奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
27470 reports
( Participation 535 Orgs )
report count
87861 reports
( compared to the privious fiscal year + 19667 reports )
( Participation 1732 Orgs )
site summary count
136219 reports
( compared to the privious fiscal year + 5598 reports )
video count
379 reports
( compared to the privious fiscal year + 379 reports )
( Participation 39 Orgs )
文化財イベント件数
501 reports
( compared to the privious fiscal year + 86 reports )
※過去開催分含む

山口遺跡2 第2・3次調査

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/70966
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.70966
引用表記 公益財団法人新潟県埋蔵文化財調査事業団 2020 『新潟県埋蔵文化財調査報告書286:山口遺跡2 第2・3次調査16』新潟県教育委員会
公益財団法人新潟県埋蔵文化財調査事業団 2020 『山口遺跡2 第2・3次調査16』新潟県埋蔵文化財調査報告書286
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 山口遺跡2 第2・3次調査
Participation-organizations 新潟県教育委員会 - 新潟県
Alternative やまぐちいせきに だいに・さんじちょうさ
Subtitle 一般国道49号阿賀野バイパス関係発掘調査報告書
Volume 16
Series 新潟県埋蔵文化財調査報告書
Series Number 286
Author
Editorial Organization
公益財団法人新潟県埋蔵文化財調査事業団
Publisher
新潟県教育委員会
Publish Date 20200319
Publisher ID 15100
ZIP CODE 9560845
TEL 0250253981
Aaddress 新潟県新潟市秋葉区金津93-1
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 山口遺跡
Site Name Transcription やまぐちいせき
Order in book
Address 新潟県阿賀野市山口字城ヶ窪
Address Transcription にいがたけんあがのしやまぐちあざじょうがくぼ
City Code 15223
Site Number 399
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 375002
East Longitude (WGS) 1391202
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 37.833888 139.200555
Research Period
20100413-20101116
20130422-20131227
Research Space
7000
9652
Research Causes 一般国道49号阿賀野バイパス建設
OverView
Site Type
散布地
Main Age
縄文
Main Features
土器集中
Main Foundings
縄文土器
石鏃
石核
Remark 縄文時代晩期
Site Type
散布地
Main Age
弥生
Main Features
竪穴建物
Main Foundings
弥生土器
Remark 弥生時代前期
Site Type
集落
Main Age
古代(細分不明)
Main Features
竪穴建物
掘立柱建物
材木列塀
井戸
土坑
焼土遺構
性格不明遺構
ピット
Main Foundings
須恵器
土師器
灰釉陶器
唐三彩
土製品
石製品
金属製品
木製品
Remark 9世紀前半
県内初例となる材木列塀を検出。また県内初の唐三彩が出土。
Site Type
集落
Main Age
中世(細分不明)
Main Features
掘立柱建物
井戸
土坑
溜池状遺構
性格不明遺構
ピット
Main Foundings
土師質土器
瀬戸・美濃焼
珠洲焼
白磁
青磁
瓦器
石製品
金属製品
木製品
Remark 13世紀後半~15世紀
井戸から和鏡(擬漢式鏡)1点出土。
Abstract  山口遺跡は、阿賀野川右岸の自然堤防上に立地する。現標高約6~7mである。調査の結果、縄文時代・弥生時代・古代・中世・近世の遺構・遺物を検出したが、主体となるのは古代と中世である。古代(平安時代、9世紀前半主体)の頃は、地方の有力者や官人の関与が想定される。総柱建物を中心とした建物群は、穀類の保管に関係した倉庫群の可能性がある。また県内初例となる材木列塀を検出した。遺物では県内初出土となる唐三彩が注目される。遣唐使に関係する人物によってもたらされた可能性が高い。中世(13世紀後半~ 14世紀前半)の頃は一般の集落と考えられるが、集落の境を把握することができ、居住域を中心とした低地における土地利用のあり方をうかがうことができる。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 226
File download : 144

All Events

外部出力

Similar Reports

Similar Events