奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
PDFがある書誌登録数
33287 件
( 発行機関数 634 機関 )
現在の書誌登録数
125124 件
( 前年度比 + 14013 件 )
( 発行機関数 1874 機関 )
現在の遺跡抄録件数
140303 件
( 前年度比 + 2048 件 )
現在の文化財論文件数
117251 件
( 前年度比 + 93662 件 )
現在の文化財動画件数
881 件
( 前年度比 + 106 件 )
( 登録機関数 84 機関 )
文化財イベント件数
707 件
( 前年度比 + 88 件 )
※過去開催分含む
発行機関一覧 (都道府県別) > 新潟県 > 新発田市 > 板山館跡発掘調査報告書

板山館跡発掘調査報告書

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/22134
DOI QRコード
QRコードダウンロード
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.22134
引用表記 新発田市教育委員会 2018 『新発田市埋蔵文化財調査報告57:板山館跡発掘調査報告書4』新発田市教育委員会
新発田市教育委員会 2018 『板山館跡発掘調査報告書4』新発田市埋蔵文化財調査報告57
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book|和書|first=祐二|last=本田|first2=耕作|last2=田中|first3=保子|last3=黒沼|first4=|last4=株式会社加速器分析研究所|first5=|last5=株式会社古環境研究所|title=板山館跡発掘調査報告書|origdate=2018-03-20|date=2018-03-20|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/22134|location=新潟県新発田市乙次281番地2|ncid=BB26147275|doi=10.24484/sitereports.22134|series=新発田市埋蔵文化財調査報告|volume=57}} 閉じる
ファイル
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
書名 板山館跡発掘調査報告書
発行(管理)機関 新発田市 - 新潟県
書名かな いたやまやかたあとはっくつちょうさほうこくしょ
副書名 県営担い手育成基盤整備事業(加治川右岸地区)に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
巻次 4
シリーズ名 新発田市埋蔵文化財調査報告
シリーズ番号 57
編著者名
編集機関
新発田市教育委員会
発行機関
新発田市教育委員会
発行年月日 20180320
作成機関ID 15206
郵便番号 9592323
電話番号 0254229534
住所 新潟県新発田市乙次281番地2
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
発掘調査報告 掲載されている(発掘調査報告書総目録の掲載対象)
所蔵大学(NCID)
JP番号
他の電子リソース
備考
所収論文
所収遺跡
遺跡名 板山館跡
遺跡名かな いたやまやかたあと
本内順位
遺跡所在地 新潟県新発田市板山字舘ノ越2279番1ほか
所在地ふりがな にいがたけんしばたしいたやまあざたてのこし2279ばん1ほか
市町村コード 15206
遺跡番号 96
北緯(日本測地系)度分秒
東経(日本測地系)度分秒
北緯(世界測地系)度分秒 375414.40
東経(世界測地系)度分秒 1392423.50
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 37.904 139.406527
※当該位置周辺を表示し、同一名称の遺跡データが存在する場合は遺跡をポイント表示します。
調査期間
20130529-20131225
調査面積(㎡)
1878
調査原因 県営担い手育成基盤整備事業(加治川右岸地区)
遺跡概要
種別
集落
城館
時代
室町
戦国
安土桃山
江戸
主な遺構
掘立柱建物
竪穴建物
柵列
井戸
土坑
杭列
川跡
主な遺物
中世土師器
青磁
白磁
青花
中国陶器
瀬戸美濃焼
珠洲焼
越前焼
信楽焼
瓦質土器
肥前系陶器
肥前系磁器
加工円盤
茶臼
粉引臼
砥石
寛永通寶
漆器
特記事項 川を利用して築かれた14世紀後半から16世紀代の半町規模の方形居館で、近世には屋敷地となり、18世紀前半まで使用されていた。
要約 板山館跡は、標高64mの、加治川により開析された河成段丘を板山川が開析して形成した河成段丘中位面に立地している。遺跡は、方半町規模の中世の方形居館と考えられてきたが、調査の結果、河川沿いに立地することで残る三法のみに堀を掘削した中世の方形居館が、近世には屋敷地として利用されていたと判明した。
堀は上幅3.21m、底面幅0.69mの断面逆台形の箱堀で、土塁の痕跡は確認されていない。郭内からは、掘立柱建物37棟、竪穴建物1棟、柵列3列、井戸3基などを検出した。建物等は11期に渡り建て替えられ、出土遺物から、16世紀中葉頃の様相は不明であったが、14世紀後半から18世紀前半の期間に、ほぼ継続的に館または屋敷地として利用されていたことが明らかとなった。
館の主は不明だが、館の規模から小領主層の人物と考えられる。また、近世には大きな規模の建物が築かれていたため、その時代は名主や庄屋など地域の有力者層の屋敷地であったと想定される。
遺跡の場所は、かつての交通の要衝であるとともに、山から流れ出る水が平野へと流れ込む入り口にあたることから、この場所に館が築かれたと考えられる。
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 269
ファイルダウンロード数 : 196

全国のイベント

外部出力