奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
PDFがある書誌登録数
33981 件
( 発行機関数 643 機関 )
現在の書誌登録数
125497 件
( 前年度比 + 14542 件 )
( 発行機関数 1878 機関 )
現在の遺跡抄録件数
141195 件
( 前年度比 + 2701 件 )
現在の文化財論文件数
117416 件
( 前年度比 + 93877 件 )
現在の文化財動画件数
939 件
( 前年度比 + 168 件 )
( 登録機関数 91 機関 )
文化財イベント件数
786 件
( 前年度比 + 167 件 )
※過去開催分含む
発行機関一覧 (都道府県別) > 新潟県 > 新発田市 > 五斗遺跡・菅田遺跡 発掘調査報告書

五斗遺跡・菅田遺跡 発掘調査報告書

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/90641
DOI QRコード
QRコードダウンロード
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.90641
引用表記 新発田市教育委員会 2021 『新発田市埋蔵文化財調査報告63:五斗遺跡・菅田遺跡 発掘調査報告書1』新発田市教育委員会
新発田市教育委員会 2021 『五斗遺跡・菅田遺跡 発掘調査報告書1』新発田市埋蔵文化財調査報告63
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book|和書|first=正志|last=伊藤|first2=岳人|last2=赤堀|first3=義文|last3=田中|first4=祐二|last4=本田|title=五斗遺跡・菅田遺跡 発掘調査報告書|origdate=2021-02-08|date=2021-02-08|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/90641|location=新潟県新発田市乙次281番地2|ncid=BC05802788|doi=10.24484/sitereports.90641|series=新発田市埋蔵文化財調査報告|volume=63}} 閉じる
ファイル
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
書名 五斗遺跡・菅田遺跡 発掘調査報告書
発行(管理)機関 新発田市 - 新潟県
書名かな ごといせき ・すがたいせき はっくつちょうさほうこくしょ
副書名 経営体育成基盤整備事業 姫田川右岸地区に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
巻次 1
シリーズ名 新発田市埋蔵文化財調査報告
シリーズ番号 63
編著者名
編集機関
新発田市教育委員会
発行機関
新発田市教育委員会
発行年月日 20210208
作成機関ID 15206
郵便番号 9592323
電話番号 0254229534
住所 新潟県新発田市乙次281番地2
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
発掘調査報告 掲載されている(発掘調査報告書総目録の掲載対象)
所蔵大学(NCID)
JP番号
他の電子リソース
備考
所収論文
所収遺跡
遺跡名 五斗遺跡
遺跡名かな ごといせき
本内順位 1
遺跡所在地 新潟県新発田市下三光字五斗1161番地1ほか
所在地ふりがな にいがたけんしばたししもさんこうあざごと1161ばんちほか
市町村コード 15206
遺跡番号 705
北緯(日本測地系)度分秒
東経(日本測地系)度分秒
北緯(世界測地系)度分秒 375657
東経(世界測地系)度分秒 1392340
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 37.949166 139.394444
※当該位置周辺を表示し、同一名称の遺跡データが存在する場合は遺跡をポイント表示します。
調査期間
20190625-20190809
20190830-20190926
調査面積(㎡)
935.3
調査原因 経営体育成基盤整備事業 姫田川右岸地区
遺跡概要
種別
散布地
時代
平安
主な遺構
土坑9
溝8
畝状小溝1
性格不明遺構1
杭列1
ピット25
主な遺物
須恵器
土師器
黒色土器
土製品
石製品
特記事項
遺跡名 菅田遺跡 Ⅰ区
遺跡名かな すがたいせき
本内順位 2
遺跡所在地 新潟県新発田市下中江字茂作田115番地ほか
所在地ふりがな にいがたけんしばたししもなかえあざもさくだ115ばんちほか
市町村コード 15206
遺跡番号 706
北緯(日本測地系)度分秒
東経(日本測地系)度分秒
北緯(世界測地系)度分秒 375651
東経(世界測地系)度分秒 1392301
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 37.9475 139.383611
※当該位置周辺を表示し、同一名称の遺跡データが存在する場合は遺跡をポイント表示します。
調査期間
20190927-20191023
調査面積(㎡)
238.7
調査原因 経営体育成基盤整備事業 姫田川右岸地区
遺跡概要
種別
散布地
時代
奈良
中世(細分不明)
主な遺構
土坑2
ピット6
主な遺物
須恵器
土師器
縄文土器
越前焼
特記事項
要約 五斗遺跡は、三光川により開析された河岸段丘の縁辺部に立地する。遺構は土坑・溝・畝状小溝・遺物集中などがある。畝状小溝は畑作痕と推測でき、集落の生産域にあたる。遺跡の年代は、出土遺物から9世紀第2四半期~第3四半期に位置付けられ、遺跡としての存続期間は比較的短い。
菅田遺跡は、姫田川と坂井川に形成された河成段丘の低位面に立地する。遺構は土坑2基・ピット6基とわずかである。遺跡の年代は、出土遺物から8世紀中葉頃に位置付けられる。本調査区は、東に広がる集落の縁辺部と推定される。
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 150
ファイルダウンロード数 : 152

全国のイベント

外部出力