Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
23763 reports
( Participation 463 Orgs )
report count
62383 reports
( compared to the privious fiscal year + 13928 reports )
( Participation 1584 Orgs )
site summary count
126886 reports
( compared to the privious fiscal year + 32965 reports )

Simple Search

Tagナデ Publish Year1980 - 1984

平城宮跡

Site Name・Site Name Transcription・Address・Address Transcription・Site Number
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number :
Participation-organizations : 奈良文化財研究所 - 奈良県
Publisher : 奈良市教育委員会
Publish Date : 19800331
Submit Date : 2016-11-14
良市教育委員会が昭和55年1月9日から2月4日にかけて実施し蜘市民文化センター建設予定地の事前調査にもとづく発掘調査報告である。2.発掘調査は、奈良市が奈良目立文化財研究所<b>平城宮跡</b>発掘調査部に依頼して実施した。発
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 奈良文化財研究所 - 奈良県
Publisher : 奈良県教育委員会
Publish Date : 19830331
Submit Date : 2016-10-06
幡扶桑、池田千賀枝の協力を得た。また奈良県立橿原考古学研究所より、太安萬侶墓誌写真の提供をいただいた。6 本調査は、<b>平城宮跡</b>発掘調査部の第141‑9次調査に該当する。各
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 高月町柏原遺跡
Volume : 1
Series Number : 1
Author : 林 純
Participation-organizations : 滋賀県教育委員会 - 滋賀県
Publisher : 滋賀県教育委員会/財団法人滋賀県文化財保護協会
Publish Date : 19800300
Submit Date : 2014-03-21
T21や<b>平城宮跡</b>S D 1900乃至S D 485に類似品があり、8世紀前半のものと思われる。出土遺物の中には灰釉陶器が若干混じるが、Tlは、後述するように、同形式の灰釉陶器を出土する第1井
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 奈良文化財研究所 - 奈良県
Publisher : 奈良国立文化財研究所
Publish Date : 19840300
Submit Date : 2016-11-16
平城京左京二条二坊十三坪の発掘調査ヽ昭和39年に<b>平城宮跡</b>発掘調査部が発足して20年を経過した。発足後10年間は、平城京の大規模発掘は国道24号線バイパスと奈良市庁合の2件であり、成
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 奈良文化財研究所 - 奈良県
Publisher : 奈良国立文化財研究所
Publish Date : 19810331
Submit Date : 2016-08-10
良県が計画した県道城廻り線建設予定地の昭和55年度発掘調査概報である。2.調査は奈良県教育委員会の依頼により、奈良国立文化財研究所<b>平城宮跡</b>発掘調査部が担当した。調査参加者は以下のとおりである。I〜m区Ⅲ鬼頭清明・山本忠尚・甲斐忠彦・巽淳一郎。加
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 奈良文化財研究所 - 奈良県
Publisher : 奈良国立文化財研究所
Publish Date : 19840330
Submit Date : 2016-11-18
版の写真は佃幹雄が担当し、八幡扶桑・藤田千賀枝の協力を得た。7.本調査は<b>平城宮跡</b>発掘調査部の第149次調査として実施したもので、各遺構には平城京右京における調査規準に従い一連の番号を付した。8.出土鉱滓の分析と、土
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 前橋市 - 群馬県
Publisher : 佐田建設株式会社
Publish Date : 19820331
Submit Date : 2015-12-16
Highlight was not work when hit position over 50000 character
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 奈良女子大学 - 奈良県
Publisher : 奈良女子大学
Publish Date : 19830331
Submit Date : 2011-07-12
初旬にかけて行なわれた奈良市北魚屋西町奈良女子大学家政学部・二般教養棟(E棟)予定地の埋蔵文化財発掘調査概要報告書である。│2 発掘調査は奈良女子大学(学長後藤和夫)の依頼で、奈良国立文化財研究所<b>平城宮跡</b>発掘調査部(部長岡田英男)が担当し、山
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 1982-1
Participation-organizations : 柏原市 - 大阪府
Publisher : 柏原市教育委員会
Publish Date : 19830331
Submit Date : 2016-11-10
/claの布目が残る。I類は藤原宮跡に代表される<b>平城宮跡</b>6281 A b型式の軒九瓦と同勉である電)しかし、藤原宮跡出土品と比較すると、文様の鋭さに欠け、胎土も異なると思えるうえ、他
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 42
Participation-organizations : 三重県埋蔵文化財センター - 三重県
Publisher : 三重県教育委員会
Publish Date : 19800200
Submit Date : 2017-06-19
方、志摩国は、<b>平城宮跡</b>出土の木簡が如実に示すように、律令制下にあっては都へ調としての塩、あるいは、豊富な海産物を献上する国として特色つけられよう。こうした古代、中世を通しての都、あるいは、伊勢神宮、斎
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 緊急発掘調査報告書
Volume : 2
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 箕輪町 - 長野県
Publisher : 箕輪町教育委員会
Publish Date : 19820331
Submit Date : 2012-05-15
Highlight was not work when hit position over 50000 character
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 右京八条二坊十二坪の発掘調査
Volume :
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 奈良文化財研究所 - 奈良県
Publisher : 奈良県教育委員会
Publish Date : 19820300
Submit Date : 2016-10-06
二次にわたり実施した発掘調査に関するものである。この調査は、株式会社吉本工務店が同地に計画したマンション建設の事前調査として実施した。2.二次の調査は、奈良県教育委員会から委嘱を受けた奈良国立文化財研究所<b>平城宮跡</b>発掘調査部が行ない、鬼頭清明・山
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series :
Series Number :
Author : 中井 公
Participation-organizations : 奈良市 - 奈良県
Publisher : 奈良市教育委員会
Publish Date : 19820331
Submit Date : 2011-07-12
Li67 00m fig.36 注) 奈良国立文化財研究所『昭和48年度<b>平城宮跡</b>発掘調査部発掘調査概報』―‑21 ‑―ng。35 井戸SE32井戸枠組手模式図rlg.37 井戸SE 32(封ヒ西から) 一
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 66
Participation-organizations : 三重県埋蔵文化財センター - 三重県
Publisher : 三重県教育委員会
Publish Date : 19840300
Submit Date : 2017-06-19
規模な海村集落の展開が背景に推定されるのである。律令制下の志摩地方は、志摩国として志摩・英虞の二郡からなり、<b>平城宮跡</b>出土の木簡にも多数の郷名を遺しているが、朝廷への海産物の調進地域としての位置づけが古くからなされていたことが当地方の特質であり、伊
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series Number : 3
Participation-organizations : 松江市 - 島根県
Publisher : 宍道町教育委員会
Publish Date : 19830300
Submit Date : 2010-06-25
紀後妻頃に比定している0一方、本窯跡群出土須恵器のうち、などは陶邑古窯跡群Ⅳ型式3段階、4段戯たりに対比されるものと考えられる。陶折はこのⅣ型式3段階を<b>平城宮跡</b>SK219土拡出土遺物と対比させて考えており、この年代を8世
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 奈良市 - 奈良県
Publisher : 奈良市教育委員会
Publish Date : 19800331
Submit Date : 2011-06-06
掘調査は、予備調査・本調査ともに、奈良国立文化財研究所(所長坪井清足)・<b>平城宮跡</b>発掘調査部(部長狩野久)の指導のもとに、奈良市教育委員会社会教育部社会教育課が行なった。1.発
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 伊香郡高月町井口・柏原遺跡
Volume : 2
Series Number : 2
Participation-organizations : 滋賀県教育委員会 - 滋賀県
Publisher : 滋賀県教育委員会/財団法人滋賀県文化財保護協会
Publish Date : 19840320
Submit Date : 2014-04-11
拡等を検出している。掘立柱建物跡は全容は不明であるが、N3度Eの方向にある東西棟である。柱穴からは<b>平城宮跡</b>S K 870(<b>平城宮跡</b>V期)の須恵器杯身が出上している。その他のピット群や土拡については、性格は不明だが、平
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle :
Volume :
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 奈良女子大学 - 奈良県
Publisher : 奈良女子大学
Publish Date : 19840330
Submit Date : 2011-07-12
って奈良丘陵と西の京丘陵の間に発達する幅広い谷底平野に対し、現秋篠川は流量の釣り合いを欠く不適合河川である。従ってその沖積作用も微弱であるが、その営力の及ぶ範囲は<b>平城宮跡</b>の南東方を南北に走る国道24号線のバイパス附近に達している。一方、佐
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 土地区画整理事業に先立つ埋蔵文化財発掘調査概報
Volume :
Series :
Series Number :
Author : 岸田 治男
Participation-organizations : 前橋市 - 群馬県
Publisher : 前橋市埋蔵文化財発掘調査団
Publish Date : 19830331
Submit Date : 2015-10-11
Highlight was not work when hit position over 50000 character
Thumnail
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Subtitle : 伊香郡余呉町坂口遺跡
Volume : 9
Series Number : 9
Participation-organizations : 滋賀県教育委員会 - 滋賀県
Publisher : 滋賀県教育委員会/財団法人滋賀県文化財保護協会
Publish Date : 19840300
Submit Date : 2014-04-11
ずれも横断面台形状の低い高台が体部下端に付く。4の蓋は口径20.2Cmに復原できる大型のもので、日縁部の形態等ややさかのぼる要素が見られる。いずれにしても、<b>平城宮跡</b>S D 650Bをさほどさかのぼることはなく、9世紀後半〜10世