Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
23767 reports
( Participation 463 Orgs )
report count
62433 reports
( compared to the privious fiscal year + 13978 reports )
( Participation 1584 Orgs )
site summary count
126912 reports
( compared to the privious fiscal year + 32991 reports )

Simple Search

Tag器種

( "keyhole tomb" OR 前方後円墳 )

Site Name・Site Name Transcription・Address・Address Transcription・Site Number
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 88
Participation-organizations : 赤穂市 - 兵庫県
Publisher : 赤穂市教育委員会
Publish Date : 20190331
Submit Date : 2019-10-04
した。有年地区の文化財は、これまでの継続的な調査や報告書の刊行によって、その全貌が明らかになりつつあります。調査の進む中、市内初の<b>前方後円墳</b>、放亀山1号墳が発見されたことは非常な驚きでありました。遺
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 吉武遺跡群第9次調査旧石器時代調査報告
Volume :
Series Number : 731
Author : 横山 邦継
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 20020329
Submit Date : 2017-06-23
業が完結する昭和60年度まで調査を継続しました。発掘調査の結果、各時代の豊富な遺構・遺物が検出されました。それらは、紀元前二世紀に遡る弥生時代前期末から中期初頭期の特定集団墓地や大形掘立柱建物群、紀元前後の墳丘墓、古墳時代中期の帆立貝式<b>前方後円墳</b>
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 1
Participation-organizations : 広島市 - 広島県
Publisher : 財団法人広島市歴史科学教育事業団
Publish Date : 19910300
Submit Date : 2016-06-22
蔵文化財の調査件数が急激に増加しており,極楽寺山から広島湾に向かって延びる丘陵上に位置する倉重向山遺跡も,宅地造成に伴い,記録保存のための調査を行ったものです。この発掘調査は,平成2年5月から9月まで実施しました。その結果,この地域を統括した首長の墓である<b>前方後円墳</b>
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 御経塚第二土地区画整理事業に係る埋蔵文化財発掘調査報告書Ⅲ
Volume :
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 野々市市 - 石川県
Publisher : 野々市町教育委員会
Publish Date : 20010331
Submit Date : 2014-04-16
Highlight was not work when hit position over 50000 character
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 63
Participation-organizations : 松山市 - 愛媛県
Publisher : 松山市教育委員会/財団法人松山市生涯学習振興財団埋蔵文化財センター
Publish Date : 19980331
Submit Date : 2011-11-21
代においては久米地区に所在する久米高畑遺跡群からは、大規模な官衛遺構が検出され、そのなかには斉明天皇の石湯特督に推定されるものもあります。今回報告します「朝日谷2号墳」は、平野北西部の大峰ヶ台丘陵にあり、斎灘・伊予灘を一望する松山平野最古の<b>前方後円墳</b>
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 生目5号墳発掘調査報告書
Volume :
Series Number : 80
Author : 稲岡 洋道
Participation-organizations : 宮崎市 - 宮崎県
Publisher : 宮崎市教育委員会
Publish Date : 20100331
Submit Date : 2011-09-17
出土土師器観察表…………¨…………………………………¨……………………………56 第11表生目古墳群内既調査<b>前方後円墳</b>外表施設整理……………………………………………62 挿図次第1図宮崎市の位置¨…………………¨……………………………¨¨¨…………………………¨………………1
Thumnail
Subtitle : 四国横断自動車道建設に伴う埋蔵文化財発掘調査報告
Volume : 25
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 香川県教育委員会 - 香川県
Publisher : 香川県教育委員会 | 財団法人香川県埋蔵文化財調査センター | 日本道路公団
Publish Date : 19961129
Submit Date : 2010-03-18
Highlight was not work when hit position over 50000 character
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 経石山古墳2次・枝松5次・樽味高木4次・桑原田中3次・畑寺6号墳
Volume :
Series Number : 58
Participation-organizations : 松山市 - 愛媛県
Publisher : 松山市教育委員会/財団法人松山市生涯学習振興財団埋蔵文化財センター
Publish Date : 19970321
Submit Date : 2011-11-21
生涯学習振興財団埋蔵文化財センターが桑原地区において緊急発掘調査した5遺跡についての調査報告書です。今回報告します経石山古墳2次調査では、県指定有形文化財として周知の経石山古墳(<b>前方後円墳</b>)の周溝を検出し、枝松遺跡5次
Thumnail
Subtitle : カネガ谷遺跡・延谷東遺跡・勝明寺谷古墳群・助ヶ谷古墳群・東林院古墳群・西山谷古墳群・大谷山田遺跡・大代古墳・辺露遺跡 本文編 第2分冊
Volume :
Series Number : 62
Participation-organizations : 徳島県教育委員会 - 徳島県
Publisher : 徳島県教育委員会 | 日本道路公団 | 財団法人徳島県埋蔵文化財センター
Publish Date : 20050930
Submit Date : 2011-06-17
の標高79〜119mの尾根上に所在する。この地域は宮谷古墳(<b>前方後円墳</b>)の所在する徳島市国府町の気延山周辺と並び、周辺一帯には多数の古墳群が密集する地域として周知され、以
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 4
Author : 泉 武
Participation-organizations : 天理市 - 奈良県
Publisher : 天理市教育委員会
Publish Date : 19900300
Submit Date : 2013-07-02
Highlight was not work when hit position over 50000 character
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 博多遺跡群第28次発掘調査報告
Volume :
Series Number : 147
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 19870331
Submit Date : 2016-09-08
ノ.′捜蕊触感リー1 こ−一十g鱒′空輸−・.葦甕。−壙一番Ⅷ−博多遺跡群第28次発掘調査報告−廣福岡市埋蔵文化財調査報告書第147集遺跡略号HKT 調査番号8508 作業風景昭和62年3月31日福岡市教育委員会<b>前方後円墳</b>
Thumnail
Subtitle : 研究紀要
Volume : 12
Series :
Series Number :
Author : 森川 常厚
Participation-organizations : 三重県埋蔵文化財センター - 三重県
Publisher : 三重県埋蔵文化財センター
Publish Date : 20020900
Submit Date : 2017-08-30
に構築された井堰や、<b>前方後円墳</b>であることが判明したぬか塚が注目される。A.竪穴住居SH250(第13 図)調査区中央南端で検出した。南側は調査区外で、しかも水田開発による削平を受けているため不明確であるが、一辺7.8m
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 第2次発掘調査報告
Volume :
Series Number : 2
Author : 名倉 聡
Participation-organizations : 広陵町 - 奈良県
Publisher : 広陵町教育委員会
Publish Date : 20070320
Submit Date : 2012-06-19
に残存する墳丘の西側が崩落し、この復旧作業に伴う範囲確認調査が実施された(第1次調査)。この調査で水田面下から前方部が検出され、西面する小型の<b>前方後円墳</b>であることが確認された。周濠内からは円筒埴輪の他、鶏形埴輪、蓋形埴輪、人
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 土浦北工業団地造成地内埋蔵文化財調査報告書
Volume : 3
Series Number : 94
Author : 江幡 良夫
Participation-organizations : (公財)茨城県教育財団 - 茨城県
Publisher : 財団法人茨城県教育財団
Publish Date : 19950331
Submit Date : 2017-01-05
接する原田北・原田西・西原遺跡とともに弥生時代後期の大集落跡を形成する。弥生時代(後期) 竪穴住居跡57軒土器棺墓3基方形周溝墓8基<b>前方後円墳</b>1基土坑99基,溝8条弥生式上器,紡錘車, 石鏃,穂摘具,磨
Thumnail
Subtitle : 十万原新住宅市街地開発事業・都市計画道路十万原東西線街路整備事業地内埋蔵文化財調査報告書
Volume :
Series Number : 208
Participation-organizations : (公財)茨城県教育財団 - 茨城県
Publisher : 財団法人茨城県教育財団
Publish Date : 20030321
Submit Date : 2017-01-16
),須恵器(杯,高台付杯,短頸壷,甑,嚢,多孔土器),砥石,鉄製品(刀子)弥生土器片,土師<b>前方後円墳</b>4 基で主体部は,横穴式石室−1 ,木棺直葬−3 ,横穴式木室…1 と判断される。古墳時代の住居跡からS
Thumnail
Subtitle : 中根・金田台特定土地区画整理事業地内埋蔵文化財調査報告書
Volume : 9-1
Series Number : 285-1
Participation-organizations : (公財)茨城県教育財団 - 茨城県
Publisher : 財団法人茨城県教育財団
Publish Date : 20070323
Submit Date : 2011-08-18
器・石製品(磨石・砥石・支脚),鉄器(刀子)帆立貝式の<b>前方後円墳</b>1基が確認されており,古墳の周溝を掘り込む土壙からは円筒埴輪棺が確認されている。ふりがな書名副書名巻次シリーズ名シリーズ番号編著者名編
Thumnail
Subtitle : 中根・金田台特定土地区画整理事業地内埋蔵文化財調査報告書
Volume : 9-2
Series Number : 285-2
Participation-organizations : (公財)茨城県教育財団 - 茨城県
Publisher : 財団法人茨城県教育財団
Publish Date : 20070323
Submit Date : 2011-08-18
Highlight was not work when hit position over 50000 character
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 北関東自動車道(協和~友部)建設事業地内埋蔵文化財調査報告書
Volume : 5
Series Number : 226
Author : 横倉 要次
Participation-organizations : (公財)茨城県教育財団 - 茨城県
Publisher : 財団法人茨城県教育財団
Publish Date : 20040326
Submit Date : 2014-12-22
期の古墳群が中心の複合遺跡である。弥生竪穴住居跡17軒弥生土器(壷・高年),土製品土器棺墓1基(紡錘車),石器(石斧・石皿・磨石)縄文時代の住居跡から,石棒と独鈷石が確認された。<b>前方後円墳</b>は,後門部の墳古墳竪穴住居跡11軒土師器(杯
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 主要地方道つくば古河線歩道新設事業地内埋蔵文化財調査報告書
Volume :
Series Number : 411
Author : 海老澤 稔
Participation-organizations : (公財)茨城県教育財団 - 茨城県
Publisher : 公益財団法人茨城県教育財団
Publish Date : 20160318
Submit Date : 2018-08-22
古墳は,約150 m東に位置している当古墳群で最大規模の香取神社古墳と同じ向きで,前方部が北側に位置する<b>前方後円墳</b>の可能性があります。大きさは,主軸内縁で45 mほどと推定され,当
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 一般県道福頼市山伯耆大山(T)線地方特定道路整備工事に伴う埋蔵文化財発掘調査報告
Volume :
Series Number : 58
Participation-organizations : (公財)鳥取県教育文化財団 - 鳥取県
Publisher : 財団法人鳥取県教育文化財団鳥取県埋蔵文化財センター
Publish Date : 19980331
Submit Date : 2009-01-26
の地域は古くから遺跡の宝庫としても知られており、弥生時代から古墳時代にかけての住居跡が多数見つかった越敷山遺跡群、西伯者最大の<b>前方後円墳</b>である三崎殿山古墳、三角縁神獣鏡が出土した普段寺1・2号填、人物埴輪の出土した後硲山古墳など古代の人々の

Refine my results

Tag
Participation-organizations
Report Type
Publish Year
Auther