Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
23767 reports
( Participation 463 Orgs )
report count
62433 reports
( compared to the privious fiscal year + 13978 reports )
( Participation 1584 Orgs )
site summary count
126912 reports
( compared to the privious fiscal year + 32991 reports )

Simple Search

Participation-organizations鳥取県

( "keyhole tomb" OR 前方後円墳 )

Site Name・Site Name Transcription・Address・Address Transcription・Site Number
Subtitle :
Volume :
Series Number : 29
Author : 眞田 廣幸
Participation-organizations : 倉吉市 - 鳥取県
Publisher : 倉吉市教育委員会
Publish Date : 19830319
Submit Date : 2019-03-28
6世紀中ごろの全長26mの<b>前方後円墳</b>。
Subtitle : 桂見ニュータウン造成事業に伴う発掘調査報告書
Volume :
Series :
Series Number :
Participation-organizations : (公財)鳥取市文化財団 - 鳥取県
Publisher : (財)鳥取市教育福祉振興会
Publish Date : 19930331
Submit Date : 2018-12-15
<b>前方後円墳</b>1基,円墳4基,円墳1基を調査桂見6号墳全長24.5mの<b>前方後円墳</b>
Subtitle : 鳥取中核工業団地(仮称)整備事業に伴う試掘調査
Volume :
Series Number : 14
Author : 中道 秀俊
Participation-organizations : 鳥取市 - 鳥取県
Publisher : 河原町教育委員会
Publish Date : 20020322
Submit Date : 2019-03-28
円墳4基と<b>前方後円墳</b>1基が考えられる。
Subtitle : 地域高規格道路(江府・三次線)建設に伴う試掘調査報告書
Volume :
Series Number : 10
Author : 渡辺 輝紀
Participation-organizations : 日南町 - 鳥取県
Publisher : 日南町教育委員会
Publish Date : 19980320
Submit Date : 2019-03-28
古墳(円墳または<b>前方後円墳</b>)1
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 一般国道9号(羽合道路)改築工事に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
Volume : 1
Series Number : 26
Participation-organizations : (公財)鳥取県教育文化財団 - 鳥取県
Publisher : 財団法人鳥取県教育文化財団
Publish Date : 19910331
Submit Date : 2009-01-26
落跡3か所と古墳12基が調査され、砂丘下の大集落であった長瀬高浜遺跡の空白期問を埋める時期の集落跡が丘陵地で調査されたことや特異な埋葬形態をもつ<b>前方後円墳</b>が調査されたことは、郷
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 一般県道東郷羽合線地方特定道路整備事業に伴う発掘調査報告書
Volume :
Series Number : 48
Participation-organizations : (公財)鳥取県教育文化財団 - 鳥取県
Publisher : 財団法人鳥取県教育文化財団
Publish Date : 19960331
Submit Date : 2009-01-26
月から、東郷町で調査を行いました。その結果、山陰最大級の主体部を持つ、弥生時代後期の墳丘墓をはじめとし、同時代の多数の土墳墓、また、この後に築造される<b>前方後円墳</b>などが調査されました。これらは、郷
Subtitle : 一般国道183号道路改良事業に係る埋蔵文化財発掘調査報告書
Volume : 2
Series Number : 73
Author :
Participation-organizations : (公財)鳥取県教育文化財団 - 鳥取県
Publisher : 財団法人鳥取県教育文化財団
Publish Date : 20010331
Submit Date : 2018-12-15
葺石を伴う<b>前方後円墳</b>
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume : 12
Series Number : 120
Participation-organizations : 倉吉市 - 鳥取県
Publisher : 倉吉市教育委員会
Publish Date : 20030320
Submit Date : 2009-09-30
のトレンチとも墳丘部分に川原石が集中しており、古墳の茸石と考えられる。トレンチ周辺の地形から、丘陵頂部のほとんどの部分を占める全長約5 5 m の<b>前方後円墳</b>と特輯される。このため計画される一般県道倉吉環状線の路線変吏も含めた再検討が必要で、あるO
Subtitle : 洞ノ原地区・晩田山古墳群発掘調査報告書
Volume :
Series Number : 50
Participation-organizations : 米子市 - 鳥取県
Publisher : 淀江町教育委員会
Publish Date : 20000321
Submit Date : 2019-03-28
古墳(<b>前方後円墳</b>・横穴式石室・箱式石棺2)
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 不入岡遺跡・沢ベリ遺跡2次調査
Volume :
Series Number : 83
Participation-organizations : 倉吉市 - 鳥取県
Publisher : 倉吉市教育委員会
Publish Date : 19950320
Submit Date : 2009-01-26
後の小円墳からなる古墳群が多く分布する。後期古墳をみると、高鼻2号墳(9・全長26m)・大塚山古墳(5・全長52m)といった<b>前方後円墳</b>が知られる。小林古墳群(63)・イザ原古墳群(65)は沢べリ遺跡と谷を挟んで四王寺山麓に位置しており、こ
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 一般国道9号(青谷・羽合道路)改築工事に伴う発掘調査報告書
Volume : 1
Series Number : 54
Participation-organizations : (公財)鳥取県教育文化財団 - 鳥取県
Publisher : 財団法人鳥取県教育文化財団鳥取県埋蔵文化財センター
Publish Date : 19980331
Submit Date : 2009-01-26
墳墳丘部分から行った。その結果、縄文時代と思われる落とし穴2基、古墳時代後期の全長約30mの<b>前方後円墳</b>である石脇8号填、時期不明の竪穴住居跡1基、溝状遺構5条、土坑及び不明土壌計4基を検出した。この地区の発掘作業は10月
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 一般県道福頼市山伯耆大山(T)線地方特定道路整備工事に伴う埋蔵文化財発掘調査報告
Volume :
Series Number : 58
Participation-organizations : (公財)鳥取県教育文化財団 - 鳥取県
Publisher : 財団法人鳥取県教育文化財団鳥取県埋蔵文化財センター
Publish Date : 19980331
Submit Date : 2009-01-26
の地域は古くから遺跡の宝庫としても知られており、弥生時代から古墳時代にかけての住居跡が多数見つかった越敷山遺跡群、西伯者最大の<b>前方後円墳</b>である三崎殿山古墳、三角縁神獣鏡が出土した普段寺1・2号填、人物埴輪の出土した後硲山古墳など古代の人々の
Subtitle :
Volume :
Series Number : 142
Participation-organizations : 倉吉市 - 鳥取県
Publisher : 倉吉市教育委員会
Publish Date : 20130329
Submit Date : 2019-03-28
横穴式石室を主体とする古墳群で、うち1基は全長約25mの<b>前方後円墳</b>であることを確認。
Subtitle : 不入岡遺跡・沢ベリ遺跡2次調査
Volume :
Series Number : 85
Participation-organizations : 倉吉市 - 鳥取県
Publisher : 倉吉市教育委員会
Publish Date : 19960319
Submit Date : 2019-03-28
<b>前方後円墳</b>1基、造出し付き円墳5基、円墳11基、方墳1基、横穴式石室墳1基を検出。特徴ある人物埴輪も出土している。
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 鳥取大学構内における考古学遺跡の調査2
Volume :
Series Number : 9
Author : 中村 徹
Participation-organizations : (公財)鳥取県教育文化財団 - 鳥取県
Publisher : 財団法人鳥取県教育文化財団
Publish Date : 19820131
Submit Date : 2011-03-01
月に鳥取大学の湖山移転が行われてから15年経過しました。この湖山キャンパスは風光明媚な湖山池を望む台地に立地し、台地上には<b>前方後円墳</b>を含む古墳群や散布地が分布しておりますが、鳥
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 117
Author : 森下 哲哉
Participation-organizations : 倉吉市 - 鳥取県
Publisher : 倉吉市教育委員会
Publish Date : 20020320
Submit Date : 2009-01-26
ついて事前に発掘調査を実施することとなった。発掘調査は、平成13年度の国・県の補助を受けて、倉吉市教育委員会が主体となり、平成13年11月7日〜11月30日まで実施した。なお、今回発掘調査した2基の古墳は、丘陵は異なるものの昭和57年度に発掘調査した<b>前方後円墳</b>
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 103
Author : 岡本 智則
Participation-organizations : 倉吉市 - 鳥取県
Publisher : 倉吉市教育委員会
Publish Date : 20000324
Submit Date : 2009-01-26
穴式石榔を主体部とし、国分寺古墳とほぼ同時期に築造された宮ノ峰支群19号墳(方墳・一辺27m)・21号墳(円墳・直径30m)を初現とする。次に東郷湖周辺に馬ノ山2号墳(<b>前方後円墳</b>・全長68m)・4号墳(<b>前方後円墳</b>・全
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 姫鳥線整備促進関連事業に係る下味野40~44号墳の発掘調査報告書
Volume :
Series :
Series Number :
Participation-organizations : (公財)鳥取市文化財団 - 鳥取県
Publisher : 財団法人鳥取市文化財団
Publish Date : 20020331
Submit Date : 2009-01-26
境を含め古海古墳群、徳尾古墳群が前期古墳として知られている。中期になって<b>前方後円墳</b>としてそれぞれ未調査のため内容は不明瞭ながら、里仁29号墳(全長85m)が、やや遅れて棉間1号墳(全長92m)、前方後方墳では古海36号
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 8
Participation-organizations : (一財)米子市文化財団 - 鳥取県
Publisher : 財団法人 米子市教育文化事業団
Publish Date : 19940331
Submit Date : 2017-08-14
丘多葬例として注目されている日原6号築⑤が知られ、これは1 辺2 0 m の方墳で台状墓的な様相が強い。古墳時代中期は<b>前方後円墳</b>がもっとも巨大化する時期であり、会見町三崎殿山古墳は全長1 1 0 m の<b>前方後円墳</b>
Thumnail
Subtitle : 谷地区急傾斜地崩壊対策事業に係る発掘調査報告書
Volume :
Series :
Series Number :
Author : 前田 均
Participation-organizations : (公財)鳥取市文化財団 - 鳥取県
Publisher : 財団法人 鳥取市文化財団
Publish Date : 20080229
Submit Date : 2010-02-05
れらの古墳群の中には、群の中心的位置づけとなる<b>前方後円墳</b>が多くみられ、大平1号墳(宮ノ下27号墳全長39.4 m)、美歎4号墳(全長38m)、美歎43号墳(全長22.5m)、町屋31号墳(全長23m)、高岡30号墳(全