Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
23882 reports
( Participation 467 Orgs )
report count
63672 reports
( compared to the privious fiscal year + 15228 reports )
( Participation 1596 Orgs )
site summary count
127146 reports
( compared to the privious fiscal year + 33242 reports )

Simple Search

Tag器種 Auther渡辺正巳

( "keyhole tomb" OR 前方後円墳 )

Site Name・Site Name Transcription・Address・Address Transcription・Site Number
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 7
Participation-organizations : 島根県教育庁 - 島根県
Publisher : 島根県教育委員会 | 国土交通省中国地方整備局
Publish Date : 20110318
Submit Date : 2018-02-19
ノ上遺跡の発掘調査結果をまとめたものです。堂ノ上遺跡は、益田平野の東側に広がる久城町の台地に立地しています。この地域には、国指定史跡で、県内最大級の<b>前方後円墳</b>の可能性も指摘される、スクモ塚古墳が存在しており、古
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 大社町立大社小学校改築工事に伴う発掘調査報告書
Volume :
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 出雲市 - 島根県
Publisher : 大社町教育委員会
Publish Date : 20050131
Submit Date : 2009-11-24
もに国指定)、五輪塔18 西谷墳墓翠弥生四隅突出型墳丘墓、特殊器台19 大念寺古墳古墳91m の<b>前方後円墳</b>、横穴式石室国史跡指定20 天神遺跡弥生環濠集落跡、土師器、須恵器21 上塩冶横穴墓群古墳34支群115穴
Thumnail
Subtitle : (第1分冊)松才遺跡 真野谷II遺跡 半坂古墓群 宮ノ前遺跡 正源寺遺跡(第2分冊)面白谷遺跡
Volume :
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 島根県教育庁 - 島根県
Publisher : 島根県埋蔵文化財調査センター
Publish Date : 20060331
Submit Date : 2009-04-28
本攻王地松江市東忌部町玉作跡D 中島遺跡松江市東忌部町玉作跡一部発堀D 486 弥陀原横穴群松江市乃白町横穴墓4 発掘調査620 大角山古墳群松江市乃木福富町<b>前方後円墳</b>ほか6基629 垣ケ尻遺跡松江市西忌部町玉作跡630 砂
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 国道431号道路改築事業(東林木バイパス)に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
Volume : 6
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 島根県教育庁 - 島根県
Publisher : 島根県教育委員会
Publish Date : 20080331
Submit Date : 2009-06-25
墳は全長約52mの<b>前方後円墳</b>であり、竪穴式石榔から鉄製刃先などの鉄製品が出土した。古墳時代中期には出雲平野の南側に全長64mの<b>前方後円墳</b>である北光寺古墳が築かれる。調
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 一般県道白上横田線改良工事に伴う発掘調査報告書
Volume :
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 益田市 - 島根県
Publisher : 益田市教育委員会
Publish Date : 20120322
Submit Date : 2013-05-08
うした優勢な集団が姿を現していることは大いに注目されることといえる。[<b>前方後円墳</b>の登場]沖手遺跡や堂ノ上遺跡、あるいは中小路遺跡からは弥生時代終末期から古墳時代初期に属する近畿系土器が出土している。これらは<b>前方後円墳</b>
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 4
Participation-organizations : 島根県教育庁 - 島根県
Publisher : 国土交通省中国地方整備局・島根県教育委員会
Publish Date : 20040300
Submit Date : 2010-06-25
穴住居や方形周溝墓が検出されている。前期古墳としては、西谷墳墓群の同一丘陵上に古墳時代初頭に属する西谷7号墳(方墳)を始め、出雲地方では最古の<b>前方後円墳</b>となる可能性が考えられている平野北東部の丘陵状に築かれた大寺古墳、平
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 1
Participation-organizations : 島根県教育庁 - 島根県
Publisher : 島根県教育委員会
Publish Date : 20170930
Submit Date : 2018-09-10
時の海浜部に立地する中小古墳被葬者層に広域的な地域間交渉が存在していことを物語る。こうした特異な古墳群の出現は対外交渉結節点として重要な当地域の地理的特性を雄弁に物語るものと言えよう。古墳時代中期中葉には全長64m の大形<b>前方後円墳</b>
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 17
Participation-organizations : 島根県教育庁 - 島根県
Publisher : 国土交通省中国地方整備局出雲工事事務所 | 島根県教育委員会
Publish Date : 20030300
Submit Date : 2010-06-25
期後葉で全長約50mの<b>前方後円墳</b>である大寺1 号墳、円墳で筒形銅器や鏡を持つ山地古墳が発見されているが、先行する四隅突出方墳丘墓が同時期の全国的な首長墓のなかでも抜きん出る存在であったのに対し、規模。内
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 3
Participation-organizations : 島根県教育庁 - 島根県
Publisher : 島根県教育委員会
Publish Date : 20171200
Submit Date : 2018-02-08
地域の地理的特性を生かした海上交易を中心とした広域的な地域間交流が想像される。古墳時代中期中葉には北光寺古墳(34)が築造される。御崎谷遺跡のすぐ南丘陵上に築かれ、この時期では出雲部最大規模の<b>前方後円墳</b>である。また、入海南岸地域では雲部3号墳(35
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 2
Participation-organizations : 島根県教育庁 - 島根県
Publisher : 島根県教育委員会
Publish Date : 20170630
Submit Date : 2018-09-03
地域の地理的特性を生かした海上交易を中心とした広域的な地域間交流が想像される。古墳時代中期中葉には北光寺古墳( 3 2 ) が築造される。御崎谷遺跡のすぐ南丘陵上に築かれ、この時期では出雲部最大規模の<b>前方後円墳</b>である。また、南岸地域では雲部3 号
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 3
Participation-organizations : 島根県教育庁 - 島根県
Publisher : 島根県教育委員会 | 国土交通省松江国道事務所
Publish Date : 20190329
Submit Date : 2019-03-26
耳社松山智弘1991「出雲における古墳時代前半期の土器の様相‐大東式の再検討」『島根考古学会誌』8 島根考古学会松山智弘2018「山陰」『前期古墳編年を再考する』中国四国<b>前方後円墳</b>研究会編【須恵器】大谷晃二1994「出