Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
23687 reports
( Participation 460 Orgs )
report count
62106 reports
( compared to the privious fiscal year + 13644 reports )
( Participation 1584 Orgs )
site summary count
126799 reports
( compared to the privious fiscal year + 32750 reports )

Simple Search

Publish Year2000 - 2004

平城宮跡

Site Name・Site Name Transcription・Address・Address Transcription・Site Number
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 7
Participation-organizations : 奈良市 - 奈良県
Publisher : 奈良市教育委員会
Publish Date : 20010600
Submit Date : 2012-10-16
型品はドラム缶のようにある場所に据えて利用していたと考えられます。この須恵器蟹も本来はどこかで据え置かれていたのでしょうが、このような底の丸い箸別まそのまま置くと倒れてしまいますので、地面に穴を掘って下半分を埋めて使用していたようです。<b>平城宮跡</b>
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 17
Participation-organizations : 奈良市 - 奈良県
Publisher : 奈良市教育委員会
Publish Date : 20040700
Submit Date : 2012-10-16
英「平城宮の酒造り」『文化財論叢T D』奈良文化財研究所2 C 02 より一部抜粋( I ‑2 9 は<b>平城宮跡</b>で、官街名など、その他は平城京跡で、条・坊・坪で示した) 発行奈良市教育委員会平成1 6 年7
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume : 1-1
Series Number : 3
Participation-organizations : 奈良市 - 奈良県
Publisher : 奈良市教育委員会
Publish Date : 20020312
Submit Date : 2011-07-12
のほかに本書をまとめるにあたっては、下記の機関・団体・個人からも有益なご教示・ご協力を得た。ここに記して謝意を表する。独立行政法人文化財研究所奈良文化財研究所<b>平城宮跡</b>発掘調査部史料調査室奈良古代史談話会小森俊寛(側
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume : 2000
Series : 年報
Series Number : Ⅰ
Participation-organizations : 奈良文化財研究所 - 奈良県
Publisher : 奈良国立文化財研究所
Publish Date : 20000927
Submit Date : 2015-09-09
5凡例1年報は、1999年度に奈良国立文化財研究所が行った調査・研究・事業の報告である。2年報は全体で3分冊より構成されており、年報Ⅱには飛鳥藤原宮跡発掘調査部が行った発掘調査の報告を、年報Ⅲには<b>平城宮跡</b>
Thumnail
Subtitle :
Volume : 35
Series Number :
Participation-organizations : 奈良文化財研究所 - 奈良県
Publisher : 奈良国立文化財研究所
Publish Date : 20001000
Submit Date : 2015-10-09
r:4ぐこの概報には︑先に公刊した﹃平城宮発掘調査出土木簡概報︵三十四︶﹄︵一九九八年一一月︶以後︑<b>平城宮跡</b>及び平城京跡から出土した木簡のうち主要なもの︑及び﹃平城宮木簡一﹄一〜一8号
Thumnail
Subtitle :
Volume : 36
Series Number :
Participation-organizations : 奈良文化財研究所 - 奈良県
Publisher : 独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所
Publish Date : 20011100
Submit Date : 2015-10-09
35 53 5)一一(/1 図版七(41@5)58 38 59 1︲−−−57 弗嫡6絲56 図版八161 33 j4SI(3本書には︑二〇〇〇年度に<b>平城宮跡</b>および平城京跡から出土した木簡を
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 奈良市 - 奈良県
Publisher : 奈良市教育委員会
Publish Date : 20020328
Submit Date : 2011-07-12
記した寺院の様相が解明されることを期待してひとまず小稿の筆を置きたい。なお、独立行政法人奈良文化財研究所<b>平城宮跡</b>発掘調査部の千田剛道氏には隅木蓋瓦について、独立行政法人奈良文化財研究所飛鳥・藤原宮跡発掘調査部の花谷浩氏・西川雄大氏、奈
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 114
Participation-organizations : 奈良文化財研究所 - 奈良県
Publisher : 独立行政法人文化財研究所奈良文化財研究所埋蔵文化財センター
Publish Date : 20040227
Submit Date : 2016-07-26
気づきの点は下記までごー緩いただければ幸いである. 連絡先〒6 3 0 ‑8 5 7 1 奈良市二条町2 ‑9 ‑1 奈良文化財研究所<b>平城宮跡</b>発御調査部史料調査室T e l 0 7 4 2 ‑3 0 ‑6 8 3 7 F a x 0 7 4 2 ‑3
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume : 2000
Series Number :
Participation-organizations : 奈良文化財研究所 - 奈良県
Publisher : 奈良国立文化財研究所
Publish Date : 20000501
Submit Date : 2016-07-12
に創設され、文部省に置かれている文化庁に属するざ奈良市二条町の本庁合には、<b>平城宮跡</b>発掘調査部!埋蔵文化財センター・歴史研究室・建造物研究室。庶務部があり、飛鳥藤原宮跡発掘調査部は橿原市にて飛鳥資料館は明日香村
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume : 2001
Series Number :
Participation-organizations : 奈良文化財研究所 - 奈良県
Publisher : 独立行政法人文化財研究所奈良文化財研究所
Publish Date : 20021017
Submit Date : 2016-07-12
……………3 研究所の歩み。……………………………………………4 文化進産研究部――………………………………………6 <b>平城宮跡</b>発掘調査部…………………………ⅢI・…………8 飛
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume : 2002
Series Number :
Participation-organizations : 奈良文化財研究所 - 奈良県
Publisher : 独立行政法人文化財研究所奈良文化財研究所
Publish Date : 20021017
Submit Date : 2016-07-12
Ha‖内裏Impenal Dom cile 宮内省Ministry of the imperial Household 遺構展示館Excavation Site Exhibition Ha‖<b>平城宮跡</b>
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume : 2003
Series Number :
Participation-organizations : 奈良文化財研究所 - 奈良県
Publisher : 独立行政法人文化財研究所奈良文化財研究所
Publish Date : 20030625
Submit Date : 2016-07-12
究所の概要奈良文化財研究所は文化遺産を総合的に研究する機関です。奈良は南都とも呼ばれる古都で多数の古建築、古美術品があり、研究所はこれらを総合的に研究する目的で設立されました。1950年代に起きた<b>平城宮跡</b>の保存問題から埋蔵文化財にも関わり、<b>平城宮跡</b>
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume : 2004
Series Number :
Participation-organizations : 奈良文化財研究所 - 奈良県
Publisher : 独立行政法人文化財研究所奈良文化財研究所
Publish Date : 20040625
Submit Date : 2016-07-12
良は南都とも呼ばれる古都で多数の古建築、古美術品があり、研究所はこれらを総合的に研究する目的で設立されました。1950年代に起きた<b>平城宮跡</b>の保存問題から埋蔵文化財にも関わり、<b>平城宮跡</b>や藤原宮跡の発掘調査と研究に、多
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 1
Participation-organizations : 奈良文化財研究所 - 奈良県
Publisher : 独立行政法人文化財研究所奈良文化財研究所
Publish Date : 20010700
Submit Date : 2016-07-20
現場班による、1 3 0 0 年1 9 8 9 年に捌査した石組講の延長部分を確認していまの歴史を誇る、日本史上有数の巨大寺院・興栢寺とす。なお、水路は遺構を破壊しない工法で施工されの悪戦苦闘は続く。ました。(<b>平城宮跡</b>
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 2
Participation-organizations : 奈良文化財研究所 - 奈良県
Publisher : 独立行政法人文化財研究所奈良文化財研究所
Publish Date : 20010900
Submit Date : 2016-07-20
究所は、漢長安城桂宮の共同発掘調査の成果として、報告書作成作業を進めつつあります。その考察部分を検討するため、<b>平城宮跡</b>発掘調査部から2 名が、6 月17 日より7 月6 日まで、考
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 3
Participation-organizations : 奈良文化財研究所 - 奈良県
Publisher : 独立行政法人文化財研究所奈良文化財研究所
Publish Date : 20011200
Submit Date : 2016-07-20
に見える形で復元し紹介してきました。1987 年度の特別展示においては、春の「万葉乃衣食住」で古代の台所の様子を、秋の「壬申の乱」では、その戦いの様子を模型制作し展示しています。また、奈良文化財研究所としても、<b>平城宮跡</b>を訪れる人々が、奈
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 4
Participation-organizations : 奈良文化財研究所 - 奈良県
Publisher : 独立行政法人文化財研究所奈良文化財研究所
Publish Date : 20020300
Submit Date : 2016-07-20
化財の保存修復にはさまざまな問題点がありますが、これらの問題点を克服していく上で、考古科学への期待が非常に大きいことが、今回の国際会議を通してあらためて感じられました。(埋蔵文化財センター)−2−棚田嘉十郎関係資料の寄贈<b>平城宮跡</b>保存運動の先覚者、棚
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 5
Participation-organizations : 奈良文化財研究所 - 奈良県
Publisher : 独立行政法人文化財研究所奈良文化財研究所
Publish Date : 20020600
Submit Date : 2016-07-20
れからもひきつづき柱抜き取り穴を掘り下げたり、遺構をさらに細かく調べることで、この地域に関する様々な情報が得られることでしょう。(<b>平城宮跡</b>発掘調査部)第337 次調査出土木簡西楼全景(北から望む)−3−藤原宮朝堂院の調査(飛鳥藤原第120 次)大
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 6
Participation-organizations : 奈良文化財研究所 - 奈良県
Publisher : 独立行政法人文化財研究所奈良文化財研究所
Publish Date : 20020900
Submit Date : 2016-07-20
国の古代都城に思いをはせながらの真夏の夕べのひとときをともにしました。(<b>平城宮跡</b>発掘調査部井上和人)『飛鳥・藤原京展』50 周年事業の一環として『飛鳥・藤原京展』を開催しています。飛鳥・藤原地域の調査と研究の成果を通観し、激動の7世
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 7
Participation-organizations : 奈良文化財研究所 - 奈良県
Publisher : 独立行政法人文化財研究所奈良文化財研究所
Publish Date : 20021200
Submit Date : 2016-07-20
では「牡丹文」と呼ばれる一乗院仕様のものがとくに多いのですが、興福寺創建以後の各時代の瓦が出土しています。(<b>平城宮跡</b>発掘調査部高橋克壽)やりみずがせんぼたんもんひょうたん池の下から姿を現した「泉水」調