表に示した各調査担当学芸員が執筆し、I.平成16年度事業の概要については橋詰清孝。西岡誠司が、Ⅱ.震災<b>復興調査</b>の10年については渡辺伸行が、V.保存科学調査・作
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
副書名 : -三陸縦貫自動車道建設関連遺跡調査報告書Ⅹ- 石川原遺跡、道貫館跡、卯名沢貝塚、卯名沢古墳群、台の下遺跡、高谷貝塚、寺沢遺跡、長平遺跡
巻次 : 10
シリーズ番号 : 247
発行(管理)機関 : 宮城県教育委員会 - 宮城県
発行機関 : 宮城県教育委員会 | 国土交通省東北地方整備局
発行年月日 : 20180316
作成日 : 2018-05-24
告書では遺物が出土している一部のピットを除きピット番号は記載していない。3報告書作成の方針宮城県教育委員会では、報告書作成を含めた<b>復興調査</b>を早期に終了させるため、平成26 年2 月に「<b>復興調査</b>に限り報告書の内容を必要最小限に止める」方
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
副書名 :
巻次 :
シリーズ名 :
シリーズ番号 :
編著者名 : 岩田 明広
発行(管理)機関 : 神戸市 - 兵庫県
発行機関 : 神戸市教育委員会
発行年月日 : 19980331
作成日 : 2010-05-27
戸市教育委員会が実施した。4.発掘調査は、前期を平成8年7月15日から平成8年11月15日まで、後期を平成9年1月27日から平成9年1月30日まで実施した。前期の調査は兵庫県教育委員会埋蔵文化財調査事務所<b>復興</b><b>調査</b>第1班
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
副書名 : 有鼻遺跡2
巻次 : 6
シリーズ番号 : 198
発行(管理)機関 : 兵庫県教育委員会 - 兵庫県
発行機関 : 兵庫県教育委員会
発行年月日 : 20000330
作成日 : 2017-06-30
認調査に移行していった。確認調査は、当該地の要所に随時トレンチ掘削を行い、合計23箇所のトレンチをあけ、平成9年6月に終了した。−1−平成9年度確認調査の体制確認調査(遺跡調査番号970225)<b>復興調査</b>
Thumnail
副書名 : 都市計画道路尼崎港川西線都市計画街路事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
巻次 :
シリーズ番号 : 320
発行(管理)機関 : 兵庫県教育委員会 - 兵庫県
発行機関 : 兵庫県教育委員会
発行年月日 : 20070315
作成日 : 2017-03-30
述した県営伊丹住宅建設地に隣接する南区と呼称した範囲では、遺構が連続して確認されるため、現行道路の東側約15m、南北約300mの範囲を<b>復興調査</b>として、平成8年5月より、2カ年4次にわたって本発掘調査を実施した。調査は、兵
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
副書名 : 災害対策棟整備事業に伴う発掘調査報告書
巻次 :
シリーズ番号 : 276
編著者名 : 藤田 淳
発行(管理)機関 : 兵庫県教育委員会 - 兵庫県
発行機関 : 兵庫県教育委員会
発行年月日 : 20050318
作成日 : 2017-03-30
戸市埋蔵文化財分布図』の改訂に倣い「中山手西遺跡」と改称した。第2節調査と整理作業の経過1.確認調査調査担当者:<b>復興調査</b>第2班(主査)平田博幸調査面積:30Id 調査期間:平成9年6月7日