Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
23861 reports
( Participation 467 Orgs )
report count
63650 reports
( compared to the privious fiscal year + 15206 reports )
( Participation 1596 Orgs )
site summary count
127113 reports
( compared to the privious fiscal year + 33209 reports )

Simple Search

Tag口縁部 Participation-organizations神奈川県

( "brush-mark finishing" OR 刷毛目 OR ハケメ OR はけめ OR ハケ目 )

Site Name・Site Name Transcription・Address・Address Transcription・Site Number
Thumnail
Subtitle :
Volume : 17
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 神奈川県考古学会 - 神奈川県
Publisher : 神奈川県考古学会
Publish Date : 20090331
Submit Date : 2017-01-01
間的まとまりについては、文様帯の変化を基準とした。壺形土器の分析視点と方法(第2図)壺形土器の時間的属性として、器面調整と文様帯及び文様要素・文様構図などを取り上げる。まず器面調整では、ナデ・<b>刷毛目</b>・ミガキといった3つ
Thumnail
Subtitle :
Volume : 4
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 神奈川県考古学会 - 神奈川県
Publisher : 神奈川県考古学会
Publish Date : 19950430
Submit Date : 2017-01-01
る。出土遺物は,表土中より増型士器が,周溝内より<b>ハケ目</b>調整の壺型士器2,小型壺型土器,へラ磨きの高坏脚部,平底坏である。また,盗掘曠から剣が出土している。●2号墳は墳形,供献土器,埋
Thumnail
Subtitle :
Volume : 7
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 神奈川県考古学会 - 神奈川県
Publisher : 神奈川県考古学会
Publish Date : 19980430
Submit Date : 2017-01-01
縁部二条ないし一条の凹帯文だけになるものが多い。④口縁部突起が多少みられる。⑤地文条線は<b>刷毛目</b>のようになり,綾杉または斜行となる。⑥懸垂文の曲線は力弱い。⑦全面に大柄な渦巻つなぎ文が施されるものがある。上記①〜⑦の特徴は文様要素の少ない曽利Ⅳ式
Thumnail
Subtitle :
Volume : 2
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 神奈川県考古学会 - 神奈川県
Publisher : 神奈川県考古学会
Publish Date : 19930418
Submit Date : 2017-01-01
Highlight was not work when hit position over 50000 character
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 10
Author : 神沢 勇一
Participation-organizations : 神奈川県立歴史博物館 - 神奈川県
Publisher : 神奈川県立博物館
Publish Date : 19770331
Submit Date : 2018-09-04
部を刷毛で整形し、中位以上では横に、下部では斜めに<b>刷毛目</b>が走る。器聞の凹凸は少なし、。焼成は良好で禍色を皇する。5 は現存部高26.2cm、口縁部直径16.8cm。器形と整形状態は4 と同様である。なお、覆
Thumnail
Subtitle :
Volume : 10
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 神奈川県考古学会 - 神奈川県
Publisher : 神奈川県考古学会
Publish Date : 20020430
Submit Date : 2017-01-01
Highlight was not work when hit position over 50000 character