Headerlogo 奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
PDFがある書誌登録数
23590 件
( 発行機関数 457 機関 )
現在の書誌登録数
61926 件
( 前年度比 + 13373 件 )
( 発行機関数 1584 機関 )
現在の遺跡抄録件数
126579 件
( 前年度比 + 32388 件 )

白水瓢塚古墳発掘調査報告書

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/22935
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.22935
引用表記 神戸市教育委員会 2008 『白水瓢塚古墳発掘調査報告書』神戸市教育委員会
神戸市教育委員会 2008 『白水瓢塚古墳発掘調査報告書』
ファイル
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
書名 白水瓢塚古墳発掘調査報告書
発行(管理)機関 神戸市 - 兵庫県
有償頒布・配布ページ http://www.city.kobe.lg.jp/culture/culture/folk/estate/kankoubutu2..html
※ 有償頒布・配布していない場合もあります
書名かな しらみずひさごづかこふんはっくつちょうさほうこくしょ
副書名
巻次
シリーズ名
シリーズ番号
編著者名
編集機関
神戸市教育委員会
発行機関
神戸市教育委員会
発行年月日 20080331
作成機関ID 28100
郵便番号 6508570
電話番号 0783226480
住所 神戸市中央区加納町6丁目5番1号
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
他の電子リソース
備考
所収遺跡
遺跡名 白水瓢塚古墳 第2次
遺跡名かな しらみずひさごづかこふん
本内順位
遺跡所在地 神戸市西区伊川谷町潤和字シント山
所在地ふりがな こうべしにしくいかわだにちょうじゅんなあざしんとやま
市町村コード 28111
遺跡番号 9-175
北緯(日本測地系) 343954
東経(日本測地系) 1350005
北緯(世界測地系)
東経(世界測地系)
調査期間
19870928-19871116
調査面積
350
調査原因 遺跡範囲確認
遺跡概要
種別
古墳
時代
古墳
主な遺構
埴輪棺
木棺墓
主な遺物
特記事項
遺跡名 白水瓢塚古墳 第4次
遺跡名かな しらみずひさごづかこふん
本内順位
遺跡所在地 神戸市西区伊川谷町潤和字シント山
所在地ふりがな こうべしにしくいかわだにちょうじゅんなあざしんとやま
市町村コード 28111
遺跡番号 9-175
北緯(日本測地系) 343954
東経(日本測地系) 1350005
北緯(世界測地系)
東経(世界測地系)
調査期間
19921214-19930105
調査面積
230
調査原因 遺跡範囲確認
遺跡概要
種別
古墳
時代
古墳
主な遺構
埴輪棺
主な遺物
特記事項
遺跡名 白水瓢塚古墳 第6次
遺跡名かな しらみずひさごづかこふん
本内順位
遺跡所在地 神戸市西区伊川谷町潤和字シント山
所在地ふりがな こうべしにしくいかわだにちょうじゅんなあざしんとやま
市町村コード 28111
遺跡番号 9-175
北緯(日本測地系) 343954
東経(日本測地系) 1350005
北緯(世界測地系)
東経(世界測地系)
調査期間
19970710-19980316
調査面積
2800
調査原因 遺跡範囲確認
遺跡概要
種別
古墳
時代
古墳
主な遺構
埴輪棺
方墳
主な遺物
特記事項
遺跡名 白水瓢塚古墳 第9次
遺跡名かな しらみずひさごづかこふん
本内順位
遺跡所在地 神戸市西区伊川谷町潤和字シント山
所在地ふりがな こうべしにしくいかわだにちょうじゅんなあざしんとやま
市町村コード 28111
遺跡番号 9-175
北緯(日本測地系) 343954
東経(日本測地系) 1350005
北緯(世界測地系)
東経(世界測地系)
調査期間
20020204-20020705
調査面積
279
調査原因 遺跡範囲確認
遺跡概要
種別
古墳
時代
古墳
主な遺構
前方部埋葬施設
後円部埋葬施設
主な遺物
特記事項
遺跡名 白水瓢塚古墳 第10次
遺跡名かな しらみずひさごづかこふん
本内順位
遺跡所在地 神戸市西区伊川谷町潤和字シント山
所在地ふりがな こうべしにしくいかわだにちょうじゅんなあざしんとやま
市町村コード 28111
遺跡番号 9-175
北緯(日本測地系) 343954
東経(日本測地系) 1350005
北緯(世界測地系)
東経(世界測地系)
調査期間
20030623-20031009
調査面積
80
調査原因 遺跡範囲確認
遺跡概要
種別
古墳
時代
古墳
主な遺構
後円部埋葬施設粘土槨
主な遺物
画文帯神獣鏡
車輪石
石釧
琥珀製勾玉
翡翠製勾玉
管玉
ガラス小玉
鉄槍
素環頭刀
特記事項
要約  明石川の支流である伊川右岸の丘陵上に立地する全長56mの古墳時代前期中頃の前方後円墳。墳う形は柄鏡形を呈する、明石川流域における最古の前方後円墳である。後円部の埋葬施設は割竹形木棺の粘土槨で、棺内から鏡・車輪石・石釧とともに1820個以上のガラス小玉が出土。前方部墳頂にも割竹形木棺の粘土槨があり、古墳の周囲には埴輪棺が多数存在する。
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 236
ファイルダウンロード数 : 167

全国のイベント

内容が似ている報告書

内容が似ているイベント