Headerlogo 奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
PDFがある書誌登録数
23550 件
( 発行機関数 455 機関 )
現在の書誌登録数
61838 件
( 前年度比 + 13216 件 )
( 発行機関数 1583 機関 )
現在の遺跡抄録件数
126380 件
( 前年度比 + 32179 件 )

市堀遺跡

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/22730
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.22730
引用表記 鹿児島県立埋蔵文化財センター 2007 『鹿児島県立埋蔵文化財センター発掘調査報告書117:市堀遺跡23』鹿児島県立埋蔵文化財センター
鹿児島県立埋蔵文化財センター 2007 『市堀遺跡23』鹿児島県立埋蔵文化財センター発掘調査報告書117
ファイル
書名 市堀遺跡
書名かな いちぼりいせき
副書名 南九州西回り自動車道川内道路建設に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
巻次 23
シリーズ名 鹿児島県立埋蔵文化財センター発掘調査報告書
シリーズ番号 117
編著者名
編集機関
鹿児島県立埋蔵文化財センター
発行機関
鹿児島県立埋蔵文化財センター
発行年月日 20070331
作成機関ID
郵便番号 8994318
電話番号 0995485811
住所 鹿児島県霧島市国分上野原縄文の森2番1号
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
他の電子リソース
備考
所収遺跡
遺跡名 市堀遺跡
遺跡名かな いちぼりいせき
本内順位
遺跡所在地 鹿児島県いちき串木野市湊町市堀
所在地ふりがな かごしまけんいちきくしきのし みなとちょう いちぼり
市町村コード 46361
遺跡番号 361-28-25
北緯(日本測地系) 313915
東経(日本測地系) 1302015
北緯(世界測地系)
東経(世界測地系)
調査期間
19980507-19980802
調査面積
3040
調査原因 南九州西 回り自動車道川内道路建設
遺跡概要
種別
散布地
時代
縄文
弥生
古墳
古代(細分不明)
中世(細分不明)
近世(細分不明)
主な遺構
集石遺構
落し穴
土坑
柱穴群
主な遺物
前平式土器
条痕文土器
入佐式土器
黒川式土器
黒色研磨土器
磨石
敲石
礫器
黒髪式土器
成川式土器
須恵器
土師器
内黒土師器
双孔棒状土錘
管状土錘
陶磁器
特記事項
要約  市堀遺跡は,縄文時代,弥生時代,古墳時代,古代を中心に,中世や近世までの複合遺跡である。遺跡の中心は古代であるが,縄文時代の遺物は早期と晩期の土器などが出土している。また,古代の遺構から県外生産地の須恵器の甕などが出土し注目されている。
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 51
ファイルダウンロード数 : 23

全国のイベント

内容が似ている報告書

内容が似ているイベント