Headerlogo 奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
PDFがある書誌登録数
23625 件
( 発行機関数 459 機関 )
現在の書誌登録数
62053 件
( 前年度比 + 13505 件 )
( 発行機関数 1584 機関 )
現在の遺跡抄録件数
126680 件
( 前年度比 + 32487 件 )

志波城跡 平成20・21・22年度発掘調査概報

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/36019
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.36019
引用表記 盛岡市遺跡の学び館 2011 『志波城跡 平成20・21・22年度発掘調査概報』盛岡市教育委員会
盛岡市遺跡の学び館 2011 『志波城跡 平成20・21・22年度発掘調査概報』
ファイル
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
書名 志波城跡 平成20・21・22年度発掘調査概報
発行(管理)機関 Banner 盛岡市遺跡の学び館 - 岩手県
書名かな しわじょうあと へいせい20・21・22ねんどはっくつちょうさがいほう
副書名
巻次
シリーズ名
シリーズ番号
編著者名
編集機関
盛岡市遺跡の学び館
発行機関
盛岡市教育委員会
発行年月日 20110310
作成機関ID 032018
郵便番号 0200866
電話番号 0196356600
住所 岩手県盛岡市本宮字荒屋13番地1
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
他の電子リソース
備考
所収遺跡
遺跡名 志波城跡 第101~104次
遺跡名かな しわじょうあと
本内順位 1
遺跡所在地 岩手県盛岡市下太田方八丁・新堰端ほか
所在地ふりがな いわてけんもりおかししもおおたほうはっちょう・しんぜきばたほか
市町村コード 03201
遺跡番号
北緯(日本測地系) 394102
東経(日本測地系) 1410647
北緯(世界測地系) 394112
東経(世界測地系) 1410634
調査期間
20080908-20080919
20081014-20081121
20091019-20091211
20100914-20101015
調査面積
126
1780
1159
184
調査原因 101・104次(現状変更,個人住宅新築),102・103次(内容確認,III期整備)
遺跡概要
種別
城館
時代
平安
主な遺構
土坑
竪穴建物跡
外郭西辺築地塀跡
外郭西辺築地外溝跡
外郭西辺築地内溝跡
主な遺物
土師器
須恵器
あかやき土器
特記事項 101次は保存措置,104次は用地買い上げ
要約 志波城跡は,平安時代初頭の延暦22年(803)に朝廷が造営した,古代陸奥国最北端・最大級の城柵である。郭内北東部で実施した第101次調査では,平安時代の遺構は土坑l基を検出したのみで,周辺地区が古代の遺構の希薄な地区であることが確認された。東官街域北部で実施した第102次調査A区では,平安時代・志波城期の遺構が検出されず,本調査区に東官衝を構成する掘立柱建物等が展開しないことが確認された。政庁北方で実施した第102次調査B区,第103次調査A・B区では,第102次調査B区で平安時代・志波城期のカマドを持たない小形の竪穴建物跡1棟と土坑2基を検出したのみで,掘立柱建物等は検出されず,北大路東方となる当該地区には官街域が展開しない可能性があることが確認された。外郭西辺部で実施した第104次調査では,築地版築・築地外溝・築地内溝が初めてセットで検出され,外郭西辺の区画施設が,志波城跡の正面である外郭南辺と同規格の築地塀であったことが確認された。
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 15
ファイルダウンロード数 : 18

全国のイベント

内容が似ている報告書

内容が似ているイベント