Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
23857 reports
( Participation 467 Orgs )
report count
62732 reports
( compared to the privious fiscal year + 14288 reports )
( Participation 1586 Orgs )
site summary count
127106 reports
( compared to the privious fiscal year + 33202 reports )

Simple Search

Participation-organizations山形県

( "brush-mark finishing" OR 刷毛目 OR ハケメ OR はけめ OR ハケ目 )

Site Name・Site Name Transcription・Address・Address Transcription・Site Number
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 2
Participation-organizations : (公財)山形県埋蔵文化財センター - 山形県
Publisher : 財団法人山形県埋蔵文化財センター
Publish Date : 19940325
Submit Date : 2011-07-21
マド周辺と北西側に片寄る。遺物の器種構成は土師器坏,高坏,鉢,甑,甕である。坏は有段で口縁部が直立する。高坏は1点で. 脚部を欠くが下位に段を有する大型のものである。鉢は体部中位に最大径を持つもので, <b>ハケメ</b>,ケ
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 127
Participation-organizations : (公財)山形県埋蔵文化財センター - 山形県
Publisher : 財団法人山形県埋蔵文化財センター
Publish Date : 20040331
Submit Date : 2011-07-28
Highlight was not work when hit position over 50000 character
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 31
Participation-organizations : (公財)山形県埋蔵文化財センター - 山形県
Publisher : 山形県埋蔵文化財センター
Publish Date : 19960331
Submit Date : 2011-06-28
溝跡から出土した高坏の脚部と考えられる。内面をヘラミガキ後黒色化が施されている。3は小型の鉢形土器と考えられる。SK33{吐墳Fl層から出土した器面に<b>刷毛目</b>整形や、指頭による器面成形痕が残る。胴部は緩やかに立ち上がり、口
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 103
Participation-organizations : (公財)山形県埋蔵文化財センター - 山形県
Publisher : 財団法人山形県埋蔵文化財センター
Publish Date : 20020325
Submit Date : 2011-07-28
溝墓群の中では最も多く土器が確認され、周溝の西辺を除く床面直上を中心に出土したが、大半が小破片で出土したため実測可能なものは少ない。圷・高圷・甕片が出土した。圷はB〜D類が出土し、19‑3は口縁部内面に弱い稜を持つC類で、口縁部内外面<b>ハケメ</b>
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 54
Participation-organizations : (公財)山形県埋蔵文化財センター - 山形県
Publisher : 山形県埋蔵文化財センター
Publish Date : 19980331
Submit Date : 2011-06-28
平底の甕底部で切り離しは不明である。体部下半外面はケズリ、内面は<b>ハケメ</b>調整が施されている。胎土は粗い。8はロクロ使用の酸化焔焼成の圷であるが底部の切り離しは磨滅が進み不明である。11は壷、18はロクロ成形の羽釜であり、固
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 132
Participation-organizations : (公財)山形県埋蔵文化財センター - 山形県
Publisher : 財団法人山形県埋蔵文化財センター
Publish Date : 20040331
Submit Date : 2011-07-28
形浮文円形浮文貼り付痕跡111166220099口縁下端刻み目底部輪台技法写真図版20557733339922<b>ハケ目</b>ミガキ668866554466ケズリヨコナデ553366554499ヘラナデ指頭圧痕4488777700指
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 33
Participation-organizations : (公財)山形県埋蔵文化財センター - 山形県
Publisher : 山形県埋蔵文化財センター
Publish Date : 19960331
Submit Date : 2011-06-28
Highlight was not work when hit position over 50000 character
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 43
Participation-organizations : (公財)山形県埋蔵文化財センター - 山形県
Publisher : 山形県埋蔵文化財センター
Publish Date : 19970331
Submit Date : 2011-06-28
部上半で最大径を測る。外面には平行タタキ目の上から、横方向の<b>ハケ目</b>が上半部に施される。内面は最大径上半で平行アテ痕、以下に青海波アテ痕が認められる。15 は内外面とも<b>ハケ目</b>調整を施した小形甕である。口
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 226
Participation-organizations : (公財)山形県埋蔵文化財センター - 山形県
Publisher : 公益財団法人山形県埋蔵文化財センター
Publish Date : 20170331
Submit Date : 2017-05-11
Highlight was not work when hit position over 50000 character
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 27
Participation-organizations : (公財)山形県埋蔵文化財センター - 山形県
Publisher : 山形県埋蔵文化財センター
Publish Date : 19950331
Submit Date : 2011-06-28
底部で、内面の<b>刷毛目</b>調整の様子が良く分かる。6と7は複合口縁の壷で、6は口縁内側と口頚部に<b>刷毛目</b>の木口による刺突が認められる。7は外面と内面の一部に赤彩が施されている。こ
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 10
Participation-organizations : (公財)山形県埋蔵文化財センター - 山形県
Publisher : 財団法人山形県埋蔵文化財センター
Publish Date : 19940331
Submit Date : 2011-07-21
)(1.6)ミガキ→黒色化ミガキ→黒色化丸底A 9‑35土師器圷ST66‑F(13.(〕)5.2<b>ハケ目</b>ミガキ→黒色化丸底AI 9‑45土師器圷SD61‑F315.6(5.(〕)ミガキー→黒色化Am 9‑55土
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 123
Author : 高橋 敏
Participation-organizations : (公財)山形県埋蔵文化財センター - 山形県
Publisher : 財団法人山形県埋蔵文化財センター
Publish Date : 20040331
Submit Date : 2011-07-28
Highlight was not work when hit position over 50000 character
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 129
Author : 野尻 侃
Participation-organizations : (公財)山形県埋蔵文化財センター - 山形県
Publisher : 財団法人山形県埋蔵文化財センター
Publish Date : 20040331
Submit Date : 2011-07-28
砂混堅灰色Hue7,5Y6/1 ロクロ痕タタキロクロ痕<b>ハケ目</b>接合1‑13H2‑121V2‑13H 3‑14H3‑18H4‑12皿83 SQIステバ須恵器横瓶100 76 340 一257 10 粗
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 30
Participation-organizations : 山形市 - 山形県
Publisher : 山形市教育委員会
Publish Date : 20090331
Submit Date : 2011-06-29
径より器高が大きくなると推定される器形を鉢として区別した。底部には葉脈痕が確認される。内面の調整により以下の2種類に区分される。1類内面に黒色処理が施されないもの。2類内面に黒色処理が施されるもの。F甕非ロクロ成形で、口縁部にヨコナデ、体部外面に<b>ハケメ</b>
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 92
Author : 渡部 利之
Participation-organizations : (公財)山形県埋蔵文化財センター - 山形県
Publisher : 財団法人山形県埋蔵文化財センター
Publish Date : 20011031
Submit Date : 2011-07-28
→ヘラナデSG3F21/4細砂混25土師器甕706平底<b>ハケメ</b>→ヘラミガキヘラミガキ、ヘラナデSG3F1購2/3細砂混第13図26土師器甕9512平底<b>ハケ目ハケ目</b>SG3F21/4以下細砂混27土
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 115
Author : 長橋 至
Participation-organizations : 山形県教育委員会 - 山形県
Publisher : 山形県教育委員会
Publish Date : 19870331
Submit Date : 2011-11-25
クロ−タタキ−ケズリ調整で、内面にはアテ痕、<b>ハケ目</b>調整がみられる。高台部がD2類と異なり「く」字状にならない。甕Eは全体の器形が判明する資料はない。したがってタタキ・アテ等により分けられる。E1類
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 27
Participation-organizations : 山形市 - 山形県
Publisher : 山形市教育委員会
Publish Date : 20060331
Submit Date : 2011-06-29
器高のやや高い椀形のもの(58・59)が出土している。8世紀中葉以降のものは土師器甕と黒色土器がある。土師器の甕は、<b>ハケ目</b>調整のものが10 世紀前葉頃のもの(8・13)まで見られる。土師器の黒色土器は坏・椀・鉢類が主体で、8世
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 125
Participation-organizations : (公財)山形県埋蔵文化財センター - 山形県
Publisher : 財団法人山形県埋蔵文化財センター
Publish Date : 20040331
Submit Date : 2011-07-28
隆帯RL 工字状紋RL 内外<b>ハケ目ヘラナデ内ハケメ外ハケ目ミガキ外面ハケ目</b>ナデケズリ赤彩内面ミガキナデロ縁部赤彩内外ミガキ内外ナデ底部回転糸切り沈線紋瘤状突起櫛歯状工具条線紋(12本単位) 内
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 170
Participation-organizations : (公財)山形県埋蔵文化財センター - 山形県
Publisher : 財団法人山形県埋蔵文化財センター
Publish Date : 20090331
Submit Date : 2011-07-28
底部が窪む。130・131は器高が高く底部中央が窪んでいる。土師器甕(132)長胴甕の体部破片、器面の表裏に<b>刷毛目</b>がみられ、焼成がよい。赤焼土器坏(140・142)140は
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 106
Participation-organizations : 山形県教育委員会 - 山形県
Publisher : 山形県教育委員会
Publish Date : 19860325
Submit Date : 2011-11-25
縁部横ナデ,体部<b>ハケ目</b>,ヘラ削りの調整を持ち,最大径は体部中程からやや下部にある。甕は形態から,幾つかに細分可能と思われ,広口で丸味の強いもの(14・15),口縁が外反し,細身で紡錐形状となるもの(10・11