Headerlogo 奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
PDFがある書誌登録数
23770 件
( 発行機関数 463 機関 )
現在の書誌登録数
62432 件
( 前年度比 + 13981 件 )
( 発行機関数 1584 機関 )
現在の遺跡抄録件数
126909 件
( 前年度比 + 32993 件 )

小諸市内・佐久市内1 : 鎌田原遺跡・近津遺跡群・和田原遺跡群

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/583
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.583
引用表記 財団法人長野県文化振興事業団長野県埋蔵文化財センター 2013 『長野県埋蔵文化財センター発掘調査報告書103:小諸市内・佐久市内1 : 鎌田原遺跡・近津遺跡群・和田原遺跡群1』国土交通省他
財団法人長野県文化振興事業団長野県埋蔵文化財センター 2013 『小諸市内・佐久市内1 : 鎌田原遺跡・近津遺跡群・和田原遺跡群1』長野県埋蔵文化財センター発掘調査報告書103
ファイル
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
書名 小諸市内・佐久市内1 : 鎌田原遺跡・近津遺跡群・和田原遺跡群
発行(管理)機関 (一財)長野県文化振興事業団長野県埋蔵文化財センター - 長野県
有償頒布・配布ページ http://naganomaibun.or.jp/publication/%E5%A0%B1%E5%91%8A%E6%9B%B8%E3%83%BB%E6%9B%B8%E7%B1%8D-3
※ 有償頒布・配布していない場合もあります
書名かな こもろしない・さくしない1 : かまたはらいせき・ちかついせきぐん・わだはらいせきぐん
副書名 中部横断自動車道建設に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書1
巻次 1
シリーズ名 長野県埋蔵文化財センター発掘調査報告書
シリーズ番号 103
編著者名
編集機関
財団法人長野県文化振興事業団長野県埋蔵文化財センター
発行機関
国土交通省
関東地方整備局
一般財団法人長野県文化振興事業団長野県埋蔵文化財センター
発行年月日 20130322
作成機関ID 20000
郵便番号 388-8007
電話番号 026-293-5926
住所 長野県長野市篠ノ井布施高田963-4
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
他の電子リソース
備考
所収遺跡
遺跡名 鎌田原遺跡
遺跡名かな かまたはらいせき
本内順位
遺跡所在地 長野県小諸市御影新田字鎌田原214ほか
所在地ふりがな ながのけんこもろしみかげしんでんあざかまたはら
市町村コード 20208
遺跡番号 235
北緯(日本測地系) 361731
東経(日本測地系) 1382840
北緯(世界測地系) 361743
東経(世界測地系) 1382829
調査期間
20011203-20011221
20020523-20021205
20090930-20091030
調査面積
14910
調査原因 中部横断自動車道建設に伴う記録保存調査
遺跡概要
種別
集落
時代
古墳
平安
主な遺構
竪穴住居跡13
土坑12
主な遺物
土師器
磨石
砥石
管玉
臼玉
特記事項
遺跡名 近津遺跡群
遺跡名かな ちかついせきぐん
本内順位
遺跡所在地 長野県佐久市長土呂字下宮原1061ほか
所在地ふりがな ながのけんさくしながとろ
市町村コード 20217
遺跡番号 6
北緯(日本測地系) 361718
東経(日本測地系) 1382816
北緯(世界測地系) 361730
東経(世界測地系) 1382805
調査期間
20070831-20071220
20080522-20081222
20090406-20091221
調査面積
38300
調査原因 中部横断自動車道建設に伴う記録保存調査
遺跡概要
種別
集落
時代
古墳
平安
主な遺構
竪穴住居跡47
円形周溝墓2
土坑37
焼土跡8
溝跡3
主な遺物
土師器
磨石
敲石
砥石
管玉
鉄製品(鉄鏃、紡錘車)
銭貨
特記事項 円形周溝墓から鉄鏃が出土。
平安時代の墓坑から人骨・刀子が出土。
遺跡名 和田原遺跡群
遺跡名かな わだはらいせきぐん
本内順位
遺跡所在地 長野県小諸市和田字権現堂288ほか
所在地ふりがな ながのけんこもろしわだ
市町村コード 20208
遺跡番号 230
北緯(日本測地系) 361704
東経(日本測地系) 1382742
北緯(世界測地系) 361715
東経(世界測地系) 1382730
調査期間
20060821-20060921
調査面積
1935
調査原因 中部横断自動車道建設に伴う記録保存調査
遺跡概要
種別
集落
時代
奈良
主な遺構
竪穴住居跡1
土坑3
溝跡4
主な遺物
土師器
須恵器
磨石
特記事項
要約 浅間山麓の佐久平北部では、厚く堆積した軽石流により形成された台地を、河川の浸食により深い谷が刻む「田切り地形」と呼ばれる独特の地形がみられる。この遺跡はこうした田切りの一つである湧玉川の田切り谷に面した台地縁辺部に立地する。
鎌田原遺跡では、古墳時代前期と平安時代後期の集落が検出された。古墳時代前期の集落は小規模で、竪穴住居跡が散在する。出土土器は弥生時代の箱清水式系譜の土器が消失し、新たに小型丸底土器や柱状脚高坏を組成し、地活遺跡群より新しい様相を示す。平安時代後期の集落は、西側に隣接する近津遺跡群の該期集落と一体のもので、集落の東端部といえる。
近津遺跡でも、興奮時代前期と平安時代の集落が検出された。古墳時代前期集落は、高位平坦面・低位平坦面・緩斜面といった地形面ごとにまとまる。出土土器は箱清水式系譜の土器を主体に小型器台などを組成し、古墳時代前半の様相を示し、鎌田原遺跡の集落に先行する。両遺跡の調査で古墳時代前期集落が時期により占地を変化させている状況が明らかにされた。平安時代の集落は、11世紀後半から12世紀前半にかけての一時期の集落で、住居構造等が類似した竪穴住居跡が散在している。
和田原遺跡では、奈良時代の竪穴住居跡1軒が検出された。遺跡内でも当該期の移行は少なく、古墳時代から中世にかけての遺跡の内容に新たな所見が得られた。
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 178
ファイルダウンロード数 : 128

全国のイベント

内容が似ている報告書

内容が似ているイベント