奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
27236 reports
( Participation 530 Orgs )
report count
86945 reports
( compared to the privious fiscal year + 18310 reports )
( Participation 1726 Orgs )
site summary count
135977 reports
( compared to the privious fiscal year + 4819 reports )
video count
351 reports
( compared to the privious fiscal year + 351 reports )
( Participation 36 Orgs )
文化財イベント件数
490 reports
( compared to the privious fiscal year + 75 reports )
※過去開催分含む

Simple Search

相模国

Site Name・Site Name Transcription・Address・Address Transcription・Site Number
Subtitle : 相模国分尼寺跡平成4年度埋蔵文化財発掘調査事業
Volume :
Series :
Series Number :
Author : 須田 誠
Participation-organizations : 海老名市 - 神奈川県
Publisher : 海老名市教育委員会
Publish Date : 19930331
Submit Date : 2019-03-28
<b>相模国</b>分寺関連遺跡詳細分布調査報告書III
Subtitle :
Volume :
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 神奈川県考古学会 - 神奈川県
Publisher : 神奈川県考古学会
Publish Date : 20150222
Submit Date : 2017-11-07
平成26年度神奈川県考古学会講座<b>相模国</b>を創るf 認鰔ヘーーー簿簔羅蕊疑:蔦汽蟻郵舞琴鈴2月22日県老古学会共催茅ケ崎■市教育委員会模の古代を考える会相幸垂一毎〜輯:−■−嘩一竃一巻=垂一迫哩垂〜錘
Subtitle : 史跡相模国分寺跡環境整備事業に伴う発掘調査報告書.
Volume :
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 海老名市 - 神奈川県
Publisher : 海老名市
Publish Date : 20120300
Submit Date : 2020-10-20
史跡<b>相模国</b>分寺跡.第1分冊 (遺構編)
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume : 31
Series Number : 31
Author : 國平 健三
Participation-organizations : 神奈川県立歴史博物館 - 神奈川県
Publisher : 神奈川県立歴史博物館
Publish Date : 20050331
Submit Date : 2020-06-06
/SSN09/0-9730 神奈川県立博物館研究報告−人文科学一第31号【論文】<b>相模国</b>分寺の研究(中)國平健三(1 )【研究ノート】『役者見立東海道』研究桑山童奈(41)【研究ノート】朝
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume : 30
Series Number : 30
Author : 國平 健三
Participation-organizations : 神奈川県立歴史博物館 - 神奈川県
Publisher : 神奈川県立歴史博物館
Publish Date : 20040330
Submit Date : 2020-06-06
応SNO910‑9730 神奈川県立博物館研究報告−人文科学一第30号【論文】<b>相模国</b>分寺の研究(上)國平健三(1 )山北町指定重要文化財「箱根権現縁起絵巻」について…古川元也(19)【資料紹介】ペ
Subtitle :
Volume :
Series Number : 49
Participation-organizations : 横須賀市 - 神奈川県
Publisher : 横須賀市教育委員会
Publish Date : 20120300
Submit Date : 2020-10-20
乗越遺跡 :<b>相模国</b>分寺創建期瓦生産窯跡の発掘調査報告
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 海老名市 - 神奈川県
Publisher : 海老名市教育委員会教育部教育総務課文化財係
Publish Date : 20200327
Submit Date : 2020-04-30
逆川跡、国分宿遺跡(<b>相模国</b>分寺関連遺跡 第12次調査)発掘調査報告書
Subtitle :
Volume :
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 神奈川県考古学会 - 神奈川県
Publisher : 神奈川県考古学会
Publish Date : 20110306
Submit Date : 2017-03-30
断のつかない遺跡について注目されるようになった。1990年代には古代の集落研究は停滞久しいとさえ言われたが、このような一般集落と官衙のはざまのような遺跡の検討にはじまり、1990年代後半からは<b>相模国</b>府や古代寺院、郡
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume : 23
Series Number : 23
Author : 國平 健三
Participation-organizations : 神奈川県立歴史博物館 - 神奈川県
Publisher : 神奈川県立歴史博物館
Publish Date : 19970325
Submit Date : 2020-06-06
社整理後の「神社復祀」について…. .鈴木通大(32)【研究ノート】<b>相模国</b>府研究の現状……・……・………・…・…・…・…國平健三(53)−発掘調査成果による大住府についての検討(1 )−Z997 神
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 海老名市 - 神奈川県
Publisher : 海老名市教育委員会教育部教育総務課文化財係
Publish Date : 20200319
Submit Date : 2020-04-30
 古代から中世の溝状遺構、古墳時代前期の竪穴建物跡が2棟確認された。竪穴建物跡からは、土師器と伴に緑色凝灰岩の小礫が出土している。史跡<b>相模国</b>分寺跡の下層においても古墳時代の遺構が確認されており、台
Subtitle :
Volume :
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 神奈川県考古学会 - 神奈川県
Publisher : 神奈川県考古学会
Publish Date : 20000305
Submit Date : 2017-03-28
池聡盤古堂考古学研究所茅ケ崎市下寺尾寺院跡岡本孝之慶応義塾大学特別講演相模の古代寺院と瓦河野一也窯業史博物館<b>相模国</b>分寺・国分尼寺跡須田誠海老名市教育委員会民間における仏教の受容大坪宣雄吾妻考古学研究所2000年3月5日
Subtitle :
Volume : 7
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 神奈川県考古学会 - 神奈川県
Publisher : 神奈川県考古学会
Publish Date : 19980430
Submit Date : 2017-01-01
Highlight was not work when hit position over 50000 character
Subtitle : 学史を踏まえた最新の研究
Volume :
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 神奈川県考古学会 - 神奈川県
Publisher : 神奈川県考古学会
Publish Date : 20030323
Submit Date : 2017-01-01
星直忠横須賀市田戸遺跡調査開始松村瞭、八幡一郎、甲野勇、中谷治宇二郎平塚市万田貝塚発掘中山毎吉・矢後駒吉「<b>相模国</b>分寺志』刊行石野瑛平塚市五領ヶ台貝塚発掘西村真次も実施大山柏相模原市勝坂遺跡発掘横浜考古学研究会発足(〜1939) 相
Subtitle :
Volume :
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 神奈川県考古学会 - 神奈川県
Publisher : 神奈川県考古学会
Publish Date : 20010311
Submit Date : 2017-03-28
表と議論がいかに重要であるかを思わせしめた。すみやかに資料を公開してできるだけ多くの人としなやかな議論をすることが重要である。「<b>相模国</b>分寺跡の│日説と新説」神奈川県立埋文センター考古学講座(須田誠)「古代高座郡の支配機構の動向」同上(大
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 67
Participation-organizations : 山梨県埋蔵文化財センター - 山梨県
Publisher : 山梨県教育委員会/山梨県農務部
Publish Date : 19920330
Submit Date : 2013-04-23
月市を含めた山梨県東部地域は、隣接する<b>相模国</b>と密接な関係にあったものと考えられています。本報告書が古代甲斐国の研究のうえでの資料として、多くの方々にご利用いただければ幸甚であります。末筆ながら、ご協力を賜った関係機関各位、並
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 石巻市 - 宮城県
Publisher : 桃生町教育委員会
Publish Date : 19990310
Submit Date : 2017-12-11
の子資通は前九年・後三年の役で源義家に従い︑資通の孫俊通のとき︑<b>相模国</b>山内荘︵鎌倉市︶を本拠としてこれを名字とし︑山内首藤氏を称し︑源義朝に従って保元•平治の乱を戦うなど、源氏譜代の郎党であり、しかも代々主
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 香川県善通寺市・多度津町・三野町にまたがる中世山城跡
Volume :
Series :
Series Number :
Author : 秋山 忠
Participation-organizations : 善通寺市 - 香川県
Publisher : 一市二町天霧城跡保存会
Publish Date : 19831201
Submit Date : 2010-03-18
跡は山頂部及び派出した尾根上に所在し、その城構えは山頂部を中心に各尾根の郭群(遺構中の削平地を郭と呼ぶ)が巧みに結びつき、全体的にまとまりをもって各方面への防備ができるように配慮されている。城主香川氏香川氏は、<b>相模国</b>
Subtitle :
Volume :
Series Number : 15
Author : 栗山 雄揮
Participation-organizations : 平塚市 - 神奈川県
Publisher : 平塚市教育委員会
Publish Date : 19980327
Submit Date : 2019-03-28
古墳時代末期から平安時代まで、<b>相模国</b>府造営期の前後に継続する集落の一角。一般集落と官衙的集落の接点。大型の鉄製鍵を出土。 主な時代:古墳から平安
Subtitle : 県営平塚神明団地(仮称)建設に伴う発掘調査
Volume :
Series Number : 102
Participation-organizations : (公財)かながわ考古学財団 - 神奈川県
Publisher : 財団法人かながわ考古学財団
Publish Date : 20010331
Submit Date : 2018-12-15
[神明久保遺跡 要約] 調査地点は古代<b>相模国</b>府域の一角にあたり、周辺地域の既往の発掘調査でも当該期の遺構・遺物が密集して確認されている。今回の調査で9地点目を数える神明久保遺跡では、国
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 古代高田郷と中世の居館
Volume :
Series Number : 5
Participation-organizations : 小田原市 - 神奈川県
Publisher : 小田原市教育委員会
Publish Date : 20100315
Submit Date : 2018-05-01
8 ) ‑2 ‑2高田・下堀の地名さがみこくふこそこうえきちょうふ‑高田の地名は、天平7 年( 7 3 5 ) の『<b>相模国</b>封戸租交易帳』の中で、舎人親王の封戸あしのしもぐんの「足下郡高田郷伍拾戸」と