Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
23882 reports
( Participation 467 Orgs )
report count
63672 reports
( compared to the privious fiscal year + 15228 reports )
( Participation 1596 Orgs )
site summary count
127146 reports
( compared to the privious fiscal year + 33242 reports )

Simple Search

Auther森勇一

( fortress OR 城館 OR 城郭 OR 館 OR 居館 OR 要塞 )

Site Name・Site Name Transcription・Address・Address Transcription・Site Number
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 99
Participation-organizations : (公財)愛知県埋蔵文化財センター - 愛知県
Publisher : 財団法人愛知県教育サービスセンター愛知県埋蔵文化財センター
Publish Date : 20020831
Submit Date : 2013-02-12
春日井郡清洲町の市街地ほぼ全域と新川町、春日町の一部に広がる大規模な遺跡です。遺跡は古代から江戸時代まで続きますが、その中でも織田信長をはじめ有力な戦国大名が居城とした戦国時代の「清須城」は、尾張を代表する<b>城館</b>
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 82
Participation-organizations : (公財)愛知県埋蔵文化財センター - 愛知県
Publisher : 財団法人愛知県教育サービスセンター愛知県埋蔵文化財センター
Publish Date : 19990831
Submit Date : 2013-02-12
国時代の城跡である苅安賀城をはじめとして、縄文時代から中世.戦国時代に至る幅広い時間にわたって、数多くの遺跡が所在しています。今回調査した毛受遺跡は、東海北陸自動車道建設に伴い、その事前調査として行われました。調査の結果、戦国時代に掘削された<b>居館</b>
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 127
Participation-organizations : (公財)愛知県埋蔵文化財センター - 愛知県
Publisher : 財団法人愛知県教育サービスセンター愛知県埋蔵文化財センター
Publish Date : 20050331
Submit Date : 2013-02-12
(1582)年頃と推測されている。中世や戦国時代の屋敷地は、名古屋城三の丸遺跡の中では台地縁辺部を中心に確認されている。特に戦国時代の那古野城関連の遺構が各地点で確認されるようになり、実情が不明であった<b>城郭</b>
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 89
Participation-organizations : (公財)愛知県埋蔵文化財センター - 愛知県
Publisher : 愛知県埋蔵文化財センター
Publish Date : 20000930
Submit Date : 2016-09-26
場城址尾張旭市平城35 ×33間、土塁、堀有り発掘調査7 渋川<b>城館</b>跡尾張旭市平城12 〜13C 成立か? 23×30 間、土塁有り発掘調査8 居城跡尾張旭市平山城土塁9 <b>居館</b>跡尾張旭市平山城10 田城跡尾張旭市平城15C
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 38
Participation-organizations : (公財)愛知県埋蔵文化財センター - 愛知県
Publisher : 財団法人愛知県埋蔵文化財センター
Publish Date : 19920331
Submit Date : 2013-02-12
知県埋蔵文化財センターでは、県教育委員会を通じ、県土木部より委託を受け、昭和62 年度から平成2年度にかけて発掘調査を実施して参りました。もとより県道建設の事前調査でありますので、広い<b>城郭</b>のごく一部を調査したに過ぎませんが、幅
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 115
Participation-organizations : (公財)愛知県埋蔵文化財センター - 愛知県
Publisher : 財団法人愛知県教育サービスセンター愛知県埋蔵文化財センター
Publish Date : 20030331
Submit Date : 2013-02-12
のほかに国指定特別史跡として外堀と三の丸土塁が含まれる。この三の丸土塁内は現在、官公庁舎が建ち並んでおり、近年まで遺跡としては範囲指定されていなかった。1987年、名古屋市では市公<b>館</b>建設に伴い、名古屋城三の丸地区に所在する建設予定地の試掘調査を行い
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 115
Participation-organizations : (公財)愛知県埋蔵文化財センター - 愛知県
Publisher : 財団法人愛知県教育サービスセンター愛知県埋蔵文化財センター
Publish Date : 20030331
Submit Date : 2019-03-28
のほかに国指定特別史跡として外堀と三の丸土塁が含まれる。この三の丸土塁内は現在、官公庁舎が建ち並んでおり、近年まで遺跡としては範囲指定されていなかった。1987年、名古屋市では市公<b>館</b>建設に伴い、名古屋城三の丸地区に所在する建設予定地の試掘調査を行い
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 86
Participation-organizations : (公財)愛知県埋蔵文化財センター - 愛知県
Publisher : 財団法人愛知県教育サービスセンター愛知県埋蔵文化財センター
Publish Date : 19990831
Submit Date : 2017-06-16
の伝承をもつ「狐薮」の一部がかかり、地籍図の地割りから方形の<b>城館</b>(<b>居館</b>)跡の存在が予見され、発掘調査により所伝通りに<b>城館</b>跡が検出されるか否かを明らかにすることが調査課題の一つとなった。合せて地籍図では、この97B区の方形の<b>城館跡の北側に方形居館</b>
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 78
Participation-organizations : (公財)愛知県埋蔵文化財センター - 愛知県
Publisher : 愛知県埋蔵文化財センター
Publish Date : 19980831
Submit Date : 2016-09-26
料および分析方法吉田城遺跡は,主に戦国期から江戸時代を中心とした<b>城館</b>・屋敷地・区画溝などからなる複合遺跡である。本遺跡では, 1992年度の調査区南西部のI F10a区より, 1基の井戸(SE001)が検出された(第24図)。井
Subtitle :
Volume :
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 前橋市 - 群馬県
Publisher : 警察宿舎遺跡調査会
Publish Date : 19981130
Submit Date : 2019-05-14
<b>城館</b>
Subtitle :
Volume :
Series Number : 24
Participation-organizations : 新発田市 - 新潟県
Publisher : 新発田市教育委員会
Publish Date : 20010330
Submit Date : 2019-03-28
中世<b>居館</b>北側の居住域、井戸廃絶に伴う祭祀跡
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 97
Participation-organizations : (公財)愛知県埋蔵文化財センター - 愛知県
Publisher : 財団法人愛知県教育サービスセンター愛知県埋蔵文化財センター
Publish Date : 20010831
Submit Date : 2013-02-12
作遺跡等少ないが、「沓掛郷」「横根郷」等が「熊野参詣良尊法院引導之檀那之在所事」(応永16年1409 熊野那智大社所蔵『米良文書』)にみられ、今後の調査に期待がもたれる。大脇城戦国時代に入ると、数多くの<b>城館</b>
Subtitle :
Volume :
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 名古屋市 - 愛知県
Publisher : 名古屋市見晴台考古資料館
Publish Date : 19960331
Submit Date : 2018-12-29
Highlight was not work when hit position over 50000 character
Subtitle : 天白元屋敷遺跡(第3次)
Volume :
Series Number : 35
Participation-organizations : 名古屋市 - 愛知県
Publisher : 名古屋市教育委員会
Publish Date : 19971205
Submit Date : 2018-12-29
Highlight was not work when hit position over 50000 character
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 144
Participation-organizations : (公財)愛知県埋蔵文化財センター - 愛知県
Publisher : 財団法人愛知県教育・スポーツ振興財団 愛知県埋蔵文化財センター
Publish Date : 20090331
Submit Date : 2013-02-12
立柱建物や井戸・火葬施設などが検出されている加美遺跡や神ノ木遺歴史的環境鹿乗川流域遺跡群桜井古墳群3 3 第Ⅰ章はじめに図1 周辺の遺跡1:25,000 国土地理院発行2万5千分の1地形図「安城」「西尾」0 1㎞★集落古墳<b>城館</b>
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 43
Participation-organizations : (公財)愛知県埋蔵文化財センター - 愛知県
Publisher : 財団法人愛知県埋蔵文化財センター
Publish Date : 19930330
Submit Date : 2017-05-29
代から中世にかけての集落と考えられる八ッ面山北部遺跡、そして古代の濯概施設の一部に利用されていたと推定される木樋が出土している室遺跡、さらに八ッ面城・戸ケ崎城.室城をはじめとする中世<b>城館</b>も構築されている。上述のように、岡島遺跡の周辺は原始・古
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 17
Participation-organizations : (公財)愛知県埋蔵文化財センター - 愛知県
Publisher : 財団法人愛知県埋蔵文化財センター
Publish Date : 19900331
Submit Date : 2013-02-12
査区の北には朝日西遺跡、西には土田遺跡、方領遺跡、森南遺跡、阿弥陀寺遺跡等の遺跡が広がる。これらの遺跡のほとんどは15世紀代には消滅していくようである5)。それに変わって15世紀末から16世紀にかけては、清須城をはじめとして各地に拠点的<b>城館</b>
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 34
Participation-organizations : (公財)愛知県埋蔵文化財センター - 愛知県
Publisher : 財団法人愛知県埋蔵文化財センター
Publish Date : 19940331
Submit Date : 2013-02-12
根市教育委員会、彦根城博物<b>館</b>10.第Ⅷ部の執筆は下記のとおりである。第Ⅸ部については各章ごとに執筆者名を記載した。第1章、第2章1・2―A〜D・4―D〜F・H、第3章1〜3―A・B 石黒立人(調査研究員)第2章2―E
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 88
Participation-organizations : (公財)愛知県埋蔵文化財センター - 愛知県
Publisher : 財団法人愛知県教育サービスセンター愛知県埋蔵文化財センター
Publish Date : 20000831
Submit Date : 2013-02-12
達する方形区画が検出され、幅約5mという溝の規模から方形区画が中世の領主<b>居館</b>であるとの見通しを得た。ところが調査が進行するにしたがって宗教関係の遺物が多数出土したため、当初の見通しには修正が迫られることになる。な
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 42
Participation-organizations : (公財)愛知県埋蔵文化財センター - 愛知県
Publisher : 財団法人愛知県埋蔵文化財センター
Publish Date : 19930331
Submit Date : 2017-06-16
世に城もしくは屋敷があったという伝承がある。いま遺跡周辺の小字名を見ると、城跡、櫓下、裏門、組屋敷、刈谷門など、<b>城郭</b>に関係した名称を確認することができる。しかし中・近世の史誌類にはこのことにかんする史料は見当たらない。(大橋正明) 第6図