Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
23958 reports
( Participation 467 Orgs )
report count
63945 reports
( compared to the privious fiscal year + 15509 reports )
( Participation 1596 Orgs )
site summary count
127779 reports
( compared to the privious fiscal year + 33682 reports )

Simple Search

Participation-organizations秋田県

( "stone wall" OR 石垣 )

Site Name・Site Name Transcription・Address・Address Transcription・Site Number
Thumnail
Subtitle : 茂竹沢遺跡
Volume :
Series Number : 233
Participation-organizations : 秋田県教育委員会 - 秋田県
Publisher : 秋田県教育委員会
Publish Date : 19930325
Submit Date : 2013-02-25
p .P 柱穴S B 建物跡SA 柱穴列SQ 組石遺構・<b>石垣</b>状遺構・集石遺構S D 溝跡S X 不明遺構1 1 挿図に使用したスクリントーンは以下の通りである。匡ヨ地山匝習焼土塊濃く煤の付着する部分E
Thumnail
Subtitle : 表門復元に伴う発掘調査報告書(平成9年度)
Volume :
Series :
Series Number :
Author : 安田 忠市
Participation-organizations : 秋田市 - 秋田県
Publisher : 秋田市教育委員会
Publish Date : 19970930
Submit Date : 2013-09-12
包められ. ~右上面I~平坦である。また、礎石No 1 の<b>石垣</b>舗に1~40X30柵四方、礎石蜘4 の石援側には5 5 X 4 5 棚田方でいずれも深き約2 0 m の織り込み{ 寄術般用)が認めら札品。地覆石{ 第
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 23
Participation-organizations : 秋田県教育委員会 - 秋田県
Publisher : 秋田県教育委員会
Publish Date : 19710331
Submit Date : 2013-01-17
0 縮尺実測を続け、A地区では3カ所のS e c t i o nも完了する。同時に本丸南東の崖部に2X3m のトレンチを設定しD地区とする。急斜面のためかなりの難作業。深さ2m 地点で<b>石垣</b>
Thumnail
Subtitle : 払田柵跡調査事務所年報2004
Volume :
Series Number : 400
Author : 髙橋 学
Participation-organizations : 秋田県教育委員会 - 秋田県
Publisher : 秋田県教育委員会
Publish Date : 20050331
Submit Date : 2013-05-14
穴掘形・柱穴SD溝跡・空堀跡SF築地・土塁・<b>石垣</b>SM道路跡(道路状遺構)SN焼土遺構SW炭窯跡SX整地地業、その他4遺物には下記の略記号を使用した。RP土器・土製品RQ石器・石製品RM鉄製品RW木製品5本
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 25
Author : 豊島 昻
Participation-organizations : 秋田県教育委員会 - 秋田県
Publisher : 秋田県教育委員会
Publish Date : 19720331
Submit Date : 2013-01-17
られたの結果は東端伝出しのj l f f i 分( こIW~'J が検出された。更に北部からは南北西間×束西五間のと建物のタトに江Ji上も発見された。また南の土塁と束の張出しl i f J にかつて<b>石垣</b>
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 456
Participation-organizations : 秋田県教育委員会 - 秋田県
Publisher : 秋田県教育委員会
Publish Date : 20100331
Submit Date : 2013-12-25
所を確認した。№11地点で時期不明の<b>石垣</b>を確認したが、遺物が出土しておらず、今年度中に再調査する。今後も事業の進捗状況に合わせて試掘等の対応が必要である。№遺跡名所在地時代現況遺構・遺物備考1六
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 446
Participation-organizations : 秋田県教育委員会 - 秋田県
Publisher : 秋田県教育委員会
Publish Date : 20090300
Submit Date : 2013-02-06
岸に至る事業予定地のうち、両前寺川~琴浦川、清水尻地区、大沢川~白雪川について試掘した。調査の結果、両前寺川~琴浦川で土師器・須恵器が出土し、土坑・ピットを検出したことから横枕遺跡とし、大沢川~白雪川で<b>石垣</b>
Thumnail
Subtitle : 払田柵跡調査事務所年報1984
Volume :
Series Number : 121
Participation-organizations : 秋田県教育委員会 - 秋田県
Publisher : 秋田県教育委員会
Publish Date : 19850331
Submit Date : 2013-02-06
にわたる学術調査を実施いたしました。第5 5 次発掲調査は、長森地区内郭南門跡西部で、昭和5 年文部省嘱託上回三平氏がと呼称した部分を中心にした所で、ここからは方形の硬質泥岩を<b>石垣</b>状l ζ外
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 259
Participation-organizations : 秋田県教育委員会 - 秋田県
Publisher : 秋田県教育委員会
Publish Date : 19950331
Submit Date : 2013-05-14
さ1 . 8m 、底径2 . 5 mの井戸様の掘り込みを検出した。また古代仁I = r ‑¥i t と考えられる一辺が1 2 m の方形の溝で閉まれた建物跡や<b>石垣</b>状の遺構も検出された。遺
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume : 25
Series Number : 96
Participation-organizations : 鹿角市 - 秋田県
Publisher : 鹿角市教育委員会
Publish Date : 20090331
Submit Date : 2018-06-27
Highlight was not work when hit position over 50000 character
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 65
Participation-organizations : 秋田県教育委員会 - 秋田県
Publisher : 秋田県教育委員会
Publish Date : 19790331
Submit Date : 2013-01-17
南西隣柱から南側に土塁状の高まりがあれ昭和5 年の第1 次発掘調査でも知られていた。上国三平氏は. r 丘陵の中央に位する元八幡神社の参道登口の西側に当り近年発掘した古<b>石垣</b>がある。現存せる部分の延長約8開高さ4 尺で1 石の大きさは大抵2 尺
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 26
Participation-organizations : 秋田県教育委員会 - 秋田県
Publisher : 秋田県教育委員会
Publish Date : 19721220
Submit Date : 2013-01-17
後町教育委員会教育課長松田政吉石ι主」手大守主主主一事A 寸~ ー生小池秀同<b>石垣</b>孝‑3 一同嘱託柿i 崎隆興特にも柿U l 奇隆興氏には多大の援助と教示とをいただいたし佐藤善治郎・佐藤吉郎・松野寛・柴
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 表門復元に伴う発掘調査報告書(平成12年度)
Volume :
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 秋田市 - 秋田県
Publisher : 秋田市教育委員会
Publish Date : 20010330
Submit Date : 2013-09-12
度に黒門復元に伴う発槻靖益を実絡している。そして、平成9 年僧・1 ~にはま長門復元に{半う発抱調査が実施され、表門に伴う礎石地積石・石伊j 土a !' <b>石垣</b>坤t 確認された。礎石は6 是正確認され、桁行は正面3 間( 2 . 1 + 4
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 95
Author : 大野 憲司
Participation-organizations : 秋田県教育委員会 - 秋田県
Publisher : 秋田県教育委員会
Publish Date : 19820331
Submit Date : 2013-01-17
Highlight was not work when hit position over 50000 character
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 72
Participation-organizations : 秋田県教育委員会 - 秋田県
Publisher : 秋田県教育委員会
Publish Date : 19800331
Submit Date : 2013-01-17
*r1í'l"l: IIJ o <b>石垣</b>い)本iJ~'P 、j立物をたむη市欽;ÎiJ.i: 褐色( l O Y R 4 / 4 i を多くかみ、' j ,{ i 宰カーはいI J i 主む{ f } 悶
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 秋田中央道路建設事業に係る埋蔵文化財発掘調査報告書
Volume :
Series Number : 412
Author : 利部 修
Participation-organizations : 秋田県教育委員会 - 秋田県
Publisher : 秋田県教育委員会
Publish Date : 20060331
Submit Date : 2013-05-14
性強。Ⅷ層黒色砂質土~粘土Ⅸ層黄褐色粘土第4図②の図は穴門地区東壁基本土層図である。0層にぶい黄褐色土(10YR4/3)砂礫土。小礫多量に含む。しまり強。<b>石垣</b>造成地に構築。Ⅰ層ヘドロ。Ⅱa層
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume : 14
Series Number : 61
Participation-organizations : 鹿角市 - 秋田県
Publisher : 鹿角市教育委員会
Publish Date : 19980331
Submit Date : 2018-08-15
Highlight was not work when hit position over 50000 character
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 国道282号交通安全施設等整備事業に係る埋蔵文化財発掘調査報告書
Volume :
Series Number : 462
Participation-organizations : 秋田県教育委員会 - 秋田県
Publisher : 秋田県教育委員会
Publish Date : 20100831
Submit Date : 2013-02-06
)年刊行の報告書中では「郭」と表記している。しかし、城郭の<b>石垣</b>・堀・塀による区画を「郭」、山城の削平して設けた平坦面を「曲輪」と表記する近年の傾向に則り、表記を「曲輪」とした。磨
Thumnail
Subtitle : 中山遺跡
Volume :
Series Number : 246
Author : 小畑 巌
Participation-organizations : 秋田県教育委員会 - 秋田県
Publisher : 秋田県教育委員会
Publish Date : 19940331
Submit Date : 2013-02-25
J 品色( ] ( ) YIU/~) ンルトーfrl1!を台、まず、<b>石垣</b>' . l ' . t 喜色( l O Y " . 1 0トI 也1 1 1 1 : 1 ,地1 1 1 ' ) 、ブロy ク
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series :
Series Number :
Author : 菅原 俊行
Participation-organizations : 秋田市 - 秋田県
Publisher : 秋田市教育委員会
Publish Date : 19800331
Submit Date : 2013-06-26
石器と呼ばれるものは、左右両面が剥離されるもので、鋸としての機能が考えられる。出土数が少ないので詳述はできなかった。檎先状荷器( 第6 1 図4~16) 硬質頁岩製のものである。削器( 第6 1 図1 7 ) <b>石垣</b>