奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
PDFがある書誌登録数
30321 件
( 発行機関数 600 機関 )
現在の書誌登録数
112714 件
( 前年度比 + 24772 件 )
( 発行機関数 1859 機関 )
現在の遺跡抄録件数
138768 件
( 前年度比 + 2858 件 )
現在の文化財論文件数
23312 件
( 前年度比 + 22495 件 )
現在の文化財動画件数
696 件
( 前年度比 + 286 件 )
( 登録機関数 67 機関 )
文化財イベント件数
605 件
( 前年度比 + 97 件 )
※過去開催分含む

茨城県
常陸太田市集中曝涼【文化財解説(来迎院)】

 大里町北部にある天台宗の寺院で、正式な名前は「光明山来迎院安養寺(こうみょうさんらいこういんあんようじ)といいます。来迎院の建っている場所には、もともと真言宗「貴富山阿弥陀院安楽寺」という寺院(創建年代は不明)がありましたが、当時の住職が仏教の規律を破って追放され、廃れてしまったために、磯浜村(現在の大洗町磯浜町)にあった、天台宗「普賢院」という寺院が天和3(1683)年に、この地に移され、その後元禄5(1692)年に改号されて現在の来迎院となりました。現在は住職の住んでいない無住寺となっていますが、本堂、楼門、本尊の阿弥陀如来坐像が茨城県指定文化財に指定されているほか、数多くの貴重な文化財が残されています。

県指定文化財 阿弥陀堂楼門
 正面3間(5.46m)横2間(3.64m)1戸(出入口は1か所という意味)の規模で、楼郭となる高い2階部分を持つ、入母屋造茅葺屋根の建物です。門の両袖に仁王像を納めるところから、仁王門とも呼ばれています。本堂より少し遅れて、宝暦10(1760)年に建てられました。造られた年代が少し異なるものの、建築様式は阿弥陀堂本堂と類似しています。(昭和44年3月20日指定)

県指定文化財 阿弥陀堂本堂
 江戸時代中期の享保3(1718)年に建てられた、1面が3間(一間=1.82m…5.46m)幅の堂宇造(正方形の平面形をした造りの建物)のお堂で、高い茅葺屋根の頂には金銅製の宝珠(ほうじゅ)が露盤(ろばん)に据えられています。堂の内部には1間の幅で設けられた柱で区切った内陣をつくり、中央に本尊を安置するための宮殿が置かれています。県内の近世阿弥陀堂建築を知る上で貴重な実例といえます。(昭和44年3月20日指定)

県指定文化財 木造阿弥陀如来坐像
 高さ約158.3cmの一木造で、表面は漆の箔で仕上げられています。細かく表現された螺髪(らほつ=髪の毛)や彫眼などから、平安時代末と考えられ、定朝様と呼ばれる様式の仏像です。阿弥陀如来特有の印相(いんぞう=手の表現)のひとつ、上品上生の印を結び、現在は、刳り貫かれた体の中に藤原期の小さな仏像の頭部が納められています。この阿弥陀如来坐像は元々、普賢院の本尊として磯浜村から運ばれてきたと伝えられます。
(昭和40年2月24日指定)

市指定文化財 木造如来形坐像
 これまで矧ぎ目が外れ、バラバラの状態の坐像でしたが、令和2年度に修復を終えました。残念ながら手先の部品は失われてしまっていますが、高さ85.9cmの寄木造りの像で、低い肉髷やきわめて細かい螺髪表現、直線的な額の髪の生え際や特徴的な顔立ちの仏像です。(平成24年1月27日指定)
※動画撮影時点では修復中であったため、解説動画はなし。



データ登録機関 : 常陸太田市
文化財所在地 : 茨城県
動画種別 : 文化財紹介・解説
対象 : 大人向け
文化財種別 : 建造物 彫刻
時代 平安 江戸
総覧登録日 : 2021-05-12
wikipedia 出典テンプレート : {{cite video ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{cite video|title=常陸太田市集中曝涼【文化財解説(来迎院)】|url=https://www.youtube.com/watch?v=gxp0tNfDmrM&list=PL4zAfzo5iE6QeewqTlfrlJ9fGXT7qzAHD&index=10|publisher=常陸太田市}} 閉じる
このエントリーをはてなブックマークに追加