Headerlogo 奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
発行機関の方へ
現在の書誌登録数
30224 件
( 前年度比 + 9075 件 )
( 発行機関数 465 機関 )
現在の遺跡抄録件数
53610 件
( 前年度比 + 17154 件 )

下津新町遺跡

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/1088
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.1088
ファイル
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
書名 下津新町遺跡
発行(管理)機関 Banner (公財)愛知県埋蔵文化財センター - 愛知県
書名かな おりづしんまちいせき
副書名
巻次
シリーズ名 愛知県埋蔵文化財センター調査報告書
シリーズ番号 159
編著者名
編集機関
財団法人愛知県教育・スポーツ振興財団 愛知県埋蔵文化財センター
発行機関
財団法人愛知県教育・スポーツ振興財団 愛知県埋蔵文化財センター
発行年月日 20090331
作成機関ID 32307
郵便番号 4980017
電話番号 0567674161
住所 愛知県弥富市前ヶ須町野方802-24
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
備考
所収遺跡
遺跡名 下津新町遺跡
遺跡名かな おりづしんまちいせき
本内順位 1
遺跡所在地 愛知県稲沢市下津新町
所在地ふりがな あいちけんいなざわしおりづしんまち
市町村コード 23220
遺跡番号 90270
北緯(日本測地系)
東経(日本測地系)
北緯(世界測地系) 351526
東経(世界測地系) 1364934
調査期間
20050418-20050916/20051006-20051111
調査面積
2278/
調査原因 道路改良工事
遺跡概要
種別
集落
時代
古墳
主な遺構
落ち込み
土坑
主な遺物
土師器
特記事項 古墳時代後期から古代の集落
種別
城館
時代
古墳
平安
主な遺構
竪穴建物跡
掘立柱建物跡
土坑など
主な遺物
須恵器
土師器
灰釉陶器など
特記事項 下津城周辺の遺構群を検出
種別
時代
鎌倉
南北朝
室町
江戸
主な遺構
掘立柱建物跡
柵列
井戸
火葬施設
土坑など
井戸
土坑など
主な遺物
山茶碗類
瀬戸美濃窯産陶器
石器
石製品
木製品
木材
金属製品およびその関連遺物など
特記事項 岐阜街道沿いの集落
要約  今回の調査で確認された遺構や遺物は4期に大別される。古墳時代前期では谷に向かう斜面に遺構や遺物が検出された。古墳時代後期から平安時代では竪穴建物と掘立柱建物を中心とした一般的な集落が確認された。鎌倉時代から平安時代では5段階に遺構変遷が把握され、宗教施設・屋敷・町場的な小区画の屋敷などが展開したと想定された。これらの遺構群は守護所下津との関連が注目されよう。戦国時代から江戸時代前半までは集落は途絶えるが、江戸時代後期では岐阜街道に面した屋敷が確認され、これが現在の下津新町につながるものと推定された。調査は当初「鎌倉街道周辺遺跡」として開始されたが、今回の調査区は推定鎌倉街道が通る自然堤防とは異なる河川による自然堤防上に立地しており、遺跡の内容も考慮した結果、「下津新町遺跡」という別遺跡として評価すべきと判断された。
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 366
ファイルダウンロード数 : 148

全国のイベント

内容が似ている報告書