奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
PDFがある書誌登録数
25002 件
( 発行機関数 490 機関 )
現在の書誌登録数
69361 件
( 前年度比 + 637 件 )
( 発行機関数 1688 機関 )
現在の遺跡抄録件数
131918 件
( 前年度比 + 1316 件 )

大月バイパス関連遺跡

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/21678
DOI QRコード
QRコードダウンロード
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.21678
引用表記 山梨県埋蔵文化財センター 2017 『山梨県埋蔵文化財センター調査報告書312:大月バイパス関連遺跡』山梨県教育委員会
山梨県埋蔵文化財センター 2017 『大月バイパス関連遺跡』山梨県埋蔵文化財センター調査報告書312
ファイル
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
書名 大月バイパス関連遺跡
書名かな おおつきばいぱすかんれんいせき
副書名 一般国道20号(大月バイパス}改築事業に伴う堂地遺跡・大石遺跡・花咲用水関連遺跡発掘調査報告書
巻次
シリーズ名 山梨県埋蔵文化財センター調査報告書
シリーズ番号 312
編著者名
編集機関
山梨県埋蔵文化財センター
発行機関
山梨県教育委員会
発行年月日 20170317
作成機関ID
郵便番号 4001508
電話番号 0552663016
住所 山梨県甲府市下曽根923
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
他の電子リソース
備考
所収遺跡
遺跡名 堂地遺跡
遺跡名かな どうちいせき
本内順位 1
遺跡所在地 大月市大月町花咲地内
所在地ふりがな
市町村コード 19206
遺跡番号 175
北緯(日本測地系)度分秒
東経(日本測地系)度分秒
北緯(世界測地系)度分秒 353621.60
東経(世界測地系)度分秒 1385618.96
調査期間
20140526-20141226
20150928-20151009
調査面積(㎡)
1000
調査原因 道路
遺跡概要
種別
集落
時代
縄文
主な遺構
土坑2基
主な遺物
縄文土器
土師器
須恵器
陶磁器
石製品
鉄製品
銅製品
土製品
特記事項 堂地遺跡・大石遺跡・花咲用水関連遺跡については、周知の埋蔵文化財包蔵地ではなく、新規に登録されたものである。大月市域では、少ない8世紀代の住居跡が2軒確認された。また、近世の水路の空中測量を行い、測量図面を作成した。
遺跡名 大石遺跡
遺跡名かな おおいしいせき
本内順位 2
遺跡所在地 大月市大月町花咲地内
所在地ふりがな
市町村コード 19206
遺跡番号 177
北緯(日本測地系)度分秒
東経(日本測地系)度分秒
北緯(世界測地系)度分秒
東経(世界測地系)度分秒
調査期間
20150106-20150331
20150511-20160129
調査面積(㎡)
2623
調査原因 道路
遺跡概要
種別
集落
時代
縄文
主な遺構
打製石斧デボ
主な遺物
縄文土器
土師器
須恵器
陶磁器
石製品
鉄製品
銅製品
土製品
特記事項 堂地遺跡・大石遺跡・花咲用水関連遺跡については、周知の埋蔵文化財包蔵地ではなく、新規に登録されたものである。大月市域では、少ない8世紀代の住居跡が2軒確認された。また、近世の水路の空中測量を行い、測量図面を作成した。

北緯(世界測地系)35度60分39秒
東経(世界測地系)138度92分78秒
種別
集落
時代
奈良
平安
主な遺構
住居址2軒
土坑1基
主な遺物
特記事項
種別
集落
時代
不明
主な遺構
土坑7基
ピット4基
焼土15箇所
主な遺物
特記事項
遺跡名 花咲用水関連遺跡
遺跡名かな はなさきようすいかんれんいせき
本内順位 3
遺跡所在地 大月市大月町花咲地内
所在地ふりがな
市町村コード 19206
遺跡番号 176
北緯(日本測地系)度分秒
東経(日本測地系)度分秒
北緯(世界測地系)度分秒
東経(世界測地系)度分秒
調査期間
20140714-20140814
調査面積(㎡)
255
調査原因 道路
遺跡概要
種別
その他の生産遺跡
時代
近世(細分不明)
近代(細分不明)
主な遺構
礎石跡
主な遺物
縄文土器
土師器
須恵器
陶磁器
石製品
鉄製品
銅製品
土製品
特記事項 堂地遺跡・大石遺跡・花咲用水関連遺跡については、周知の埋蔵文化財包蔵地ではなく、新規に登録されたものである。大月市域では、少ない8世紀代の住居跡が2軒確認された。また、近世の水路の空中測量を行い、測量図面を作成した。

主な時代:近世から近代

北緯(世界測地系)35度60分38秒
東経(世界測地系)138度92分66秒
要約
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 178
ファイルダウンロード数 : 78

全国のイベント

外部出力

内容が似ている報告書

内容が似ているイベント