奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
27236 reports
( Participation 530 Orgs )
report count
86945 reports
( compared to the privious fiscal year + 18310 reports )
( Participation 1726 Orgs )
site summary count
135977 reports
( compared to the privious fiscal year + 4819 reports )
video count
351 reports
( compared to the privious fiscal year + 351 reports )
( Participation 36 Orgs )
文化財イベント件数
490 reports
( compared to the privious fiscal year + 75 reports )
※過去開催分含む

櫛原侍屋敷遺跡 第18次発掘調査報告

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/59209
引用表記 久留米市市民文化部文化財保護課 2013 『久留米市文化財調査報告書338:櫛原侍屋敷遺跡 第18次発掘調査報告』久留米市教育委員会
久留米市市民文化部文化財保護課 2013 『櫛原侍屋敷遺跡 第18次発掘調査報告』久留米市文化財調査報告書338
File
3次元画像
Title 櫛原侍屋敷遺跡 第18次発掘調査報告
Participation-organizations 久留米市 - 福岡県
Store Page https://www.city.kurume.fukuoka.jp
※ 有償頒布・配布していない場合もあります
Alternative くしはらさむらいやしきいせき だい18じはっくつちょうさほうこく
Subtitle
Volume
Series 久留米市文化財調査報告書
Series Number 338
Author
Editorial Organization
久留米市市民文化部文化財保護課
Publisher
久留米市教育委員会
Publish Date 20131031
Publisher ID 40203
ZIP CODE 8308520
TEL 0942309225
Aaddress 福岡県久留米市城南町15-3
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 櫛原侍屋敷遺跡 第18次
Site Name Transcription くしはらさむらいやしきいせき
Order in book 1
Address 久留米市櫛原町125-1
Address Transcription くるめしくしはらまち125-1
City Code 40203
Site Number
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 331910
East Longitude (WGS) 1303100
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 33.319444 130.516666
Research Period
20130115-20130131
Research Space
87
Research Causes 記録保存調査
OverView
Site Type
集落
Main Age
奈良
平安
Main Features
溝 1条
Main Foundings
土師器
須恵器
Remark
Site Type
集落
Main Age
近世(細分不明)
近代(細分不明)
Main Features
溝 8条
土坑 6基
Main Foundings
土師器
瓦質土器
近世陶磁器
石製品
鉄製品
ガラス製品
Remark 櫛原侍屋敷遺跡の北東端付近を調査した。二百石取りの下坂家にあたる。屋敷境の可能性のある溝や8世紀後半~9世紀前半の溝を検出した。
Abstract 久留米城の東側に広がる櫛原侍屋敷の北東部を調査した。対象地は安政二年舊廓圖(1855年)によれば、下坂八右エ門と見え、馬廻組二百石の下坂家の屋敷地にあたるものと思われる。調査では、溝や土坑を検出した。中でも東西溝SD5は、南側に位置する鈴村家との屋敷境を示す可能性がある。また、8世紀後半~9世紀前半の南北溝SD20や、古代に属するピットも検出することができている。中世以前の遺構群は、侍屋敷造営時に地形が大幅に改変されて失われてしまったと思われるが、周囲の調査結果と合わせると、本調査区付近に当該期の集落が広がっていた可能性が高い。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 37
File download : 0

All Events

外部出力