Headerlogo 奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
発行機関の方へ
現在の登録数
22097 件
( 前年度比 + 945 件 )
( 発行機関数 429 機関 )

NA311号窯

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/1372
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.1372
ファイル
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
書名 NA311号窯
発行(管理)機関 Banner - 愛知県
書名かな えぬええさんいちいちごうよう
副書名
巻次
シリーズ名 愛知県埋蔵文化財センター調査報告書
シリーズ番号 133
編著者名
編集機関
財団法人愛知県教育サービスセンター 愛知県埋蔵文化財センター
発行機関
財団法人愛知県教育サービスセンター 愛知県埋蔵文化財センター
発行年月日 20050831
作成機関ID 32307
郵便番号 4980017
電話番号 0567674161
住所 愛知県弥富市前ヶ須町野方802-24
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
備考
遺跡
遺跡名 NA311号窯
遺跡名かな えぬええさんいちいちごうよう
本内順位 1
遺跡所在地 愛知県名古屋市緑区大高町高根
所在地ふりがな あいちけんなごやしみどりくおおだかちょうたかね
市町村コード 23114
遺跡番号 14117
北緯(日本測地系)
東経(日本測地系)
北緯(世界測地系) 350344
東経(世界測地系) 1365745
調査期間
19990200-00000000/19990500-19990900
調査面積
/1800
調査原因 道路建設
種別
主な時代 鎌倉
主な遺構 窯体3基+灰原
主な遺物 灰釉系陶器
特記事項 窯体は残存状況が良好。うち1基は椀を伏せ並べた床面下施設を確認。
要約

本窯は、猿投窯鳴海地区有松支群に属し、椀・小皿にほぼ限定された生産を行っている。確認できた窯体は3 基で、いずれも13 世紀前半に属する。3 基とも保存状態が良好で、床面はほぼ完全に残存し、天井部も一部分ではあるが残されている。また、灰原も西側の一部が流失するのみで、ほぼ完全に残されている。当該期の窯体構造・生産規模を知り得る好例と考えられる。

このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 89
ファイルダウンロード数 : 98

全国のイベント

内容が似ている報告書