奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
27480 reports
( Participation 536 Orgs )
report count
87875 reports
( compared to the privious fiscal year + 19681 reports )
( Participation 1732 Orgs )
site summary count
136236 reports
( compared to the privious fiscal year + 5613 reports )
video count
383 reports
( compared to the privious fiscal year + 383 reports )
( Participation 40 Orgs )
文化財イベント件数
503 reports
( compared to the privious fiscal year + 88 reports )
※過去開催分含む

Simple Search

生活誌

Site Name・Site Name Transcription・Address・Address Transcription・Site Number
Subtitle : 国立の生活誌4
Volume :
Series Number : 20
Participation-organizations : 国立市 - 東京都
Publisher : 国立市教育委員会
Publish Date : 19860300
Submit Date : 2020-10-20
国立の<b>生活誌</b>4
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 奈良文化財研究所第12回東京講演会講演録
Volume :
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 奈良文化財研究所 - 奈良県
Publisher : 独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所
Publish Date : 20201010
Submit Date : 2020-10-30
主催◎独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所後援◎文化庁、奈良県、奈良市教育委員会、大和郡山市、朝日新聞社奈文研第12 回東京講演会奈良の都のらしぶり〜平城京の<b>生活誌</b>〜2020.10.10[土
Subtitle : 遺跡からはじまる足立の歴史/足立の生活誌 : ズシ・クミと人々の暮らし : 特集・足立の用水 : 見沼代用水と葛西用水 : ミニ講座
Volume :
Series Number : 10
Participation-organizations : 足立区 - 東京都
Publisher : 足立区教育委員会
Publish Date : 20021000
Submit Date : 2020-10-20
遺跡からはじまる足立の歴史/足立の<b>生活誌</b> : ズシ・クミと人々の暮らし : 特集・足立の用水 : 見沼代用水と葛西用水 : ミニ講座
Subtitle :
Volume : 22
Series :
Series Number :
Participation-organizations : (公財)山形県埋蔵文化財センター - 山形県
Publisher : 財団法人山形県埋蔵文化財センター
Publish Date : 20020228
Submit Date : 2017-05-15
場無料. . . . . . ---—- 県教育長あいさつ発掘調査報告会と記念講演が行われました。岡村道雄氏(文化庁記念物課主任文化財調査官)による記念講演「縄文の<b>生活誌</b>」。各地の発掘調査から明らかになってきた縄文時代の人々の生活について、ス
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 24
Participation-organizations : 益田市 - 島根県
Publisher : 匹見町教育委員会
Publish Date : 19980325
Submit Date : 2009-04-28
型的な過疎地区となっていったのである。こうした山に向けられた<b>生活誌</b>は生業のみにとどまらず,信仰とも深く結び付いて営まれてきたことが窺われる。それは生きる糧を山地においていた人々は,その山地を聖地として崇拝し,心
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 県営圃場整備事業に伴う発掘調査報告書
Volume :
Series Number : 19
Participation-organizations : 益田市 - 島根県
Publisher : 匹見町教育委員会
Publish Date : 19960329
Submit Date : 2009-04-28
のうちのどの時期に当たるものかは, 同一層位内ということもあって定かにできなかった。ただ中には具体的な炭化物,焼土などが検出されている土坑もあって,そこには<b>生活誌</b>の一端をみることができないでもない。またSK14土坑などには,坑
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 48
Participation-organizations : 奈良文化財研究所 - 奈良県
Publisher : 奈良国立文化財研究所埋蔵文化財センター
Publish Date : 19841130
Submit Date : 2016-07-25
・81 句位>< 大島L~大手口村〉国際基併教大学東京侃樫厳文化財センタ研究~mu 財)W京術文化財センタ~京都遭跡調子t発表会発去要旨8 郎教委l 刃立市文調報第1 4 m 一国立の<b>生活誌</b>古老町J 5
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 鹿足地区中山間総合整備事業に伴う発掘調査報告書
Volume :
Series Number : 1
Participation-organizations : 津和野町 - 島根県
Publisher : 日原町教育委員会
Publish Date : 20010330
Submit Date : 2011-06-22
ずれも遺構を伴ったものではなく,第4章でも記述したが調査区全体が撹乱的様相を呈していたため,それらの時代的<b>生活誌</b>を確認することはできなかった。最後に近世期については,調査区の南側に多く陶磁器類が出土し,それに伴うピット・土
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 40
Participation-organizations : 益田市 - 島根県
Publisher : 匹見町教育委員会
Publish Date : 20030328
Submit Date : 2009-04-28
に陥入する遺構も検出されていることなどからみて,該当期における<b>生活誌</b>が本調査区周辺に存在していたことが窺われたのである。そしてC調査区で検出された石冠は,本遺跡を特徴付けるものとして特に注意されるものといっていいだろう(第13図・図版8‑4)。2
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 国道191号道川工区特定交通安全施設等整備事業
Volume :
Series Number : 48
Participation-organizations : 益田市 - 島根県
Publisher : 益田市教育委員会
Publish Date : 20050325
Submit Date : 2009-04-28
からは縄文早期の押型文が出土するなど、一定の成果が得られたのである。ただ土器や石器などの遺物が<b>生活誌</b>を解明するほどの多量なものだったとはいえず、また遺構においても上位層は後世において深い削平が行われたらしく、そして下位層においては砂質・砂
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 益美地区県営中山間地域総合整備事業に伴う発掘調査報告書
Volume :
Series Number : 41
Participation-organizations : 益田市 - 島根県
Publisher : 匹見町教育委員会
Publish Date : 20030312
Submit Date : 2009-04-28
伴する遺物の比率から捉らえると縄文時代晩期に伴うものと想定されるが、しかし深度の高い削平などが影響し、遺構の遺存は僅少で、また同一層内の検出というこもあって、個々の具体的な<b>生活誌</b>は浮かび上がってこなかったのが実状であった。(栗田美文) 第4節
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 平成17年度中山間地域総合整備事業(益美2期地区)に伴う発掘調査報告書
Volume :
Series Number : 52
Participation-organizations : 益田市 - 島根県
Publisher : 益田市教育委員会文化振興課
Publish Date : 20070320
Submit Date : 2009-04-28
た後世によるところの水田造成などで深度な削平がおこなわれたことが影響して、全体的に良好とはいえるものではなく、具体的な<b>生活誌</b>を明かにすることはできなかつたのである(図版6‑3)。‑8‑(栗田) 第4章出土遺物第1節
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 24
Author : 西川 英樹
Participation-organizations : 加古川市 - 兵庫県
Publisher : 加古川市教育委員会文化財調査研究センター
Publish Date : 20110326
Submit Date : 2012-02-17
た石見完次著『東播磨の民俗。加古郡石守村の<b>生活誌</b>』昭和59年の記述では、これは「昭和8年、伝兵衛池の上の妙見道場へ運ばれ、やがて祭主が亡くなったので、もとの場所に近い現位置に戻し、保存されている」と記している。こ
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 21
Participation-organizations : 益田市 - 島根県
Publisher : 匹見町教育委員会
Publish Date : 19970326
Submit Date : 2009-04-28
となり,典型的な過疎地区となっていったのである。こうした山に向けられた<b>生活誌</b>は生業のみにとどまらず,信仰とも深く結び付いて営まれてきたことが窺われる。それは生きる糧を山地においていた人々は,そ
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 7
Participation-organizations : 神戸深江生活文化史料館 - 兵庫県
Publisher : 神戸深江生活文化史料館
Publish Date : 19851030
Submit Date : 2017-12-17
りがとうございました︒肥録・史料館側存u 山本5 ‑文I J [ 地域の<b>生活誌</b>ハ門深江σ〉民俗カ当ら月旧本庄村誌の編纂も﹁近世土地制度史料﹂が発刊されて進みつつある︒古文官などから︑昔の人々の
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 21
Participation-organizations : 神戸深江生活文化史料館 - 兵庫県
Publisher : 神戸深江生活文化史料館
Publish Date : 19951210
Submit Date : 2017-12-17
隣の資料館をたずねて間き守き捌査から史料館友の会活動︿﹀第7 号( 一九八五・一0 ・三O ) ロp 非末制新史のひとこま戊辰戦争と深江の漁師. 太平洋をかこむ国々と日本を語る地域の<b>生活誌</b>一深江の民俗からその一l 史
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 三葛地区基盤整備促進事業に伴う発掘調査報告書
Volume :
Series Number : 32
Participation-organizations : 益田市 - 島根県
Publisher : 匹見町教育委員会
Publish Date : 20000330
Submit Date : 2009-04-28
に出土したものもみられたが,その基本的包合は3層であったと捉えられるものである。そして陶磁器。金属器類は1・2層という上位層に出上したもので,近世あるいは現代に至るものであり,遺構は勿論のこと具体的な<b>生活誌</b>
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 益美地区県営中山間地域総合整備事業に伴う発掘調査報告書
Volume :
Series Number : 39
Participation-organizations : 益田市 - 島根県
Publisher : 匹見町教育委員会
Publish Date : 20020318
Submit Date : 2009-04-28
述しているとおり上位層の深度の強い削平からは具体的<b>生活誌</b>を捉えることができないのである。(渡辺友千代) 第3節遺構1,はじめに遺構は,A・B調査区と地区名割した遺跡範疇からSKとした土坑が8基,柱穴状のPと略号したも遺構名地区名短径(cm) 長
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 16
Participation-organizations : 益田市 - 島根県
Publisher : 匹見町教育委員会
Publish Date : 19950330
Submit Date : 2009-04-28
た石器は成品としての石具は13点と僅少で疑問点も多く,そこには具体的な<b>生活誌</b>は浮び上がってこなかった。遺構には柱穴状のピット25穴,土坑状のもの24基,竪穴住居IIL l棟,配石遺構28基が検出された。そ
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series :
Series Number :
Author : 原 栄子
Participation-organizations : 都城市 - 宮崎県
Publisher : 都城市教育委員会
Publish Date : 20200126
Submit Date : 2021-02-01
身長の古墳時代人と薩摩半島南端の成川遺跡(指宿市)に埋葬された人々は短頭・低顔という特徴で共通する。「南西諸島タイプ」と指摘されている(内藤,1984)。3.南九州古墳時代人の<b>生活誌</b>(1) 糞