Headerlogo 奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
PDFがある書誌登録数
23459 件
( 発行機関数 454 機関 )
現在の書誌登録数
61763 件
( 前年度比 + 13138 件 )
( 発行機関数 1583 機関 )
現在の遺跡抄録件数
125925 件
( 前年度比 + 31807 件 )

史跡 伊勢国分寺跡 遺構編

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/53394
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.53394
引用表記 鈴鹿市文化スポーツ部文化財課 2017 『史跡 伊勢国分寺跡 遺構編』鈴鹿市文化スポーツ部文化財課
鈴鹿市文化スポーツ部文化財課 2017 『史跡 伊勢国分寺跡 遺構編』
ファイル
書名 史跡 伊勢国分寺跡 遺構編
発行(管理)機関 Banner 鈴鹿市 - 三重県
有償頒布・配布ページ http://www.edu.city.suzuka.mie.jp/museum/book.htm
※ 有償頒布・配布していない場合もあります
書名かな しせきいせこくぶんじあと いこうへん
副書名
巻次
シリーズ名
シリーズ番号
編著者名
編集機関
鈴鹿市文化スポーツ部文化財課
発行機関
鈴鹿市文化スポーツ部文化財課
発行年月日 20170331
作成機関ID
郵便番号 513-0013
電話番号 059-374-1994
住所 三重県鈴鹿市国分町224
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
備考
所収遺跡
遺跡名 伊勢国分寺 第22次から第25次・第28次から第31次・第35次・第1次から第3次(関連分)
遺跡名かな いせこくぶんじ
本内順位 1
遺跡所在地 三重県鈴鹿市国分町字堂跡/西高木/西谷ほか
所在地ふりがな みえけんすずかしこくぶちょうあざどうあと にしたかぎ にしだにほか
市町村コード 24207
遺跡番号 361
北緯(日本測地系)
東経(日本測地系)
北緯(世界測地系) 345432
東経(世界測地系) 1363350
調査期間
【別記】
調査面積
1次:450
2次:470
3次:352
22次:153
23次:132.
24次:216
25次:1100
28次:1891
29次:2374
30次:110
調査原因 学術調査
遺跡概要
種別
古墳
時代
古墳
主な遺構
周溝
主な遺物
遺物不詳
特記事項 第1から3次の調査において国分寺跡が築地で囲まれた一辺180mの伽藍地であることが確認された。第22から31次の調査は,史跡整備計画策定ための伽藍配置の確認調査で,主要伽藍の位置・規模を確認した。第35次調査は,整備に先立つ講堂基壇の構造確認および伽藍地東半の小院・北東院の追加調査である。調査期間、第1次:1988092019881215、第2次:1989100219891219、第3次:1990101119901223、第22次:1999071519990930、第23次:2000020420000331、第24次:2000050820000919、第25次:2001151420011031
種別
集落
時代
古墳
主な遺構
竪穴建物
掘立柱建物
土坑
主な遺物
須恵器
土師器
特記事項 2002020720020312、第28次:2002050920030228、第29次:2003080420040312、第30次:2004072320050128、第31次:2005072820051209、第35次:2008071420090310
種別
社寺
時代
主な遺構
南門
中門
回廊
金堂
講堂
軒廊
僧坊
北門
伽藍地築地
南面脇門
南東隅掘立柱建物
小院築地
小院南門
方形外周溝(塔か)
北東院築地
北東院南門
西門
食堂
主な遺物
須恵器
土師器
製塩土器
灰釉陶器
金属製品
特記事項
種別
集落
時代
中世(細分不明)
主な遺構
掘立柱建物
火葬土坑
主な遺物
人骨
特記事項
要約
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 8
ファイルダウンロード数 : 0

全国のイベント