Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
23769 reports
( Participation 463 Orgs )
report count
62431 reports
( compared to the privious fiscal year + 13980 reports )
( Participation 1584 Orgs )
site summary count
126908 reports
( compared to the privious fiscal year + 32992 reports )

Simple Search

Auther小林義彦

( "keyhole tomb" OR 前方後円墳 )

Site Name・Site Name Transcription・Address・Address Transcription・Site Number
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 353
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 19930331
Submit Date : 2016-10-11
こには交流を物語る遺物が数多く残されています。福岡市の西部にある狭長な今宿平野には、朝鮮半島との交渉史を解き明かすうえで重要な<b>前方後円墳</b>が12基もあります。これらの<b>前方後円墳</b>群は4世紀から6世紀までの300年間に亘って造営され続けたもので、博
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 309
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 19920313
Submit Date : 2016-10-05
こには交流を物語る遺跡、が残されています。福岡市の西部にある狭長な今宿平野には、朝鮮半島との交渉史を解き明かすうえで重要な<b>前方後円墳</b>が1 2 恭もあります。これらの古境群は4 世紀から6 世紀までの2 0 0 年
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 卯内尺古墳群第2次調査報告
Volume :
Series Number : 1142
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 20120316
Submit Date : 2017-07-21
むを得ずに失われる文化財については記録を保存するための発掘調査を行っています。本書は、南区老司三丁目で実施した卯内尺古墳群の発掘調査報告書です。卯内尺古墳群の立地する那珂川中流域左岸の丘陵上には、老司古墳や卯内尺古墳など古墳時代前期の<b>前方後円墳</b>が数多
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 博多遺跡群第167次調査報告
Volume :
Series Number : 994
Author : 小林 義彦
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 20080331
Submit Date : 2017-07-11
隣の商業ビル建設時に実施された第109次調査では、埴輪を伴った<b>前方後円墳</b>を発見している。そのため当該地にもこの期の遺構や遺物が濃密に拡がっていることが予想できることから同年7月18日に試掘調査を実施した。その糸吉巣、地表下1.3m
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 青木遺跡第2次発掘調査
Volume :
Series Number : 350
Author : 小林 義彦
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 19930331
Submit Date : 2016-10-11
岡市教育委員会序福岡市西端に拡がる狭長な今宿平野は、弥生時代の石器製作工房跡として著名な今山遺跡や今宿大塚古墳を初めとする12基の<b>前方後円墳</b>が分布し、豊かな自然と文化財に恵まれたところです。青木遺跡は、この今宿平野の東縁にあります。こ
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 297
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 19920315
Submit Date : 2016-10-04
紀代にかけての横穴式石室が大部分を占める。先年拝塚古墳が調査され5世紀前後の全長75mの<b>前方後円墳</b>であることが判明した。主体部は消滅し周溝と墳丘の一部が遺存しノている。墳丘からは円筒、形象埴輪列が検出され、この地域の有力首長の古墳である。ま
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 羽根戸古墳群B群5号墳の調査
Volume :
Series Number : 347
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 19930331
Submit Date : 2016-10-08
号墳が5世紀末迄続く。一方、室見川右岸には拝塚古墳や梅林古墳が築かれる。拝塚古墳は4世紀末〜5世摘己初頭に築かれた墳長70m の<b>前方後円墳</b>である。茸
Thumnail
Subtitle : 比恵遺跡群第120次調査報告
Volume :
Series Number : 1132
Author : 小林 義彦
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 20110318
Submit Date : 2017-07-20
調査)では、中期中葉~後期前半の大規模な水田が確認されている。古墳時代になると、台地の中央部に福岡平野で最古期の<b>前方後円墳</b>である全長85 mの那珂八幡古墳が造営され、そ
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 那珂遺跡群第139次調査報告
Volume :
Series Number : 1231
Author : 小林 義彦
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 20140324
Submit Date : 2019-04-24
形銅剣を副葬する甕棺墓を埋葬した墳丘墓も出現し、遺物も銅製鋤先や鍛造鉄斧などの金属器や各種木製農工具、建築材、漆製品など多種多様なものが出土している。古墳時代になると、台地の中央部に福岡平野で最古期の<b>前方後円墳</b>である全長が85mの
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 比恵遺跡群第109次調査報告
Volume :
Series Number : 1002
Author : 小林 義彦
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 20080317
Submit Date : 2017-07-11
期前半の大規模な水田が確認されている。古墳時代になると、台地の中央部に福岡平野で最古期の<b>前方後円墳</b>である全長拓mの那珂八幡古墳が造営され、その木棺内には三角縁神獣鏡が副葬されていた。これに続いて6世紀後半には、那珂八幡古墳の北測0mの
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 博多遺跡群第153次調査報告
Volume :
Series Number : 942
Author : 小林 義彦
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 20070330
Submit Date : 2017-07-07
丘長が56mを超える5世紀初頭に造営された<b>前方後円墳</b>の「博多1号墳」、第109次調査では「博多2号墳」が確認されている。これらの<b>前方後円墳</b>は、那珂川右岸に展開する<b>前方後円墳</b>群の一翼として位置づけられ、相
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 111
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 19840331
Submit Date : 2016-08-27
珂八幡古墳(<b>前方後円墳</b>)−2 −d T II 遺跡の立地と環境立地五十川遺跡群は那珂川右岸にひろがる中位段丘(Aso−Ⅳ火砕流)にあたる標高9.5m 〜10mの那珂丘陵の南東部縁に位置する。丘
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 井尻B遺跡第26次調査報告
Volume :
Series Number : 973
Author : 小林 義彦
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 20080331
Submit Date : 2017-07-08
墳時代になると、5世紀後半には丘陵南側の第2.5次調査で墳径が25mの<b>前方後円墳</b>の可能性がある円墳(井尻B1号墳)が造営される。「筑前園繚風土記拾遺」に記された「大塚」を想起させる。この間途絶した集落域は、6世
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 墳墓編
Volume :
Series Number : 161
Author : 小林 義彦
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 19870331
Submit Date : 2016-09-09
に臨んだこの狭小な平野を包括する首長クラスの墳墓であろう。この他に三(註6)角縁神獣鏡を副葬する古墳としては東区唯一の<b>前方後円墳</b>である名島古墳が挙げられる0 5世紀代になると、和白丘陵に竪穴式石室や竪穴系横言式石室をもつ飛山1.2号境がある0古
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 第1次調査
Volume :
Series Number : 296
Author : 小林 義彦
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 19920313
Submit Date : 2016-10-01
倉の低丘陵上には縄文時代から歴史時代にかけての遺跡が点在しています。殊に、弥生時代前期の甕棺墓に細型銅剣を副葬した飯倉原遺跡や5世紀後半に築造された<b>前方後円墳</b>である梅林古墳は著名です。今回発掘調査した飯倉A遺跡は、こ
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 那珂遺跡群67次調査の概要
Volume :
Series Number : 672
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 20010330
Submit Date : 2017-06-20
形銅剣を副葬する甕棺墓も出現する。遺物も、金属器や各種木製農耕具、漆製品などが出土している。古墳時代になると、台地の中央部に福岡平野で最古期の<b>前方後円墳</b>である全長85mの那珂八幡古墳が造営され、そ
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 長尾市営住宅建替に伴う発掘調査報告書
Volume :
Series Number : 417
Author : 小林 義彦
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 19950331
Submit Date : 2016-10-20
京ノ隈古墳は、粘土榔内の割竹式木棺を埋葬主体とした4世紀末の前方後方墳であり、神松寺御陵古墳は横穴式石室を内部主体とする6世紀後半の<b>前方後円墳</b>であるO樋井川流域では、この2墳
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 鋤崎古墳群A群第1次~第3次調査・鋤崎製鉄A遺跡第1次調査
Volume :
Series Number : 506
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 19970331
Submit Date : 2016-11-15
年1月30日に踏査を行い、11基の古墳を確認した。その後、事業計画の具体案を待つとともに、調査のための条件整備についての協議を重ねた。この折、古墳群の保存とともに、隣接する<b>前方後円墳</b>、鋤
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 野多目中央公園付設道路拡幅に伴う発掘調査報告書
Volume :
Series Number : 160
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 19870331
Submit Date : 2016-09-09
墳時代以降になると生産活動が活発になり、竪穴系横言式石室をもつ老司古墳や卵内尺古墳の他、上流域に多くの<b>前方後円墳</b>が展開し、集落址も急速に増加する。また、6世紀代の筑紫官家址と考えられる礎石群が三宅にあり、こ
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 諸岡B遺跡第23次調査報告
Volume :
Series Number : 1060
Author : 小林 義彦
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 20090331
Submit Date : 2017-07-13
陵上に展開する奴国を形成する有力な拠点的集落域で青銅器などが鋳造されていた。次の古墳時代にもこの様相は継続し、丘陵上には集落域とともに那珂八幡古墳や剣塚古墳、井尻B1号墳などの<b>前方後円墳</b>や前方後方墳のほかに小円墳が造営されている。古代には、井尻B遺