Headerlogo 奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
PDFがある書誌登録数
23958 件
( 発行機関数 467 機関 )
現在の書誌登録数
63945 件
( 前年度比 + 15509 件 )
( 発行機関数 1596 機関 )
現在の遺跡抄録件数
127780 件
( 前年度比 + 33683 件 )

山中城遺跡

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/21919
DOI QRコード
QRコードダウンロード
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.21919
引用表記 三島市教育委員会 2014 『山中城遺跡』三島市教育委員会
三島市教育委員会 2014 『山中城遺跡』
ファイル
書名 山中城遺跡
発行(管理)機関 三島市 - 静岡県
書名かな やまなかじょういせき
副書名 笹原山中バイパス建設に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書(その2)
巻次
シリーズ名
シリーズ番号
編著者名
編集機関
三島市教育委員会
発行機関
三島市教育委員会
発行年月日 20140325
作成機関ID 222062
郵便番号 4110035
電話番号 0559832672
住所 静岡県三島市大宮町1-8-38
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
他の電子リソース
備考
所収遺跡
遺跡名 山中城遺跡 第28次調査
遺跡名かな やまなかじょういせきだいにじゅうはちじちょうさ
本内順位 1
遺跡所在地 静岡県三島市山中新田字北条山他
所在地ふりがな しずおかけんみしましやまなかしんでんあざほうじょうやまほか
市町村コード 222062
遺跡番号 243
北緯(日本測地系)度分秒
東経(日本測地系)度分秒
北緯(世界測地系)度分秒
東経(世界測地系)度分秒
調査期間
20041116-20050307
調査面積(㎡)
960(2610)
調査原因 一般国道1 号笹原山 中バイパス建設工事 に伴う埋蔵文化財の 事前調査
遺跡概要
種別
集落
時代
旧石器
主な遺構
文化層 1枚
ブロック 10ヵ所
礫群 6基
主な遺物
石器 1484点
礫 39点
特記事項 北緯(世界測地系)35度15分70秒
東経(世界測地系)138度99分14秒
種別
集落
時代
縄文
主な遺構
集石3基
主な遺物
縄文時代前期 土器
石器
特記事項
遺跡名 山中城遺跡 第30次調査
遺跡名かな やまなかじょういせきだいさんじゅうじちょうさ
本内順位 2
遺跡所在地 静岡県三島市山中新田地先
所在地ふりがな しずおかけんみしましやまなかしんでんちさき
市町村コード 222062
遺跡番号 243
北緯(日本測地系)度分秒
東経(日本測地系)度分秒
北緯(世界測地系)度分秒
東経(世界測地系)度分秒
調査期間
22051028-20051122
調査面積(㎡)
225(3330)
調査原因 一般国道1 号笹原山 中バイパス建設工事 に伴う埋蔵文化財の 事前調査
遺跡概要
種別
集落
時代
縄文
主な遺構
集石 1基
陥穴状土坑 1基
主な遺物
縄文時代早期から前期 土器
石器
特記事項 北緯(世界測地系)35度15分75秒
東経(世界測地系)138度99分27秒
遺跡名 山中城遺跡 第19次調査
遺跡名かな やまなかじょういせきだいじゅうくじちょうさ
本内順位 3
遺跡所在地 静岡県三島市山中新田地先
所在地ふりがな しずおかけんみしましやまなかしんでんちさき
市町村コード 222062
遺跡番号 243
北緯(日本測地系)度分秒
東経(日本測地系)度分秒
北緯(世界測地系)度分秒
東経(世界測地系)度分秒
調査期間
19931012-19941206
19941206-19950208
調査面積(㎡)
1885
調査原因 一般国道1 号笹原山 中バイパス建設工事 に伴う埋蔵文化財の 事前調査
遺跡概要
種別
集落
時代
旧石器
主な遺構
文化層 2枚
ブロック 13ヵ所
主な遺物
石器725点
礫7点
特記事項
種別
散布地
時代
縄文
主な遺構
主な遺物
縄文時代早期から前期 土器
石器
特記事項
種別
城館
時代
中世(細分不明)
近世(細分不明)
主な遺構
盛土遺構 1ヵ所
土坑 1基
主な遺物
陶磁器
銭貨
特記事項 主な時代:中近世
要約 第28次調査−箱根畑宿産黒曜石を多用するナイフ形石器石器群の終末期に位置づけられ、尖頭器を組成するが安定的でなく、剥片剥離技術が簡単な縦長剥片剥離技術と横長剥片や寸づまりの剥片を剥離する技術的特徴を持つナイフ形石器石器群。愛鷹・箱根山麓旧石器時代編年第4 期c段階に相当する。
第30次調査−縄文時代早期陥し穴状土坑1 基と集石1 基、縄文時代早期〜前期土器少量出土。
第19次調査第Ⅰ文化層−細石刃石核を持たない少量の細石刃石器群。愛鷹・箱根山麓旧石器時代編年第5 期。
     第Ⅱ文化層−箱根畑宿産黒曜石を多用するナイフ形石器石器群の終末期に位置づけられるが、尖頭器を組成
せず、剥片剥離技術が簡単な縦長剥片剥離技術と横長剥片や寸づまりの剥片を剥離する技術的
特徴を持つナイフ形石器石器群。愛鷹・箱根山麓旧石器時代編年第4 期c段階に相当する。
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 370
ファイルダウンロード数 : 279

全国のイベント

内容が似ている報告書

内容が似ているイベント