Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
23947 reports
( Participation 467 Orgs )
report count
63794 reports
( compared to the privious fiscal year + 15358 reports )
( Participation 1596 Orgs )
site summary count
127510 reports
( compared to the privious fiscal year + 33562 reports )

Simple Search

Publish Year1965 - 1969

( "stone wall" OR 石垣 )

Site Name・Site Name Transcription・Address・Address Transcription・Site Number
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 岡山市 - 岡山県
Publisher : 岡山市教育委員会
Publish Date : 19680325
Submit Date : 2010-01-06
徳筒浅慮健,出宮徳育1 0 1 5 〝北に伸び尾根と,北に伸びた尾根と,.1 2 挿図2;この丸西列石状<b>石垣</b>2 の丸西列石状<b>石</b>:<b>垣</b>都市化にともなう社会開発の進展によれ文化財の保護保存については,ま
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 竜丘
Volume :
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 飯田市 - 長野県
Publisher : 飯田市教育委員会
Publish Date : 19670331
Submit Date : 2011-05-16
様子や、墳丘がなだらかの傾斜であるが、その据は80οηの高さの<b>石垣</b>で終っていることを明にし、数百片に及ぶ埴輪円筒片を採集した。・6月12日宮下勝美が墳丘の追加実倶1を行なった。・6月18日
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 岡山市 - 岡山県
Publisher : 富山城跡調査団
Publish Date : 19690331
Submit Date : 2010-01-06
版富山城跡全景富山城古絵図本丸礎石列(浮田時代)本丸礎石比較本丸北上<b>石垣本丸北下石垣</b>踏石状敷石本丸西上<b>石垣</b>本丸瓦、カワラケ出土状態本丸城門<b>石垣</b>本丸城門桝形奥仕切本丸礎石(松田後期)本丸北掘り切り(松田後期)本丸版築(ク)本
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series :
Series Number :
Author : 高松市
Participation-organizations : 高松市 - 香川県
Publisher :
Publish Date : 19671200
Submit Date : 2019-01-18
図問八八図問右屈礎石据付阿右ハ七図三重旧腕木の残存状態第ニニヒ肉旧太鼓捨台北礎地澤同一・ニ陸軸部箱︱‑i i i ハ心凶l n l 八六図何右右同一陪床ヵ第一竺五図阿同<b>石垣</b>解体中何第二苫四図同一預腕木詳湘右同右第ご二三図阿ハ一エ図阿北面の下部i 取
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 仙台市 - 宮城県
Publisher : 仙台市教育委員会
Publish Date : 19670331
Submit Date : 2014-02-28
北にその偉容を誇りました︒明治維新により︑本丸は販り壊され︑また二の九も焼失するなど建物のほとんどが失われ︑わずかにのこった大手門と︑隅櫓も昭和二十年の戦災で焼失し︑現在われわれにはその全貌を目にすることができません︒ただのこされた<b>石垣</b>
Thumnail
Subtitle : 東北縦貫自動車道遺跡
Volume :
Series Number : 18
Participation-organizations : 宮城県教育委員会 - 宮城県
Publisher : 宮城県教育委員会
Publish Date : 19690331
Submit Date : 2013-08-08
動車道予定路線を中心とした一キロ幅員の地域に所在する遺跡の発見・調査に当つた︒調査地域︑調査担当委員︑補助員名︑左の通り︒仙台市佐々木安彦宮城町中野博佐々木甚三郎泉町山県一男斎藤誠一富谷町小水達夫中川良一大和町<b>石垣</b>
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series :
Series Number :
Author : 山本 清
Participation-organizations : 島根県教育庁 - 島根県
Publisher : 島根県教育委員会
Publish Date : 19670000
Submit Date : 2010-06-25
丘の南斜面の第一列石の上下両側を発掘し︑件の暗渠がここまで下降しており︑さらに下方へ通じている状態が明らかとなった︒第1図墳丘調査区分図墳丘斜面には<b>石垣</b>状の列石が認められるので︑ごみや若子の上を取り除いて明瞭にする程度で特別に発掘は
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 長野市若穂長原古墳群緊急発掘調査報告
Volume : 1
Series Number : 1
Participation-organizations : 長野市 - 長野県
Publisher : 長野市教育委員会
Publish Date : 19681025
Submit Date : 2011-06-10
わゆる古墳としての外形を保っていたのは,第1号墳と第7 号墳の2 基だけであった。この2 基を除くものは堤防状の<b>石垣</b>のごとく見える第2号墳・第3号墳・第4 号墳・第5 号墳・第1 8 号墳や,畑地耕作の際,耕
Thumnail
Subtitle : 鎌倉時代(13世紀)における蒙古襲来に対する石築地の考古学的調査
Volume :
Series Number : 3
Author : 柳田 純孝
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 19680331
Submit Date : 2016-07-17
の桧原地区を先ず遠足したのは︑九州大学分院裏の2 防塁が約六〇メートルにわ舟∵り防潮擬築造にあたって︑〜前面の<b>石垣</b>部をあらわし︑このまゝでは崩壊のおそれがあったためと︑生の桧原地区は近年海水浴場となり防塁上面の破壊がひどく︑急
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 農面道路新設に伴う
Volume :
Series :
Series Number :
Author : 門脇 俊彦
Participation-organizations : 邑南町 - 島根県
Publisher : 島根県川本農林土木事務所
Publish Date : 19690200
Submit Date : 2010-05-28
長尾原遺跡中ノ原区実測及調査区域位置図―……後代<b>石垣</b>位置長尾原2号墳―``ヽ、、、、も0 '0 50m たものであることは明白となったし︑又石組自体の博造も横穴式石室のそれとは異っていることも判明した︒調
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 竜丘
Volume :
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 飯田市 - 長野県
Publisher : 飯田市教育委員会
Publish Date : 19680331
Submit Date : 2011-05-16
後数日調査員が現地に,1り、或}ま床面に掘り下げてあつたピツトを精査し、多くの土師器を得たり、竪穴断面の実測を行なった。10月15日掘り下げた道路の惧1壁に<b>石垣</b>をくみ、コンクリート壁を作りはじめたため、以
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 昭和42年度
Volume :
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 長野県教育委員会 - 長野県
Publisher : 長野県教育委員会
Publish Date : 19680301
Submit Date : 2011-05-16
(7.500m2) `調査年月日昭和42年12月4日調査者官坂虎次、林賢、武藤雄六、武藤盈調査状況国鉄中央線の西約350mにある。国道20号線の<b>石垣</b>によつて画されているが、かつては傾斜面であつたものであろう。宮
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 2
Participation-organizations : 長野県教育委員会 - 長野県
Publisher : 長野県教育委員会
Publish Date : 19660301
Submit Date : 2011-05-16
の主要部は山浦計典氏の宅地ならびに同氏の所有畑となっている︒その東南二方は断崖となり︑西北二方は高さ一0八腐ほどの<b>石垣</b>に囲まれ︑屋敷の入口には真雄が小諸城主牧野氏安泰のために建てたと思われる石燈籠がある︒それについで老楓と配石の趣ある庭園となり︑続
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 6
Author : 水野 正好
Participation-organizations : 滋賀県教育委員会 - 滋賀県
Publisher : 滋賀県教育委員会
Publish Date : 19680330
Submit Date : 2014-03-21
Highlight was not work when hit position over 50000 character
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 18
Participation-organizations : 佐賀県教育委員会文化財課 - 佐賀県
Publisher : 佐賀県教育委員会
Publish Date : 19693301
Submit Date : 2016-12-08
Highlight was not work when hit position over 50000 character
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 福岡市有田古代集落遺跡第二次調査報告
Volume :
Series Number : 2
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 19680331
Submit Date : 2016-07-17
Highlight was not work when hit position over 50000 character
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 中野市安源寺遺跡緊急発掘調査報告
Volume : 1
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 中野市 - 長野県
Publisher : 中野市教育委員会
Publish Date : 19670331
Submit Date : 2013-01-11
た鎗と山城とを結ぶ制上K接して字「清水JV C 東西2 7 1 1 品、南北1 1mの1 1 : 1 安源寺の執上がある。附近κは五給塔がi 波乱し、井戸側の<b>石垣</b>も塔石で組立てられている始末である。ζれらは中世の面影をi