Headerlogo 奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
PDFがある書誌登録数
23948 件
( 発行機関数 467 機関 )
現在の書誌登録数
63917 件
( 前年度比 + 15481 件 )
( 発行機関数 1596 機関 )
現在の遺跡抄録件数
127616 件
( 前年度比 + 33655 件 )

首里城跡

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/23979
DOI QRコード
QRコードダウンロード
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.23979
引用表記 沖縄県立埋蔵文化財センター 2016 『沖縄県立埋蔵文化財センター調査報告書82:首里城跡』沖縄県立埋蔵文化財センター
沖縄県立埋蔵文化財センター 2016 『首里城跡』沖縄県立埋蔵文化財センター調査報告書82
ファイル
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
書名 首里城跡
発行(管理)機関 Banner 沖縄県立埋蔵文化財センター - 沖縄県
書名かな しゅりじょうあと
副書名 正殿地区発掘調査報告書
巻次
シリーズ名 沖縄県立埋蔵文化財センター調査報告書
シリーズ番号 82
編著者名
編集機関
沖縄県立埋蔵文化財センター
発行機関
沖縄県立埋蔵文化財センター
発行年月日 20160331
作成機関ID 470007
郵便番号 9030125
電話番号 0988358752
住所 沖縄県中頭郡西原町字上原193-7
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
他の電子リソース
備考
所収遺跡
遺跡名 首里城跡
遺跡名かな しゅりじょうあと
本内順位
遺跡所在地 沖縄県那覇市首里当蔵町3丁目1番
所在地ふりがな おきなわけんなはししゅりとうのくらちょう3ちょうめ1ばん
市町村コード 47201
遺跡番号
北緯(日本測地系)度分秒 261302
東経(日本測地系)度分秒 1274311
北緯(世界測地系)度分秒
東経(世界測地系)度分秒
調査期間
19850725-19870331
調査面積(㎡)
1350
調査原因 史跡首里城跡(正殿地区)遺構確認のための発掘調査
遺跡概要
種別
城館
時代
安土桃山
明治
グスク
主な遺構
基壇石積み
蝋燭地業
石列
方形石組遺構
かわや跡
ピット
主な遺物
中国・ベトナム・タイ・ベトナム・朝鮮・本土産陶磁器
土器
銭貨
煙管
玉類
円盤状製品
金属製品
石製品
骨製品
土製品
ガラス製品
自然遺物
特記事項 7期に及ぶ正殿基壇の変遷を確認
要約  正殿建物の基壇を構成する包含層と石積みが複数検出されたため、正殿建物(想定含む)が少なくとも7回建て替えられたことが判明した。基壇は時期別にみるとⅠ~Ⅶ期に大別され、最も古いⅠ期基壇(大和系瓦が大量に出土する遺物包含層)は15世紀中葉以前に瓦葺き建物が存在した可能性を示唆するものである。その他、1453年に生じた「志魯・布里の乱」で被熱したと考えられるⅡ期基壇、正面中央に石階段が取り付けられたⅢ期基壇、全形は不明だが建物及び敷地が西側に拡張していく様相の窺えるⅣ~Ⅵ期基壇、沖縄戦で焼失した正殿が建てられていたⅦ期基壇がみられる。当該遺構の中には文献で確認できないものもあることから、首里城の中枢施設である正殿の変遷を辿るうえで非常に重要な資料といえる。また、これら以外にも熊本鎮台沖縄分遣隊の首里城駐留時(1879~1896年)に構築されたかわや跡、沖縄戦に伴う複数の爆弾破壊跡、戦後に建設された琉球大学施設の基礎など、首里城が王城としての機能を失った近代以降の歴史も垣間見ることができる。
 遺物は城内の他地区と同様に多種多様な資料が得られている。中でも特筆すべきは、場所の特性を示すような遺物(火災等により被熱した遺物、17世紀代の茶道具、琉球銭、瓦類や石製品にみられる大量の建築部材)の多さが挙げられる。これらは当該地区にかつて存在した正殿建物の規模や構造を物語るだけでなく、正殿という施設の持つ性格の一端を示していると考えられ、遺構と同様に興味深い資料といえる。
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 153
ファイルダウンロード数 : 243

全国のイベント

内容が似ている報告書

内容が似ているイベント