奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
27198 reports
( Participation 530 Orgs )
report count
86930 reports
( compared to the privious fiscal year + 18295 reports )
( Participation 1726 Orgs )
site summary count
135958 reports
( compared to the privious fiscal year + 4800 reports )
video count
349 reports
( compared to the privious fiscal year + 349 reports )
( Participation 36 Orgs )
文化財イベント件数
490 reports
( compared to the privious fiscal year + 75 reports )
※過去開催分含む

Simple Search

第一尚氏

Site Name・Site Name Transcription・Address・Address Transcription・Site Number
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 平成29年度
Participation-organizations : 沖縄県立埋蔵文化財センター - 沖縄県
Publisher : 沖縄県立埋蔵文化財センター
Publish Date : 20180220
Submit Date : 2018-06-03
穴の側に着飾った子供と女性が立っていてこちらをみていますよ。」と言ったのです。これを聞いたとたん私は青ざめてしまいました。なぜなら、この洞穴は<b>第一尚氏</b>王統末期の革命の際、尚しょうとく德王の世子・王妃・乳う母ばが避難したが、追
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 平成28 年度
Participation-organizations : 沖縄県立埋蔵文化財センター - 沖縄県
Publisher : 沖縄県立埋蔵文化財センター
Publish Date : 20170221
Submit Date : 2018-06-03
紹を王にたてる< 察度王統滅亡、<b>第一尚氏</b>興る> 一四一六尚巴志、山北王攀安知を討つ一四二〇尚思紹、シャムに使を遣わす一四二一パレンバン( インドネシア) との交渉はじまる一四二七龍潭を掘り安国山を築く一四二九尚巴志、三
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number :
Participation-organizations : 沖縄県立埋蔵文化財センター - 沖縄県
Publisher : 沖縄県立埋蔵文化財センター
Publish Date : 20140718
Submit Date : 2016-08-10
も多いのは擂鉢で、甕や壺などの大型の製品については、その出土量や出土する遺跡自体も少なく、現在のところ首里城や<b>第一尚氏</b>の菩提寺である天界寺で確認されています。備前焼については、14 世紀末~16 世紀初め頃、擂
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number :
Participation-organizations : 沖縄県立埋蔵文化財センター - 沖縄県
Publisher : 沖縄県立埋蔵文化財センター
Publish Date : 20131101
Submit Date : 2016-08-10
かんかいもんきゅうけいもんたまうどぅんたまうどぅんなんぽうぼうえき明<b>第一尚氏</b>第二尚氏室町時代青花松梅樹文双耳花瓶(中国)青花牡丹唐草文梅瓶(中国)青磁口折印花双魚文皿(中国)青磁高足杯(中国) 青磁牡丹唐草文水注(中国)青磁双耳唐草文瓶(中国)備
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 沖縄県立埋蔵文化財センター - 沖縄県
Publisher : 沖縄県立埋蔵文化財センター
Publish Date : 20171223
Submit Date : 2017-12-25
の橋は、1661 年に<b>第一尚氏</b>の菩ぼ提だい寺じとされる慈じ恩おん寺じ跡より移築したものと言われています(図2)。図1首里当蔵旧水路と調査区の位置中城御殿跡(旧県立博物館)龍潭Google map よ
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume : 14
Series :
Series Number :
Participation-organizations : (公財)山形県埋蔵文化財センター - 山形県
Publisher : 財団法人山形県埋蔵文化財センター
Publish Date : 19990630
Submit Date : 2017-05-15
4 0 0 ヌ琉代醤" ' " ' 山形城跡(山形市)文米沢城跡(米沢市)化室町時代<b>第一尚氏</b>1 4 6 7 応仁の乱戦国時代へ寒河江城跡(寒河市)1 5 0 0 球時代戦国大名が城館・城
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 沖縄県立埋蔵文化財センター - 沖縄県
Publisher : 沖縄県立埋蔵文化財センター
Publish Date : 20200218
Submit Date : 2020-04-09
尚思紹1 尚巴志、中山王武寧を滅ぼす。<b>第一尚氏</b>王統始まる。この頃、首里城瑞泉門(1406~1469年)が創建。1416年23 11 尚巴志、北山王攀安知を滅ぼす。1427年34 尚巴志6 龍
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number :
Participation-organizations : 沖縄県立埋蔵文化財センター - 沖縄県
Publisher : 沖縄県立埋蔵文化財センター
Publish Date : 20190219
Submit Date : 2019-06-05
寧王を討ち父・思紹を王にたてる< 察度王統滅亡、<b>第一尚氏</b>興る> 一四一六尚巴志、山北王攀安知を討つ一四二〇尚思紹、シャムに使を遣わす一四二一パレンバン( インドネシア) と
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number :
Participation-organizations : 沖縄県立埋蔵文化財センター - 沖縄県
Publisher : 沖縄県立埋蔵文化財センター
Publish Date : 20160223
Submit Date : 2016-08-10
来と伝わる一四〇四冊封使、はじめて来琉シャム( タイ) 船渡来し交易一四〇六尚巴志、武寧王を討ち父・思紹を王にたてる< 察度王統滅亡、<b>第一尚氏</b>興る> 一四一六尚巴志、山北王攀安知を討つ一四二〇尚思紹、シ
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number :
Participation-organizations : 沖縄県立埋蔵文化財センター - 沖縄県
Publisher : 沖縄県立埋蔵文化財センター
Publish Date : 20110129
Submit Date : 2019-07-30
よって執り行われました。参考までに<b>第一尚氏</b>王統(1406 年~1469 年)の最高神女は“佐さ司す笠がさ”であったが、第二尚氏王統から地位を“聞得大君”に譲るが佐司笠は依然として高い神格があったようです。さて、1459 年
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : ―貿易陶磁からみた大交易時代―
Volume :
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 沖縄県立埋蔵文化財センター - 沖縄県
Publisher : 沖縄県立埋蔵文化財センター
Publish Date : 20010324
Submit Date : 2015-12-24
度は新首里城の京之内に当たる部分(首里城団塊の南の端)に旧首里城を建設した。御殿の瓦は浦添城の第一類、第二類瓦を利用した。( 中略) <b>第一尚氏</b>になってから旧首里城は廃止されもっぱら神事用の京之内として利用され、新
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 京の内跡発掘調査報告書(Ⅲ)
Volume :
Series Number : 56
Participation-organizations : 沖縄県立埋蔵文化財センター - 沖縄県
Publisher : 沖縄県立埋蔵文化財センター
Publish Date : 20110320
Submit Date : 2018-04-19
里当蔵町3 丁目・金城町1 丁目(第3図〜第1 5 図)には、室町時代( 1 3 3 8 年‑1 5 7 3 年)の中頃から明治時代( 1 8 6 8 年1 9 1 2 年)の初期頃までの約5 0 0 年に亘って<b>第一尚氏</b>
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 南城市 - 沖縄県
Publisher :
Publish Date : 20180300
Submit Date : 2019-08-09
連文化財群e「<b>第一尚氏</b>の光と影」関連文化財群f「東御廻り」関連文化財群g「海との共生」関連文化財群関連文化財群の資源等f「東御廻り」関連文化財群神話の場所や国家的な聖地を中心に、琉
Subtitle : グスク分布調査報告
Volume : 1
Series Number : 53
Author : 当真 嗣一
Participation-organizations : 沖縄県立埋蔵文化財センター - 沖縄県
Publisher : 沖縄県教育委員会
Publish Date : 19830331
Submit Date : 2018-05-31
Highlight was not work when hit position over 50000 character
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 沖縄県立埋蔵文化財センター - 沖縄県
Publisher : 沖縄県立埋蔵文化財センター
Publish Date : 20180731
Submit Date : 2019-06-14
の龍潭の北端である現在の県道には、戦前までは世よ持もち橋が架かっており、今回確認された水路はこの橋の下に流れ込んでいたと考えられます(図2)。この橋は、1661 年に<b>第一尚氏</b>の菩提寺とされる慈恩寺跡より移築したものと言われています。な
Subtitle : 城郭南側下地区発掘調査報告書
Volume :
Series Number : 19
Participation-organizations : 沖縄県立埋蔵文化財センター - 沖縄県
Publisher : 沖縄県立埋蔵文化財センター
Publish Date : 20040326
Submit Date : 2018-05-30
妃・乳母、世子を擁着して以て乱難を避け、皆真玉城に隠る。軍兵追ひて之れを弑し、遂に之れを王城巌下に葬る」と記されているように(註1)、<b>第一尚氏</b>から第二尚氏への政権抗争にまつわる伝承が残されている。非
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume : 5
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 沖縄県立埋蔵文化財センター - 沖縄県
Publisher : 沖縄県立埋蔵文化財センター
Publish Date : 20080328
Submit Date : 2018-06-01
Highlight was not work when hit position over 50000 character
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 南殿・北殿跡の遺構調査報告
Volume :
Series Number : 120
Author : 上原 靜
Participation-organizations : 沖縄県立埋蔵文化財センター - 沖縄県
Publisher : 沖縄県教育委員会
Publish Date : 19950330
Submit Date : 2018-06-28
里城の創建年については不明であるが、1 3 9 2 年に数丈の高楼が建てられたという記録があることから、1 4 世紀の終わり頃にはすでに城は作られていたと推定される。首里城及びその本格的な整備は、<b>第一尚氏</b>の第3 代
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 東のアザナ北地区発掘調査報告書
Volume :
Series Number : 98
Participation-organizations : 沖縄県立埋蔵文化財センター - 沖縄県
Publisher : 沖縄県立埋蔵文化財センター
Publish Date : 20180330
Submit Date : 2018-09-03
Highlight was not work when hit position over 50000 character
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume : 7
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 沖縄県立埋蔵文化財センター - 沖縄県
Publisher : 沖縄県立埋蔵文化財センター
Publish Date : 20120330
Submit Date : 2018-06-05
土遺物(貝製品・骨製品・石製品)巻頭図版1天界寺跡(てんかいじあと)天界寺は、景泰年間(1450 ~56)に<b>第一尚氏</b>の菩提寺として首里城西側に創建された琉球有数の名刹である。明