Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
23958 reports
( Participation 467 Orgs )
report count
63945 reports
( compared to the privious fiscal year + 15509 reports )
( Participation 1596 Orgs )
site summary count
127779 reports
( compared to the privious fiscal year + 33682 reports )

東野亭焼窯跡

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/63781
引用表記 久留米市市民文化部文化財保護課 2019 『久留米市文化財調査報告書404:東野亭焼窯跡』久留米市教育委員会
久留米市市民文化部文化財保護課 2019 『東野亭焼窯跡』久留米市文化財調査報告書404
File
Title 東野亭焼窯跡
Participation-organizations 久留米市 - 福岡県
Store Page https://www.city.kurume.fukuoka.jp
※ 有償頒布・配布していない場合もあります
Alternative とうやていやきかま あと
Subtitle
Volume
Series 久留米市文化財調査報告書
Series Number 404
Author
Editorial Organization
久留米市市民文化部文化財保護課
Publisher
久留米市教育委員会
Publish Date 20190131
Publisher ID 40203
ZIP CODE 8308520
TEL 0942309225
Aaddress 福岡県久留米市城南町15-3
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 東野亭焼窯跡
Site Name Transcription とうやていやきかまあと
Order in book
Address 久留米市野中町字北屋敷
Address Transcription くるめしのなかまちあざきたやしき
City Code 40203
Site Number
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 331803
East Longitude (WGS) 1303201
Research Period
19981014-19981228
Research Space
130
Research Causes 専用住宅建設
OverView
Site Type
Main Age
江戸
明治
Main Features
階段状連房式登り窯 1基
物原
Main Foundings
陶器の急須
土瓶
行平鍋
甕など
磁器皿
窯道具
鋳型
Remark
Abstract 慶応元年(1865)久留米藩主有馬頼咸のお楽しみ窯として開窯した登り窯で、その後、生産方の事業に組み込まれる。赤坂焼の緒方宗市が従事し、明治8年頃まで存続する。陶器の急須・土瓶・行平鍋を主に日用雑記を製造する。磁器も少量製作する。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 18
File download : 0

All Events