Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
23856 reports
( Participation 467 Orgs )
report count
62722 reports
( compared to the privious fiscal year + 14278 reports )
( Participation 1586 Orgs )
site summary count
127088 reports
( compared to the privious fiscal year + 33185 reports )

Simple Search

Autherパリノ・サーヴェイ株式会社

( "keyhole tomb" OR 前方後円墳 )

Site Name・Site Name Transcription・Address・Address Transcription・Site Number
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 主要地方道新湊平岡線道路改築事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
Volume :
Series Number : 114
Participation-organizations : 富山市 - 富山県
Publisher : 富山市教育委員会
Publish Date : 20020328
Submit Date : 2012-03-28
雲文化の影響を受けたと考えられる出現期の古墳群および杉谷A遺跡の方形周溝墓からはじまり、中期には古沢塚山古墳など畿内的墓制である<b>前方後円墳</b>が築造されるようになる。境野新遺跡では中期の集落跡が検出されており、古墳群形成の背景を示す。この南西3kmの
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 121
Participation-organizations : 松本市 - 長野県
Publisher :
Publish Date : 19960321
Submit Date : 2019-10-21
Highlight was not work when hit position over 50000 character
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : (主)姫路上郡線住宅宅地関連道路整備促進事業に伴う発掘調査報告書
Volume :
Series Number : 357
Participation-organizations : 兵庫県教育委員会 - 兵庫県
Publisher : 兵庫県教育委員会
Publish Date : 20090323
Submit Date : 2019-03-28
山遺跡では小型内行花文鏡が出土している。なお、有年原・田中遺跡では銅鐸形土製品が出土している。古墳時代では、従来千種川流域において明確な<b>前方後円墳</b>が確認されていなかったが、最近、初期の5 <b>前方後円墳</b>が2基確認された。正
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 368
Participation-organizations : 兵庫県教育委員会 - 兵庫県
Publisher : 兵庫県教育委員会
Publish Date : 20100320
Submit Date : 2017-06-30
0 年代以降の圃場整備に伴う調査によって縄文時代から弥生・古墳時代にかけての遺跡が数多く発見されている。市内の代表的な遺跡として、まず県内で第2位の大きさを誇る<b>前方後円墳</b>の雲部車塚古墳があげられる。歴
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 那珂遺跡群第68次調査の概要
Volume :
Series Number : 639
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 20000331
Submit Date : 2017-06-15
れと交替するように、比恵.那珂遺跡群の遺構分布は若干増大し、先述の「道路」の造営を一つの軸として新たな集落の再編成が行われたらしい。このような動きの中で福岡平野最古の古墳である全長85mの<b>前方後円墳</b>
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 第4次調査の成果
Volume :
Series Number : 43
Participation-organizations : ひたちなか市 - 茨城県
Publisher : 公益財団法人ひたちなか市生活・文化・スポーツ公社
Publish Date : 20180119
Submit Date : 2018-09-14
理山遺跡○○○○5 寺前<b>前方後円墳</b>○6 寺脇遺跡○○○7 大田房遺跡○○8 柳沢十二所遺跡○○○○○9 御所内Ⅰ遺跡○○○10 御所内Ⅱ遺跡○○○11 鍛冶屋遺跡○○12 前方遺跡○○○13 坂ノ上遺跡○○○○14
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 千葉市埋蔵文化財調査センター - 千葉県
Publisher : 千葉市教育委員会
Publish Date : 20140614
Submit Date : 2018-07-19
Highlight was not work when hit position over 50000 character
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 北陸新幹線関係発掘調査報告書
Volume : 3
Series Number : 138
Participation-organizations : 新潟県教育委員会 - 新潟県
Publisher : 新潟県教育委員会
Publish Date : 20050331
Submit Date : 2018-11-12
の<b>前方後円墳</b>で県史跡に指定されている。上越市(旧牧村)宮口古墳群(57)・(旧三和村)水科古墳群(58)も後期末の群集墳で、昭和50 年代の圃場整備事業によって発掘調査が行なわれ、良
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 播但連絡有料道路5期合併施工事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
Volume :
Series Number : 285
Participation-organizations : 兵庫県教育委員会 - 兵庫県
Publisher : 兵庫県教育委員会
Publish Date : 20050318
Submit Date : 2019-03-28
地色の強い南但馬の首長墓が営まれるが、中期初頭には但馬全域の覇権を掌握したと思われる池田古墳(5)が築かれる。全長141mの<b>前方後円墳</b>であり、主体部は竜山石製の長持形石棺の可能性もあることから、在地色を払拭した派遣首長との見方もある。次
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 北陸自動車道上越市春日・木田地区発掘調査報告書
Volume : 4
Series Number : 60
Participation-organizations : 新潟県教育委員会 - 新潟県
Publisher : 新潟県教育委員会
Publish Date : 19940331
Submit Date : 2018-11-27
」田1964〕。菅原古墳群には、<b>前方後円墳</b>1基と円墳31基が現存しており、かつては108基以上で構成される古墳群であったという。<b>前方後円墳</b>は、「菅原古墳」と呼ばれ、主軸長約30mを計る。後
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 県立新加古川病院整備事業に伴う発掘調査報告書
Volume :
Series Number : 379
Participation-organizations : 兵庫県教育委員会 - 兵庫県
Publisher : 兵庫県教育委員会
Publish Date : 20100324
Submit Date : 2019-03-28
Highlight was not work when hit position over 50000 character
Thumnail
Subtitle : 一般国道8号柏崎バイパス関係発掘調査報告書
Volume : 1
Series Number : 109
Participation-organizations : 新潟県教育委員会 - 新潟県
Publisher : 新潟県教育委員会
Publish Date : 20020329
Submit Date : 2018-12-15
の下谷地遺跡のすぐ西側にはほぼ同時期の中谷地遺跡があり、周辺一帯から西側丘陵にかけては、弥生後期から古墳時代にかけての遺跡(戸口遺跡、行塚遺跡、礼坊遺跡等)も集中しており、丘陵上には古墳時代前期と考えられる<b>前方後円墳</b>(行塚古墳)[金子1989]も
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 上信越自動車道関係発掘調査報告書
Volume : 5
Series Number : 93
Participation-organizations : 新潟県教育委員会 - 新潟県
Publisher : 新潟県教育委員会
Publish Date : 19990331
Submit Date : 2018-11-20
のうち菅原古墳群は最大の古墳群で、頸城平野唯一の<b>前方後円墳</b>を含む。現在に残されている調査記録によると、円墳4基の石室から直刀や鉄鑑、鎧の断片などが出土している。ほかの古墳でもほぼ共通して武器・武具が副葬されていることから、こ
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 上信越自動車道関係発掘調査報告書
Volume : 8
Series Number : 111
Participation-organizations : 新潟県教育委員会 - 新潟県
Publisher : 新潟県教育委員会
Publish Date : 20020329
Submit Date : 2018-12-15
が盗掘を受けているが出土品等は知られていない[植木・杉田1977]。1999 年の分布・確認調査において<b>前方後円墳</b>2 基が発見され、2001 年9 月新井市教育委員会・富山大学・新潟大学合同調査団により確認調査が行われ、1 号
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 新名神高速道路 箕面~神戸間(兵庫県域)建設に伴う発掘調査報告書
Volume :
Series Number : 496
Participation-organizations : 兵庫県教育委員会 - 兵庫県
Publisher : 兵庫県教育委員会
Publish Date : 20180125
Submit Date : 2019-09-04
の地域で特筆すべきは、勝福寺古墳であろう。6世紀前半に築かれた40mの<b>前方後円墳</b>で、後円部に2基の横穴式石室、前方部に1基の木棺直葬をもち、画文帯神獣鏡、象嵌をもつ太刀などが出土しており、この地域を代表する古墳である。豆
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 一般国道483号北近畿豊岡自動車道(春日和田山道路Ⅱ)建設に伴う発掘調査報告書
Volume : 1
Series Number : 316
Participation-organizations : 兵庫県教育委員会 - 兵庫県
Publisher : 兵庫県教育委員会
Publish Date : 20070309
Submit Date : 2019-08-27
辺の遺跡に目を向けてみると、朝来市和田山町内には但馬最大の<b>前方後円墳</b>である池田古墳や国史跡の竹田城をはじめ多くの遺跡が存在するが、ここでは特に筒江浦石遺跡の粘土採掘土坑とほぼ同時期と考えられる遺跡を、山
Thumnail
Subtitle : 高松東道路建設に伴う埋蔵文化財発掘調査報告
Volume : 6
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 香川県教育委員会 - 香川県
Publisher : 香川県教育委員会/香川県埋蔵文化財調査センター/建設省四国地方建設局
Publish Date : 19951220
Submit Date : 2011-09-17
Highlight was not work when hit position over 50000 character
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 府営和泉寺田住宅第3期建て替えに伴う発掘調査
Volume :
Series Number : 2012-2
Participation-organizations : 大阪府教育庁 - 大阪府
Publisher : 大阪府教育委員会
Publish Date : 20130331
Submit Date : 2017-02-20
期初頭には寺田遺跡第1次調査において小規模ながら鍛冶を伴う居住域が検出されている。これとほぼ時期を同じくして、松尾川の対岸南側約1km には、墳長約200m の<b>前方後円墳</b>である岸和田市摩湯山古墳が築造されている。古
Thumnail
Subtitle : 主要地方道茨木亀岡線道路整備工事に伴う発掘調査
Volume :
Series Number : 2014-4
Participation-organizations : 大阪府教育庁 - 大阪府
Publisher : 大阪府教育委員会
Publish Date : 20150331
Submit Date : 2016-10-19
賀遺跡においても、竪穴建物が多数みられる。中期の古墳は、安威川左岸に全長200m を超える<b>前方後円墳</b>である太田茶臼山古墳が築造される。周りには陪塚が7基存在するほか石山古墳、土保山古墳、二子山古墳、番
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 1
Participation-organizations : 島根県教育庁 - 島根県
Publisher : 島根県教育委員会
Publish Date : 20180322
Submit Date : 2018-04-03
年益田市教育委員会において発掘調査が行われた全長約86 mの<b>前方後円墳</b>である大元1号墳がある。中期には、久城地区の丘陵上にスクモ塚古墳が築造されている。埴輪列や葺石を伴う二段築成の墳丘をもつ。墳形はこれまで墳長57 mの